- 幼稚園の運動会に持って行きたい子供のお弁当メニューとは? | MARCH(マーチ)

幼稚園の運動会に持って行きたい子供のお弁当メニューとは?

2014/09/25

今年の運動会へ持って行くお弁当は決まりましたか?「どうしようかしら?」と悩まれている方は多いかと思います。周りの主婦の方たちに、お弁当の定番を伺ってきました。

家族みんなで食べるお弁当

家族揃って運動会の応援とならば、お弁当もそれなりに大きくなくてはいけません。そんな時の定番は、おにぎり。中に詰める具を変えるだけで、色んな味を楽しめます。

・おにぎり
主婦の友人に聞いた変わり種おにぎりを紹介します。まずは、塩を少し入れて焼いた卵焼きに、醤油をひとたらし。それをご飯で包めば、卵焼きおにぎりの完成。これは、お姑さんから教わったおにぎりだそうです。

なので、旦那さんはもちろん、子供達も大好きなおにぎりなのだとか。こちらのお宅では、定番のおにぎりだそうです。他にも、揚げ物を詰めたおにぎりや、ハンバーグ、ウインナー等の子供が好きな具材を詰めたおにぎりもありました。

おにぎりもいいけれど、「たまには少し違ったものを作ってみたいわ」というお母さんもいらっしゃると思います。そこで、日本在住の外国人ママさん達にも話を伺ってきました。

・キンパブ
韓国人ママさんに教えてもらったキンパブという韓国風の海苔巻き。韓国では、お弁当の定番料理だそうです。キンパブは、家庭によって様々に違います。ご飯に、お酢を少しだけ入れる場合があるけれども、日本のような酢飯は使いません。

また、巻いた海苔にごま油などで、風味付けすることもあると言います。こうした味付けや具材の違いはあるけれども、共通している点は、少ないご飯で沢山の具材を包むことです。

今回教えてもらったキンパブには、味付けされていない白米が使われ、海苔も風味付けなどはされていません。具材は、「沢庵・炒めた人参・味付けされた牛肉・炒めたカニカマ・ほうれん草のナムル・キュウリ・たまご」の7種類が入っていました。

野菜、お肉、ご飯が1度に取れてしまうキンパブ!体力を使う運動会には、ぴったりかも知れません。また、おかずが少なくても、キンパブがあれば困りませんね。

・サンドイッチ
次にご紹介するのはサンドイッチ。パンが好きなお子さんのために、お弁当にサンドイッチを作るお母さんは多いようです。今回は、「運動会はサンドイッチが定番!」という日本在住のアメリカ人ママさんにお話を聞かせてもらいました。

お子さんの最も喜ぶサンドイッチと聞かれて思い浮かぶものは何でしょうか。そこのお子さんが1番好きなサンドイッチは、ピーナツバターとジャムを挟んだもの。暖かい季節でも腐りにくいので、運動会でも用意しているそうです。

日本人からすると、「さぞ甘いのでは…」と少し心配になる組み合わせ。でも、アメリカでは人気のあるサンドイッチのようです。付け合わせには、フルーツを持って行きます。甘いパンにフルーツ。日本人からすると、おやつのように感じてしまうけれども、確かに子供が喜びそうなメニューですね。

子供とお母さんで食べるお弁当

お母さんが家族の代表で応援に行く場合、大きいお弁当よりも、いつも幼稚園に持たせているお弁当と、お母さん自身のお弁当の2つを用意する傾向にあるようです。

・キャラ弁
運動会で頑張れるようにと、お子さんの大好きなキャラクターのお弁当を作っているというお母さん達を取材してきました。好きなキャラクターのお弁当だと、たとえ嫌いな野菜でも食べてくれるそうです。

子供退が喜ぶキャラ弁。でも、キャラ弁を作るには時間が掛かり大変です。キャラ弁を作る時は、型紙を切ったり、パーツを組み合わせたりと、まるで工作のよう!そのため、お母さん自身のお弁当は、子供の残り物を詰めるだけだそうです。

手間は掛かるけれども、大好きなキャラクターが入ったお弁当を見たら、午前の種目で疲れていた子供達も、きっと大喜び。目をキラキラさせて食べてくれるかもしれませんね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ