幼稚園の親子遠足を楽しく過ごすための必須持ち物リスト

親子遠足、まず頭に浮かぶのは何を持って行こう?という事ではないでしょうか。

もし兄弟姉妹の下の子も連れていく場合は、持って行くものもさらに増えます。

上の子に合わせて連れ回して体力が持たずぐずってしまったら、と不安な事も多いでしょう。

持ち物と、下の子を連れていく際の注意点も合わせて見てみましょう。また、持ち物の中でも一番悩むのが、お弁当です。遠足の時のお弁当はいつもと一緒でいいのか、どんなものを作れば子どもに喜んでもらえるか、なども気になる点です。

なるべく豪華にしてあげたいし、でもそんなに手間もかけていられない、という方に工夫をご紹介します。

なるべく必要最小限に抑え、尚且つ当日あれがなくて困った!ということにならないように遠足での持ち物リストを見ていきましょう。

必須な物と、あると安心な持ち物

持って行かないと困ってしまう必須の持ち物と、さらに持っていると何かと役立つ持ち物をそれぞれご説明します。

まずは、必須の持ち物です。

お弁当、水筒
お弁当に関しては、別項目で詳しく見ていきましょう。水筒は、園によって中身の指定があるところもありますが、お水かお茶が無難です。熱中症対策でイオン水でもいいでしょう。それぞれ自分用と子ども用を持って行きましょう。

また、現地の自動販売機で買い足して水筒へ入れることもできる場合があります。

レジャーシート
お弁当を食べる時に必須です。子どもと自分が座って、さらにお弁当を置けるくらいの大きさのものを選びましょう。
ハンカチ、ティッシュ、濡らしたおしぼりかウェットティッシュ
転んだりこぼしたりと何かと汚してしまうことが多いので、濡れたおしぼりのようなものがあると便利です。
おやつ
園によっては、子ども同士のおやつ交換が盛んに行われる場合があります。ファミリーパックのような一つ一つが個別包装されているお菓子だと交換しやすいです。

暑い時期ですと、チョコレートは食べる時には溶けてしまっていた!ということもあるので注意が必要です。

帽子
遠足はだいたい屋外で過ごしますので、熱中症対策に帽子は親子共々必須です。

これがあるとさらに安心な持ち物

着替え
アスレチックで遊んだり、水遊びをしたりするとあっという間に服が泥だらけ!という事も多いです。着替えを持って行くと安心です。
携帯用トイレ
移動のバス時間が長く、トイレ休憩がない場合もあります。事前に言い聞かせていても「トイレ行きたい」と言われてしまうと困ってしまいますよね。災害用などで携帯用トイレは手に入りやすいので、一つ持っておくと安心です。
日傘
暑い時期は、日向で子供達が遊ぶのを見ているのはなかなか大変なことです。あるのとないのとでは疲労度が違ってきます。折り畳みがおススメです。
カメラ、ビデオカメラ
スマホで写真を撮る方も多いですが、たまにはしっかりお子さんの写真をカメラで撮影してみてはいかがでしょうか。ただし、結構な重みになりますので首にかけたりして持ち方を工夫しましょう。
下の子用の持ち物
下の子どもを連れていく場合、さらに荷物が増えます。なるべくコンパクトにできるように工夫しながら用意してみましょう。

【 オムツが外れていない場合 】

  • 離乳食、飲み物、おやつ
  • 着替え(ジップロックのような袋に空気を抜いて入れておくとかさばらない)
  • ハンドタオル(暑すぎる時は濡らして顔や手足を拭いてあげましょう)

この他にも、バスや電車でぐずった時用のおもちゃや、授乳ケープやミルクを持って行く必要がある場合もあるでしょう。

遠足では歩く場面が多いので、ベビーカーを持って行くか現地でレンタルができるか確認をしてみましょう。

また、上の子どもやお友達同じように行動していると下の子が疲れすぎてしまったり、炎天下の中で熱中症の危険があったりします。

そんな時は、お友達のママに少しの間上の子を見てもらって休憩をしたり、先生に相談をしてみたりと助けを借りましょう。

同じ子育てをしているママ達は、きっと理解して手助けをしてくれます。

お弁当はどんなものを作ればいい?

朝早く起きて作るお弁当。どんなものを作ればいいのか悩みますよね。ちょっとした工夫で遠足弁当の出来上がりです。

子どもが外でもこぼさず食べやすくする工夫

テーブルで食べる時と違って、シートで座って食べることは案外子どもにとって難しかったりします。

なるべくお箸やフォークでつかみやすくしたり、手づかみで食べられるように工夫したりするといいでしょう。

主食は、おにぎりかサンドウィッチで手づかみできるものにしましょう。しかし、意外にもサンドウィッチは作るのに手間がかかります。

前夜から具材を準備したり、サンドウィッチがしっとりするように軽く重しを載せて冷蔵庫に寝かせたり。

そこで、ロールパンで作るサンドウィッチなんていかがでしょうか。ロールパンの真ん中に切り込みを入れて具材を入れるだけ。

ジャムを塗ったり、卵やレタス・ウインナーを挟んだり。崩れにくく、見た目にもボリュームがアップしますよ。

子どもが喜ぶ特別感のあるお弁当にする工夫

いつものお弁当より少しだけ華やかにすると、特別感があって子どもも喜びます。

お弁当が華やかに見える一番のポイントは彩りです。赤・緑・黄色がまんべんなく入っていると、それだけで綺麗に見えます。

その基本をおさえつつ、ウインナーの飾り切りやハムの型抜き、卵焼きを斜めに切って二つを合わせてハートの形に、など小さな工夫がお弁当を豪華に見せる演出をしてくれます。

朝早くから起きてそんな細かいことしていられない、という場合は100均でも手に入るお弁当グッズを使ってみてはいかがでしょう。

動物のピックや、カラフルなバラン、おにぎりのラップもかわいいデザインのものがあります。それだけでも、お弁当が華やかになりますよ。

リンゴやブドウなど、果物もデザートとして添えておくとさらに喜ばれますね。

傷みにくくする工夫

初夏や残暑の季節に遠足が行われることが多いですが、暑い時期の炎天下でのお弁当は傷んでしまう可能性があります。

梅干しを使ったり、市販の抗菌作用シートを被せたりして工夫しましょう。冷凍食品で、チンせずにそのまま自然解凍ができるものもあるので入れておくのもいいでしょう。

保冷バックに、保冷剤とともに入れておくのが一番安全です。

初めての子供の遠足、誰でもみんな最初は分からないことばかりです

今回が初めての子供の遠足という場合、兄弟がいて既に経験をしているママや、毎年引率している先生にも事前に分からない事は聞いてみるといいでしょう。

幼稚園によって異なることもあるので、きっと経験者でなければ分からない情報を得られることができるでしょう。

一番はお子さんが楽しく安全に過ごせること。ママは笑顔でしっかりと見守ってあげてくださいね。

shutterstock_217301995 (2)

幼稚園と同様に保育園には遠足に行くというのが当たり前になっています。幼稚園の場合はどうも周りの話を聞いたりしていますと、親子で参加するスタイルの親子遠足が中心になっています。 この親子遠足の場合は、親と子供の交流が大切だという点が目的なのかと推測出来ます。 ...

続きを読む
shutterstock_217301995 (2)

春や秋などの比較的寒くもなく、暑くもない時期には保育園や幼稚園などの遠足が行われることがあります。幼稚園の遠足は親子で参加するケースがほとんどなので、あまり忘れ物の心配はいらないと思うのですが、問題は保育園です。 親が一緒に用意してあげるご家庭もあると思います...

続きを読む
af9980009723l

新米のママというのは、幼稚園に入れば分からないことだらけ。それは当たり前だと思います。そんな時に頼りになるのは、以前お子さんがその幼稚園に通っていたママや、情報通のママ友達と言った所でしょうか。ママたちのネットワークは素晴らしいものです。 分からないことは...

続きを読む
af9980009724l

行楽シーズン到来ですね。各幼稚園や保育園では、園行事で親子遠足に出かけるところも多いのではないでしょうか。園から配布される遠足のしおりには、子どもたちの持ち物は指定されていますが、親の持ち物はお弁当以外書いてないもの。今回は、屋外の遠足で親が持って行ったほうがいい物...

続きを読む
マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪