- 【どんどん歩こう!】妊娠中の運動はウォーキングで決まり! | MARCH(マーチ)

【どんどん歩こう!】妊娠中の運動はウォーキングで決まり!

2015/02/07

shutterstock_64851277
妊娠中に運動しておくと安産になると聞いたことがありますよね。妊娠中の運動は、出産や産後の体力づくり、体重管理に役立ちます。

マタニティスイミングやマタニティヨガなど、人気なマタニティスポーツはたくさんありますが、何といっても一番おすすめの運動はウォーキングです! 妊娠中のウォーキングのメリットや効果、効果的なウォーキングの方法を紹介していきます。

妊娠中には有酸素運動が適しています

一言で運動と言っても、どんな運動をすれば良いのでしょうか。運動には、無酸素運動と有酸素運動があります。妊娠中におすすめな運動は有酸素運動です。

有酸素運動は酸素をつかって行う運動のため、赤ちゃんに必要な栄養や酸素が届けられるようになり、妊娠中に適した運動と言えます。無酸素運動は酸素をつかわず疲れやすいため、体に大きな負担をかけることとなり、妊娠中に行うのはとても危険なので注意しましょう。

なぜウォーキングがいいの?

妊娠中に行える有酸素運動には、ウォーキング、マタニティヨガ、マタニティスイミング、マタニティエアロビクスなどあります。どれも妊娠中には効果的な運動と言えますが、その中で一番のおすすめはウォーキングです。

ウォーキングが1番おすすめな理由は下記のとおりです。

ウォーキングに経験は不要です

妊娠中は体調の変化に自分の気持ちが追いつかず、新しい運動を始めることがつらかったり、困難と感じる人もいます。ウォーキングは歩くこと。今まで体を動かす習慣のなかった方でも難なく始めることができますね。経験は必要ありません。

毎日続けやすいこと

ジムや教室で行う運動は、毎日続けるにはあまり適していません。時間がたくさん余っている妊婦さんであれば毎日通うことが出来るかもしれません。

しかし、たいていの妊婦さんは家事や育児があったり、仕事をしていたり、そんなに暇な時間がありません。わざわざジムに行く時間を日々のスケジュールの合間に組み込むのは大変です。

その点ウォーキングであれば、家事の合間、通勤の途中など、その日の気分で少しの時間でも続けられます。一日にたくさん行うことよりも、少しずつでも毎日続けることが大切です。

ウォーキングにはどんな効果がある?

体重管理

前述のとおり、ウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動は、酸素を十分に体内にとりこみ、脂肪を燃焼しながらエネルギーに変えることができるため、妊娠中の体重管理に役立ちます。

また、有酸素運動をすると食欲が減少するというメリットもあります。安定期に入ってから食欲と戦っている妊婦さんにとてもおすすめの運動と言えます。

冷えやコリを解消し、免疫力アップ

ウォーキングは全身をつかって行う運動のため、血行を促進する効果があります。体中の血の巡りがよくなることによって、妊娠中のトラブルである身体の冷えやコリにとても効果的です。

また、ウォーキングはリンパ液の流れも促進します。リンパ液の循環がよくなると、免疫力がアップし、ウイルスを撃退することにつながります。

体力・持久力がつく

ウォーキングによって体内に酸素がたくさん供給されることで、心臓や肺の呼吸循環器系の働きが活発になります。呼吸循環器系の働きが活発になることによって、お産に必要な体力・持久力をつけることができ、出産後の回復も早まります。

また、たくさん歩いて体力をつけておくと、体力勝負の育児にも負けません!

気分転換になる

ウォーキングは外の空気を吸い込み、周りの景色が楽しめるため、気分転換になります。小さなことでイライラしてしまいがちな妊娠生活。おなかの赤ちゃんとふたりで楽しいお散歩をしているつもりで楽しく歩いてみてください。

正しいマタニティウォーキングの方法

ただお散歩をするだけでもそれなりに効果はありますが、せっかくなので効果を上げる歩き方をしてみましょう。

  • ウォーキングを始める前と終わった後にはストレッチをするようにしましょう。
    ストレッチをすることによって、怪我をしにくくし、翌日に疲れを残しにくくなります。
  • 腕を大きく振って歩きましょう。
    血行促進のために腕を大きく振って歩きましょう。また、転倒したときのために両手に荷物は持たず、ふさがないようにしておきましょう。
  • 一定のペースを守りましょう
    心拍数を120から130のペースを守りながら歩くと効果的です。1分間に60メートルくらいのスピードで歩くのが良いでしょう。スタスタと早歩きをするペースで、目標は1時間、最低でも30分は歩くようにしましょう。
  • 疲れたら必ず休憩をいれましょう!
    頑張りたいという気持ちは大切ですが、無理は禁物です。疲れたら必ず休憩を入れてください。

簡単に誰にでも始められ、効果の高いウォーキング。ぜひ出産、産後のために取り入れて素敵な妊娠ライフを送りましょう!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ