準備は早めに!幼稚園の運動会で親が浮かない服装の選び方

コメント0
2017/05/01

子供の運動会は1年の中でも大きなイベントの1つ。子供のみならず、お弁当作りやカメラ撮影など親のほうも気合が入ります。しかし、いざ運動会が近づくと「何を着よう」と困りませんか?

浮いた格好はできないけど、親子競技やPTA競技で親の出番もあることを考えるとダサい格好も嫌ですよね。出る予定は今のところないけど、当日になっていきなり「人が足りないので出て下さい!」と言われることも十分ありえます。

中には「自分が着たいものを着て何が悪い?」と我が道を行くという方もいますが、その場にあったファッションは大切です。そこで、ママとパパが運動会で浮かない服装選びのコツをご紹介します。

立ったり座ったり、しゃがんだり想像以上に動き回ることも

幼稚園・保育園の運動会は親子競技やPTA競技、役員の係などで思っている以上に親も動き回ることが多いためそれを想定した服装選びが大切です。

トップスは長め丈を選ぶのが正解

しゃがんだら背中や腰が丸見えになってしまったということは避けたいですよね。見えてしまうのももちろん恥ずかしいですが、端から見ても目のやり場に困ってしまいます。

小さめものや身体にフィットするTシャツはファッション的にはかわいいですが、機能的ではないものが多いので、しゃがんでも腰や背中が隠れるチュニック丈ぐらい長めのものを選ぶのがベストです。

ママさんならあえてパパのオーバーサイズのTシャツを着て、細めのスキニーパンツを合わせると、こなれ感も出ておしゃれに見えます。ただし、あまりヨレヨレだとだらしない印象になってしまうので要注意。

また、チュニック丈のポロシャツはTシャツに比べて意外と着ている人が少ないので、他人と被りたくない人にはオススメです。秋の運動会ならラガーシャツもおすすめです。

色や柄も自由ですが、あまりに派手な色やドクロやセクシーな絵柄、ヒョウ柄など幼稚園にはちょっと似合わないような柄はNGファッションだと心得て避けましょう。

ストレッチが効いたパンツで動きやすさを重視

動き回ることを考えるとストレッチが効いた長ズボンがオススメです。ミニスカートやダボダボのズボンはNG。つなぎやオーバーオールは運動会というよりも清掃活動が連想されてかえって浮いてしまうのでオススメしません。

普段着がスカート派というママさんはスカートにレギンスやトレンカの組み合わせを選ばれる方が多いようですが、運動会の日はやはりズボンがいいでしょう。

ズボンもハーフパンツやひざ丈と様々な形がありますが、長ズボンはケガの防止や日焼け対策になります。転んだときのケガや砂埃で脚が汚れてしまうのを防いでくれるので、多少暑くても長ズボンやアンクル丈がいいでしょう。

ママさんならストレッチの効いたスキニーでも問題ないですが、花柄やチェック柄よりも無地のスキニーのほうが無難でいいでしょう。

デニムでも動きやすいのであればいいと思いますが、膝のあたりがあえて破れているダメージ系のデザインのデニムは運動会にはそぐわないのでやめましょう。

パパさんなら、「動きやすさでいったらスウェットはどう?」となりそうですが、上下共にスウェットだと部屋着になってしまいだらしない印象になってしまうので、トップスかボトムスどちらかにするといいでしょう。スウェット素材でもダボッとしたものよりもジョガーパンツなどシルエットがきれいめなものを選ぶといいですよ。

リレーなど保護者競技の時だけジャージに着替えるという方法も

もしも、保護者対抗リレーで走る事になったらジャージがオススメです。それか、当日どんな服装で走るのか同じクラスのママさんたちやパパさんたちと相談しておくといいでしょう。

リレーと言っても幼稚園の運動会ですから、そんなに長い距離を走るわけではないと思います。しかし、競技に参加するのであれば、私服よりもジャージのほうがいいでしょう。

1日中ジャージで過ごすことに抵抗があるのであれば、自分の出番のときだけジャージに着替えるという人もいます。ジャージであれば、万が一汚したとしても大丈夫というメリットがあります。私服で転んで汚してしまってはショックが大きいですよね。

できれば汚したくないという人は、自分の出番のときだけジャージに着替える、または私服の上にジャージを着て行き、出番が終わったら私服で過ごすという方法もあります。

妊娠中のママはラフで過ごしやすい格好でOK

下の子を妊娠中だと、外にいるだけでもしんどいですよね。妊婦さんにまで競技に参加させようとする園はないと思うので、チュニックにレギンス、パーカーなど快適に過ごせることを優先したラフな服装にしましょう。

あとはスウェット素材のマキシワンピースがオススメです。ただし、リゾート風のマキシワンピは運動会には合わないのでやめましょう。服装の素材に気を配るだけでもだいぶ違います。

サンダルやヒールのある靴は厳禁!できるだけスニーカーで

運動会のコーデでは靴も重要です。普段スニーカーをあまりは履かない方でも足元はスニーカーにしましょう。

真っ白のシンプルなスニーカーは汚れが心配というデメリットもありますが、どんなコーデにも合うので一足持っておいても損はないのでこれを機に買い足しておくのもいいでしょう。

スニーカーでもインヒールのものはあまり向かないので走りやすいものや履き慣れた運動靴を履いて行くようにしましょう。スニーカーであれば多少派手でもおしゃれに見えてしまうので、ピンクや黄色などビビットな色でもOK!足元で個性を出しましょう。

もちろんサンダルやクロックスなど走ったり跳んだりしたらすぐに脱げてしまいそうな靴は避けましょう。

小物をうまく使っておしゃれも暑さ寒さ対策もばっちり!

Tシャツにデニムのスキニーといったシンプルな格好でも小物を上手く活用することで機能的なのでおしゃれに見せてくれます。

秋運動会は暑さ寒さの両方の対策ができるようにしておいて

園によりますが、多くの幼稚園で秋に運動会を行うところが多いと思います。季節の変わり目に運動会を開催すると日によって暑かったり寒かったりと体温調整が難しいものです。パ―カーやダウンベストやなど何か厚地の羽織るものがあるといいですね。

長めのチェックシャツやネルシャツなら、着ないときは腰に巻いてコーデにアクセントにもなりますし、寒いと思ったらさっと羽織ることができますよ。さらに寒さが予想されそうなときは大判のストールも持って行くといいでしょう。

ニット帽やキャップなどの小物をお忘れなく。防寒対策にもなるし、おしゃれのワンランクアップも兼ねて一石二鳥です。家族で色違いのニット帽を被ると決めて揃えるのもまた素敵です。

春運動会でも油断せずに防寒防風対策を

4月下旬から5月にかけて春に運動会を開催する園も増えています。春開催の場合、午前中は寒くて午後は気温が上がってと寒暖差が激しいことが予測されます。

しかも、だんだん暖かくなってきたから大丈夫かもと油断しがちです。暖かくなってきたとは言え、1日中外にいると春でも結構身体は冷えてしまいます。

秋運動会と同じようにパーカーやカーディガンやウィンドブレーカーなど防寒防風対策になるような上着や羽織物を必ず用意しましょう。

つばの広い帽子やサングラス、アクセサリーは最小限に

日焼け対策につばの広い帽子やサングラスが重宝しそうですが、つばが広い帽子だと風に飛ばされやすいというデメリットがあります。帽子が競技中の子供たちのところまで飛ばされてしまったという恥ずかしいことがないようにしたいものです。

帽子に予めゴムを縫い付けたり、100均で帽子が飛ばされないようなクリップつきの紐が売られているのでそれを付けたりするなど工夫をしましょう。

サングラスも日焼け対策というよりはファッションとして見られがちです。運動会当日がよほど眩しいほどの晴天でない限り持って行かなくても大丈夫です。

また、日焼け対策といえば日傘ですが、最前列で使うと後ろの人が観戦することができなくなるので使うなら後列で人の迷惑にならないように気を付けましょう。

運動会というイベントではアクセサリーも最小限で十分。バングルやアクセサリーの重ねづけは競技中何かに引っかかって思わぬケガに繋がる恐れがあります。

ミサンガやシュシュ、ヘアゴムなどを数本アクセサリー代わりに手首につけておく程度で十分です。シュシュやヘアゴムはお弁当の時間や親子競技の時などさっと結ぶのに便利なので、髪の長い方は準備しておくといいですよ。

ママのメイクも身だしなみの1つ。濃すぎるメイクは避けて

ママのメイクも身だしなみの1つです。濃すぎるメイクは印象がよくないのでNG。暑い日にはメイクで顔がドロドロになってしまうなんてこともあるので要注意。

普段はアイシャドーで様々な色を楽しんだし、つけまつげが必要不可欠というママさんもアイシャドーはブラウン系にしたり、アイラインとマスカラ程度にとどめたリ、この日だけはできる限りナチュラルメイクでいきましょう。

運動会では汗をかいたりしてメイクがよれてしまうこともあるので、綿棒やウェットティシュをポーチに入れておくとメイクが直しやすくなります。

主役は子供だけど、TPOにあった服装で運動会を楽しんで!

幼稚園の運動会の主役はもちろん子供たちです。しかし、自分だけ浮いた格好になってしまうと「しまった!浮いているかも…」と思うと心の底から運動会を楽しめない、なんてこともあります。

実際にあまり気にしないで我が道を行っている方もいらっしゃいますが、後から写真やビデオを見返してみると変に目立ってしまっていることもあります。

運動会当日の朝にバタバタしないように1週間前ぐらいまでにはコーデを考えておいて、運動会を楽しんで下さいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ