- これで親子競技も大丈夫!子供の運動会に着て行くオススメな服装 | MARCH(マーチ)

これで親子競技も大丈夫!子供の運動会に着て行くオススメな服装

2014/09/15

運動会で、親子競技に参加しなくてはいけないお母さん達。「動きやすい服装で行きたいけれど、カジュアルすぎても…」と悩まれている方は多いようです。主婦の方達に、実際運動会で着た服装を教えてもらいました。

そして、教えて頂いた服装を元に、服装を「私服派」「ジャージ派」「2着使用派」のカテゴリーに分けてみました。それぞれのメリットやポイントを交えながら紹介します。

私服派

親子競技の盛り上がりや、熱の入りようは、学校や幼稚園によって異なるようです。もし、それほど気合を入れて臨まなくてもいいようであれば、ジーパンとTシャツやポロシャツくらいで大丈夫。それではカジュアル過ぎると思われる方には、キレイめなパンツにビジューのついたスウェットや、ブルゾンなどが好まれるようです。

スウェットと聞くと、少し抵抗のある方もいらっしゃると思います。でも、今は形やデザインの綺麗な物が多く、着心地もいいので、選ぶお母さんが多いようです。また、親子競技中は体を動かし、走り回ることもあるので、出来ればストレッチのきく素材がオススメ。

スカートや、しゃがんだ時に背中が見えてしまうような服は控えた方がいいでしょう。靴に関しては、スニーカーやパンプスを履いていくという人が大多数でした。親子競技に参加するのに、ヒールを履いていくと、動きにくいし、砂で汚れてしまうからだそうです。

ジャージ派

今回お話を聞いた主婦の方達の中では少数派でしたけれども、親子競技やお子さんの面倒、運動会係の仕事などを掛け持ちしているお母さんは、ジャージにスニーカーで参加したそうです。

保護者の割合としては、ジャージでいらっしゃる親御さんは少ないようだけれども、学校や幼稚園の先生方はジャージ姿の人が多いので、ジャージを着ていたからと言って目立つことはないそうです。ジャージのメリットといえば、動きやすさは勿論、汚れても大丈夫なところにあります。

お話を伺った主婦の中に、以前、私服で親子競技に参加したら、転んでしまい、服が砂だらけになってしまったことがあるというお母さんがいました。着替えは持ってきていないし、旦那さんが仕事で不在だったので、誰かに服を持ってきてくれるよう頼むわけにもいきません。

仕方がないので、運動会が終わるまで、そのまま過ごしたそうです。ジャージで1日過ごすことに抵抗がある方もいるかと思います。でも、こういう時にジャージだったら、たとえ砂がついても私服ほど汚れを落とすのが難しくありません。

2着使用派

親子競技に参加したお母さん達の服装で、最も多かったのがこちらの「2着使用派」でした。「2着使用」というのは、私服とジャージの両方を用意するということ。親子競技の時に合わせて、ジャージに着替え、それ以外は私服で過ごす。

また、すぐに着替えることができるように、あらかじめ私服の下にジャージを着て、親子競技の時に脱ぐだけで済むよう工夫してきている人が多いようです。靴を履き替えるかどうかについては、ちょうど半々でした。私服の靴とは別にスニーカーを用意する人もいれば、スニーカーだけで過ごす人もいました。

着替える手間はかかるけれども、私服とは別にジャージを用意しておけば、親子競技で服が汚れる心配をしなくて済みます。また、私服を用意しておけば、運動会の帰りに、どこかへ寄らなければならない時も対応できるということも、利点の1つだそうです。

大事なのは動きやすさと汚れ具合

運動会の親子競技に参加するのであれば、服装を選ぶ際に「動きやすさと汚れ具合」に気をつけるとよいそうです。オシャレに気を使っても、結局汚れてしまうことも。最後まで、余裕をもって子供と運動会を楽しくすごせるよう、服装は、「動きやすさと汚れ具合」に注目して選んでみてはいかがでしょうか。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ