- 授乳服と授乳ストラップ上手で、夜間とお出かけの授乳を楽々に! | MARCH(マーチ)

授乳服と授乳ストラップ上手で、夜間とお出かけの授乳を楽々に!

2014/02/07

19af9930033723l
特に子どもを産んでばかりのママさんにとって、「授乳」は大きなトピックです。ママさんによっては至福の時間ですが、また別のママさんにとってはひどい苦痛の時間であったりもします。体力も使うし、身体への負担も非常に大きくかかってしまうことが多いためです。

そんな授乳におけるママさんたちの負担を軽減できるものとして売られているグッズのうち、特に使用頻度が高いのが「授乳服」と「授乳ストラップ」ではないでしょうか。今回は、これらがそれぞれどんなものなのか、ご紹介してみたいと思います。

冬でもお腹が冷えない!授乳服

授乳服とは、授乳しやすいようにカッティングなどの工夫された洋服のことです。母乳育児の場合、授乳期間中はどうにも着られる洋服が限られてしまいますね。

赤ちゃんがお腹を空かせて泣いた時、乳房を出すことを考えると、例えばワンピースのような洋服はなかなか選べません。しかし授乳服としての工夫の施されているワンピースであれば、ママさんもオシャレを楽しむことができます。

また授乳服は「脱いだりまくったりしなくてもそのままで授乳ができる」ものですので、例えば真冬の寒い夜中などに授乳が必要となっても、肩やお腹を出して極端に寒い思いをしたり、風邪をひいてしまったりということが予防できます。

代表的な授乳服の3タイプ

授乳服の形には、いくつかのタイプがあります。中でも代表的なのが以下の3種類です。

1、クロスにあけられるタイプ

コレは授乳用ブラジャーや授乳用キャミソールに多い形です。胸の谷間部分の布が交差するように形作られていて、そこを左右に開くことで胸を出しやすくします。まだ授乳に慣れていないママさんでも一番カンタンに利用できるタイプかと思います。

2、縦開きタイプ

縦開きタイプは、胸の部分に縦スリットの入っているものです。そのスリット部分にボタンやホック、当て布がついていて、通常時はスリットを閉じておくことができるようになっています。授乳用パジャマなどに一番多く見られるタイプかと思います。

3、当て布タイプ

当て布タイプは、シャツや通常のお出かけで着るようなデザインの授乳服で使われていることの多いものです。胸の部分が開いている、もしくは開けやすくなっていて、その部分の上から取り外しのできる当て布を被せ、隠しているような形です。

被せてある布は、授乳の際には胸を隠してくれる布としても使えるようになっているものが多いので、外出の際には特に重宝する形かもしれません。

もっとオシャレを楽しみたい人には……授乳ストラップ

授乳服はとても便利なものですが、デメリットもあります。それは、服の数があまり多くないため、デザインが限られてしまうということです。より自由にオシャレを楽しんだり、また妊娠・出産前に来ていた洋服を着たりできるようにしてくれるアイテムが「授乳ストラップ」です。

授乳ストラップは、ペンダントのように首からかけておくだけでよいアイテムです。まくりたい洋服の下にストラップを通し、授乳の時にはそのストラップごと服の裾をまくり上げます。

服の裾と一緒にまくりあげたストラップの下部を首に通すことで、両手を使わずとも服をまくり上げた状態で固定ができるのです。授乳ストラップがあれば、ワンピースタイプのものを除けば、洋服を選ぶことがありませんので、どのようなファッションでも楽しむことができるようになります。

顎で服の裾をおさえておくのは肩こりや眼精疲労の元でもありますので、そうした負担を軽減することもできますね。以上、いかがでしたでしょうか。様々な工夫の凝らされたアイテム・グッズを用いて、少しでも負担なく、楽しく授乳の時間を過ごせるようにしたいですね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ