- 女の子が欲しい人必見!今日から試せる女の子を妊娠する方法 | MARCH(マーチ)

女の子が欲しい人必見!今日から試せる女の子を妊娠する方法

2015/01/07

shutterstock_208633492
女の子でも男の子でも妊娠して子供ができるということは、嬉しいことには間違いありません。しかし、出来るなら女の子を妊娠したいという人もいることでしょう。

そこで、今日からでも始められる、簡単な女の子産み分け法について紹介していきますので、まずはできることから試してみましょう。

女の子を妊娠するにはこの遺伝子が必要!

女の子を妊娠したいのであれば、卵子は女の子の遺伝子を持ったX精子と受精する必要があります。

精子には、男の子になるY精子と、女の子になるX精子がありますが、X精子はY精子と比べて忍耐力があり、長い時間子宮の中に滞在出来る強さがあります。男の子を妊娠したい場合は、瞬発力は強いが寿命の短いY精子の特性を考慮して排卵日の当日にセックスるする必要があります。

しかし、X精子は寿命が長いので、女の子を妊娠したいのであれば排卵日の2日から3日前にセックスをするのが効果的なのです。排卵日より前にすることで、寿命の短いY精子は先に死滅し、寿命の長いX精子が排卵日まで生き残り、その後卵子と受精することで女の子を妊娠できるのです。

男の子を妊娠しやすくなるか、女の子を妊娠しやすくなるかは、精子の特性を考慮することで変わるということを意識しておきましょう。

今日からできる女の子を妊娠しやすくする生活

女の子を妊娠するにはY精子の数を減らし、いかにX精子を守れるかどうかで決まります。

そこでまずお勧めなのが、旦那さんの体を温めるということです。体の熱を発散しにくい服装をしてもらうことで体の温度が上がり、それにより精子の数、特にY精子の数が減少するのです。

また、毎日シャワーで済ませている場合は、2、3日に1回はお風呂に使ってもらうなど、体を温める機会を増やしてもらいましょう。

但し、体の熱を発散しにくい服装は、夏場であれば熱中症を引き起こす恐れや、極度に精子の数が減りすぎて不妊を引き起こす可能性もあります。まずは、体を冷やさない生活を心掛けておきましょう。

次に、カフェインの摂る量も減らしていきましょう。カフェインには精子を刺激する作用があるため、Y精子が活性化されてしまうのです。カフェインを完全に断つ必要はありませんが、女の子を妊娠したいのであれば、旦那さんにはカフェインの摂取量を減らしてもらうようお願いしておいましょう。

次に、女性側が意識しておくべき問題として、ストレスの扱いがあります。ストレスを抱えているときというのは、体は酸性に傾いていますが、実は体が酸性に傾いている時というのは女の子を妊娠しやすいのです。

Y精子は酸性の環境に弱いため、女性の体がストレスによって酸性に傾いているとY精子はすぐに死滅してしまい、忍耐力のあるX精子が生き残りますので女の子を妊娠しやすくなるのです。

ストレスは健康の大敵で、すぐにでも取り除くべきものだと言われていますが、適度なストレスは女の子を妊娠するには効果的に働くという事を覚えておきましょう。もちろん、ストレスが原因で不妊を引き起こすこともありますので、ストレスを放置しておけばいいわけではありませんので注意しておきましょう。

みんなのコメント
  • ひつじさん

    息子の二人がいますが女の子の赤ちゃんがほしいけどお金の準備はどうすればいいか迷っています。

あなたの一言もどうぞ