陣痛の痛みはどんな感じ?始まりからピークまでの痛み方

コメント1
2017/07/04

陣痛の痛みや流れが気になっている妊婦さん

臨月に入り出産間近になると、これから迎えるお産への恐怖心、特に陣痛に不安を感じるママも多いのではないでしょうか。

中には無痛分娩や和痛分娩を選択しているママもいると思いますが、ある程度は陣痛を感じる人もいたり、予定通りにいかずに自然分娩になる場合もあります。

陣痛の痛みは経験しなければなかなか分からないものですし、陣痛の始まりと出産間際のピーク時でも痛みには違いがあります。

陣痛の痛みとはどんなものか、どのような形で痛みが変遷していくのか、時系列を追いながら見ていきましょう。

本陣痛につながる前駆陣痛と陣痛の始まり、痛みの種類

出産につながる陣痛は「本陣痛」というもので、その準備として起こる不規則な子宮収縮を「前駆陣痛」と言います。

前駆陣痛は直接出産につながるものではありませんが、規則的な子宮収縮である本陣痛の直前に起こることが多く、分娩開始がもうすぐそこだという合図になります。

前駆陣痛の後に本陣痛が起こることが多いですが、実際に前駆陣痛と本陣痛はどのような痛みなのでしょうか。

  • 前駆陣痛の痛み
  • 本陣痛の痛み

それぞれひとつずつ詳しく見ていきましょう。

前駆陣痛は不規則な子宮収縮の痛み…個人差が大きい

前駆陣痛の痛みは「生理痛のような痛み」「赤ちゃんの胎動が強かった時の痛み」「お腹が張った時の痛み」「便秘の時の痛み」などという例えが見受けられます。

痛みの大きさも、「なんだか痛いな」と思う程度のものから、一瞬息が出来なくなってしまうほどの痛みを感じる人まで、人それぞれです。

痛みの継続する長さも、ほんの数秒を小刻みに継続する人もいれば、数分痛みが続いた後1時間以上痛みが起こらない人もいます。

前駆陣痛はお産が近づいている証ではありますが、その後本陣痛が始まるまでの長さも、痛みの大きさなどと同じく個人差が大きいため、痛みが不規則な間は様子を見ましょう。

ただし、規則的な本陣痛がまだ起こっていなくても、破水してしまったり出血が起こっていたり、耐えがたい痛みを感じた場合、医療的な処置必要であると考えられます。

赤ちゃんに危険が及ぶ可能性もありますので、すみやかに病院に連絡をして判断を仰いでください。

▼前駆陣痛の詳細についてはコチラも参考にしてみて!

本陣痛の痛みは規則的…中には気づかなかったという人も

子宮あたりに感じる痛みが規則正しく感じるようになったら本陣痛です。

痛みの種類は前駆陣痛とほとんど変わりませんが、「陣痛かな?」と疑う時点ではそこまで強く痛みを感じることはほぼなく、気づかないうちに10分を切っていたという人もいます。

痛みが規則正しいとは、痛みが継続する時間と痛みが収まった時間が定期的に計れる状態で、痛みが治まっている間は全く痛まずに普段通りの生活を送れます。

「もしかして陣痛かな?」と思うような定期的な痛みが来たら、出来るだけ体を楽に出来る場所で陣痛間隔を時計で記録しましょう。

最近、スマホで陣痛の間隔を記録できるアプリも無料配信されていますので、そちらを使うのも便利で手軽なのでおススメです。

陣痛と陣痛の間が10分~15分になったら出産予定の産婦人科に連絡を取って判断を仰ぎ、入院準備も最終確認をしておきましょう。

▼前駆陣痛と本陣痛の違いについてはコチラも参考にしてみて!

▼陣痛の痛みを感じにくい妊婦さんの傾向についてはコチラも参考にしてみて!

出産までの陣痛は三段階…分娩の進行と陣痛の関係

本陣痛がスタートしてから出産までの流れは、おおよその陣痛間隔の違いなどから大きく分けて3段階あります。

  • 潜伏期:約10分~5分間隔
  • 活動期:約5分~2分間隔
  • 娩出期:約2分~30秒間隔
母子手帳にも記載される「出産にかかる時間」は、この3段階の合計時間に加えて、赤ちゃんを出産した後に胎盤を体外に出す「後産」を終えるまでの時間です。

全体の長さは初産婦さんだと12時間~15時間の方が多いですが、個人差も大きく丸1日以上かかるという方もいます。また、二人目以降の経産婦さんだと時間が短くなる傾向があります。

では、出産までの各段階での陣痛がどのようなものなのか、ママと赤ちゃんの様子とともに詳しく見ていきましょう。

潜伏期:まだ余裕がある頃…今のうちによく準備を

定期的な痛みはあるものの、ママ自身にはまだ余裕がある時期です。これから来る分娩に向けて体力を温存しながら自由に過ごしましょう。

  • 陣痛間隔:約10分~5分間隔
  • 子宮口の開き:0~4cm程度
  • 陣痛の継続時間:約30秒~60秒

この時の痛みは、「ひどい時の生理痛に似ている」「お腹が痛いというよりも腰が痛い」と形容する方がいます。また、陣痛間隔が狭まっていくのとともに痛みの強さも増していきます。

なかなか陣痛が強くならない場合や間隔が縮まらない場合、階段をゆっくり上り下りしたり、廊下をゆっくりと歩いたりするように指導を受けることもあります。

赤ちゃんも陣痛の開始とともに産まれるための準備を始めていますが、子宮口が開ききるまでは生まれません。ただし、人によってはこの段階で破水がおきることもあります。

活動期:痛みが強まっていく…いきむのは我慢

徐々に陣痛間隔が短くなっていき、痛みが続く時間が長くなり、強さもどんどん増していきます。陣痛と陣痛の間はゆっくりと体を休めて、水分補給をしたり軽食をとったり、トイレもこまめに行っておきましょう。

  • 陣痛間隔:約5分~2分間隔
  • 子宮口の開き:4~10cm程度
  • 陣痛の継続時間:約60秒
陣痛が楽になる姿勢は人によって異なりますが、四つんばいやあぐら、肛門付近をゴルフボールなどで強く押すなどすると軽減する人が多いようです。

赤ちゃんも少しずつ下がってくるので、下腹部と腰の痛みの中に、物理的に内側から押される痛み、骨の痛みも加わってくるように感じる人もたくさんいます。

2分間隔近くになると痛みがだいぶ強くなっているために思わずいきんでしまいたくなりますが、子宮口が全開になるまでいきむのは我慢しましょう。

陣痛が収まった時は会話をしたり歩くことも出来ますが、なるべく体力を温存しておくことをおすすめします。

娩出期:いよいよ出産!陣痛に合わせていきむ

子宮口が全開になり、陣痛は短い間隔で長く続くようになります。声が抑えられないほどの激痛が、下腹部から腰全体に響くように痛みます。

  • 陣痛間隔:約2分~30秒間隔
  • 子宮口の開き:全開
  • 陣痛の継続時間:約60秒~90秒
子宮口が全開の段階になると分娩台に上がり、陣痛が来るタイミングに合わせていきみます。

助産師さんがいきむタイミングを指示してくれますが、痛みを感じながらいきむのにはかなりの体力が必要となります。

大変なことであるのは事実ですが、なるべくリラックスして出産を乗り越えて赤ちゃんとの体面を迎えられると良いですね。

後産でも軽い陣痛が起こることも

赤ちゃんが生まれてた後、これまで胎児を包み込んでいた胎盤が役目を終えて体の外へ出てきます。これを後産と言います。

後産の時には「後産期陣痛」と呼ばれる軽い子宮収縮が起こって胎盤を押し出しますが、これは定期的な痛みではなく痛みの種類としては弱い不規則なものでいきむ必要はありません。

後産期陣痛は長くても20分以内に終わることが多く、胎盤が体外に出たところで一連の出産の流れが完了します。

▼本陣痛の詳細についてはコチラも参考にしてみて!

陣痛の痛みを恐れすぎないで…赤ちゃんと会うのを楽しみに過ごそう

ここまで見てきた陣痛とお産の流れはごくごく一般的な自然分娩の場合のものです。出産は人によって個人差が大きいので、セオリー通りにいかないことも少なくありません。

なので、出産前に陣痛を恐れたり、出産に対しての心配が積み重なっても、実際に迎えてみるとあっという間だった…という経験談のある先輩ママはたくさんいます。

臨月に入ったママはリラックスした気持ちで陣痛が来るのを待ち、陣痛が始まっても慌てることなく、落ち着いて過ごして出産に備えましょう。

陣痛はどうしても痛さがクローズアップされがちですが、陣痛の間は赤ちゃんも出産に向けて頑張っている証拠です。

また、どんな陣痛でもそれを乗り越えると赤ちゃんと会えるという最大の喜びを感じられますので、怖がりすぎずにその日を迎えられると良いですね。

みんなのコメント
  • サイレントイヴさん

    勉強になります

あなたの一言もどうぞ