- 初めての出産は不安でいっぱい!陣痛が始まったらどうなるの? | MARCH(マーチ)

初めての出産は不安でいっぱい!陣痛が始まったらどうなるの?

2014/05/27

初めての出産を控えている人にとって、陣痛から赤ちゃんが生まれるまでの流れについて不安も多い事でしょう。そこで、陣痛が始まってからお母さんの体がどう変化していくのか、それに合わせて自分はどう動き、赤ちゃんはどう変化していくのか、自然分娩による陣痛から分娩までの流れを分かりやすく紹介していきます。本番前にイメージを掴んでおく意味も込めて、全体像を把握していきましょう。

陣痛が始まってきたらお母さんはどうする?

陣痛の始まりは、映画やドラマで見るような苦しみがいきなり始まるわけではなく、最初は生理痛のような痛みを感じ始め、徐々に痛みが増していきます。またこの時、赤ちゃんは子宮口に向かって移動し始める為、痛みの他にもおしるしや破水するなどの変化が見られる事もあります。

しかし、こうしたお産のサインが現れたからといって、すぐに病院へ行くわけではありません。おしるしが出たらナプキンをあてておき、痛みの波の間隔を感じておきながら、これまで通り日常生活を過ごします。

本格的な陣痛が始まってしまう前に、入院の為の持ち物確認と、戸締りや火の元の確認など、いつ家を出る事になっても大丈夫なようにしておきましょう。また、陣痛が本格化すると食事どころではなくなりますので、体力をつける為にも早い段階で食べられる範囲で消化の良い物、エネルギー補給になるものを食べ、シャワーを浴びて体を綺麗にしておきましょう。

但し、破水や大量出血が出た場合はすぐに病院へ連絡しなければなりません。そして痛みが増し、10分程度の間隔で痛みが出るようになったら、病院へ行き、赤ちゃんの状態チェックと、陣痛の痛みを逃す方法や呼吸法を指導されます。

陣痛が本格化してから出産まで

陣痛の痛みが10分間隔になってくると、痛みは生理痛どころではなく、お腹周りの他に足や恥骨、尾骨周りにも強い痛みが現れ、人によっては痛みと共に吐き気を感じる場合もあります。

病院についた頃には、痛みの間隔も数分程度になっていると思いますが、呼吸法などで痛みを逃す方法を教えてくれますので、自然にいきみが出来る状態へと体をリラックスさせられるよう頑張りましょう。

陣痛の間隔が狭くなり、子宮口が大きく開いてきたら、分娩室で本格的な出産へと進みます。この時、赤ちゃんは子宮口を出て産道まで近づいていますので、分娩室へ行く頃には赤ちゃんの頭も見え始めます。

陣痛がピークに達した頃には、体には大きな負担がかかっていますので、痛いながらも眠さを感じたり、頭がぼーっとしてしまったり、気を失いそうになったりしますが、痛みの波に乗りながら自然にいきみつづけられるよう、最後まで気を引き締める事が大切です。そしてお母さんの頑張りと共に、赤ちゃんは誕生します。

しかし、赤ちゃんが産まれてもまだ安心してはいけません。出産後、10分もすると胎盤が剥がれてきますので、今度は胎盤を体の外に出さなければなりません。この時、胎盤が剥がれる痛みを感じますが、赤ちゃんが出てくる痛みと比べれば軽い方なので安心しましょう。赤ちゃんと胎盤が無事出てきたら、出産終了です。

初めての出産を控えている人にとっては、「もし途中で何かトラブルが起きたら?」「赤ちゃんに何か異常があったら?」と心配や怖い気持ちでいっぱいだと思いますが、赤ちゃんも外に出て生きようと一生懸命頑張っていますので、赤ちゃんと出会えるのを楽しみに、出産を乗り切りましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ