- ダイエットに効果ある意外な方法!産後の体に「うんこ座り」 | MARCH(マーチ)

ダイエットに効果ある意外な方法!産後の体に「うんこ座り」

2014/04/09

出産後のママならきっと誰もが経験する悩み。それは、骨盤が開いてしまうこと。お腹の赤ちゃんをスムーズに外に出してあげるために、骨盤の筋肉は緩んで大きく広がります。

そして多くのママはその開いた状態のまま元に戻らず、尿漏れや歩くたびに痛みが出てしまう、それどころか広がったところに脂肪が蓄積してしまい、ますます太るという恐怖の悪循環が発生。そうなったら大変! なのでその前に、なんとかして対策を練っておきたいものですよね。

本来産後の骨盤は日常的な活動量が増えたりストレッチをすることで自然に元の位置に戻していくことも出来るのですが、より早く体型を改善したい方、産後も体を使う機会がなかなか…という方に、おうちに居ながら気が付いた時にすぐできる筋トレ方法をご紹介します。

この方法、意外と骨盤の筋肉を鍛えるのに効果的な方法なんです。どんな方法??それは、「うんこ座り」。そう、ヤンキー座りとも言われたあの座り方です。うんこ座りと骨盤にどんな関係が??

例えば戦前と現代の女性を比べると、様々な点で生活様式が変化していますよね。その中でも特に大きく変わったのはなんでしょう。それはお手洗いの使い方です。

洋式トイレの普及でお手洗いを使う際に女性が「腰を落としてしゃがむ」という姿勢をとることが激減しました。そしてそのことを大きな原因として、90年以降の若い女性の方たちの間で骨盤の筋力低下が顕著になりました。

しゃがむ姿勢をとらなくなると、骨盤の筋力が弱くなる。ということなのですね。つまりこのことを逆手に取ると、うんこすわり→「しゃがむ姿勢をとる」ということは骨盤の筋肉を鍛えるのに効果的ということが言えるのです。ためしに、うんこ座りをしてみてください。

意外と「私できない!」という方、いらっしゃいませんか?であるならばきっと骨盤の筋肉が弱くなっているのだと思います。

もし足を開いたまましゃがめない、という方がいらっしゃいましたら、無理をせず最初は膝を閉じてしゃがめるところまで腰を落としてゆっくり3呼吸、慣れたら5呼吸、さらに10、20と少しずつ増やしていってください。

そしてもし可能ならば、赤ちゃんを抱っこしたまま行っても筋肉の良い負荷になることでしょう。ただ、ちょっとはしたない姿勢ですので、パパやご家族にびっくりされないように、あらかじめ説明しておくといいかもしれません。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ