- 年子育児のメリットを知ってほしい!長い目で見たおすすめ点 | MARCH(マーチ)

年子育児のメリットを知ってほしい!長い目で見たおすすめ点

2015/12/02

妊婦さんと小さい子供
年子と聞くと、「双子並みに大変そう」とか言われそうですが、長い目で見ると、ママは大変な部分も多い反面、楽できる部分も多いのではないかなと思います。

実は、私は計画的に年子にしましたが予想以上に育児がしやすかったと感じていますので、二人一気に育てられる「年子育児」のメリットについてご紹介したいと思います。

まずママの体をチェック!年子妊娠には体調管理が大切

診察中の女性
1人目を産んだあと数ヶ月で年子にするかどうかの判断はしなければなりません。若いうちは産後の回復も早いかもしれませんが、体の調子の戻りは個人差があります。

1ヶ月検診をめどに次のような症状についてチェックしておき、気になることは遠慮せずドクターに質問し、診てもらいましょう。

  • 悪露が終わり、子宮が回復しているか
  • 会陰切開の傷口の治り具合はどうか
  • 乳房や脇のリンパの腫れる乳腺炎になっていないか
  • 出産時の骨盤や筋肉の疲労からくる排尿障害は大丈夫か
  • 出産時のいきみでの切れ痔、脱肛の処置について問題はないか

また、産後何ヶ月か生理が来ないかもしれませんが、排卵はありますので妊娠することは可能です。

年子ということは立て続けの妊娠、出産となりますので、まずはママの体と心が元気かどうかという所が判断材料になります。ホルモンのバランスが乱れて体が不調だったり、赤ちゃんの世話が苦痛なようでしたら無理はやめておきましょう。

パパが家事や育児に積極的かどうか、ママを応援してくれているかどうかも大切です。育児を楽しんでくれているようならまず前向きに考えても大丈夫です。

心配しないで!二人一気に育ってくれる年子育児はメリットが沢山

ママと子供の食事の風景
上の子が1歳でまだまだ赤ちゃんぽいところに、次の赤ちゃんが生まれるのは結構大変そう…と周りが心配してくれるということが、とてもありがたく助かるところです。

何かと両親も気にかけてくれる場合が多いと思いますので、そこはうまく甘えながら子育てしましょう。保育園や幼稚園に入るまでが少し大変なだけであとはホントに楽だと感じれると思います。沢山あるメリットをあげてみますね。

年子育児のメリット

  • 最大のメリットは、育児期間の短さ!
  • 上の子の赤ちゃんがえりがほとんど無い
  • 上の子も赤ちゃんと思えばイライラすることもない
  • ベビー用品が一緒に使える
  • 年が近いので一緒に遊んでくれてママは楽できる
  • 保育園に二人入園すると下の子が半額になったりなどの特典も
  • 園、学校行事にまとめて出向くことができる
  • PTAの役員も二人だけど一人分で済む
  • パパ、両親など周囲の協力を得やすい
  • ママが早く子育てを卒業し、夫婦の時間を早く取り戻せる

年子育児の最大のメリットは、育児期間の短さ!

年子って育児が難しくない?一度にお金がかかりそう…イライラしそうなど、疑問が次々湧いてきますよね。なぜ年子を選択するのかは、ママが何を優先するかだと思います。年子育児の大きな特徴は、育児期間が短いことです。

育児期間が短いと、早く育児から卒業できるため若いうちにママ自身が新たなチャレンジがしやすくなります。子供にいつまでも手がかかると、どうしても子供中心の生活で自分の時間がフルに生かせません。

ですので、早い時期に一人の女性としてフルに再スタートをしたいママには「年子育児」がお勧めなんです。

子供の年齢差があけばあくほど育児期間は長くなります。私自身は3人きょうだいで一番上です。一番下の弟とは6年差があります。母親が6年間もずっと保育園の送迎をしていたのを考えると、子育ては一気に済ましたい思いがありました。

きょうだい間での関わり方についても、真ん中の妹とは4年あいていたため一緒に遊ぶという感じではありませんでした。まして6年下の弟に至っては一緒に遊んだ記憶はほとんどありません。

年の近いきょうだいは、何かと共通した話題も多いものです。学校に行く頃になるとお世話になる先生も友人関係もお互いよく見えますし、親も子供たち二人からの話が聞けて様子がよくわかって安心です。

上の子の赤ちゃんがえりがほとんど無い

 
二人目の出産の時、上の子は1歳と数ヶ月です。まだまだ赤ちゃんで、状況がよく理解できず、赤ちゃんがえりするところまで成長していないと思いますので赤ちゃん返りがほとんど無いと言えます。

もし、赤ちゃん返りをしてしまったり、してしまうかも…と気になるようでしたら、1年位は、常に上の子の気持ちを優先させて子育てしてあげるといいと思います。

上の子も赤ちゃんと思えばイライラすることもない

 
下の子を世話している時に上の子のことで手をわずらわされたら、上の子供もまだまだまだ下の子と同じレベルの赤ちゃんなのだから仕方ないよね…と考えてあげましょう。

まだまだ生意気な口をきいたり、物にあたったりなどという動きもありませんので、可愛いものと思ってあげてみてくださいね。

ベビー用品が一緒に使える

年子だとベビー服もベビー用品も、男女の色柄さえ目をつむれば問題なく使いまわせます。意外と出費がかさむ用品類が一緒の時期に使えるというのはとても魅力的ですよね。

間が4年も5年も空いたりすると、黄ばみや汚れが目立ってしまい新しいものに買い換えたり…となってしまいますが、年子は足りないものを買い足す感じでやり過ごせますのでとても経済的と言えます。

この先にはもう子供を授かることは考えないとなれば、一気に処分もできるので、家の中に次の出産までにすっと用品を置いておかなければならないということがないため、早い時期に処分したり人に譲ったりできます。

年が近いので一緒に遊んでくれてママは楽できる

下の子が遊べるようになると、上の子と年齢が近いので楽しく一緒に遊べます。同じおもちゃでも十分に楽しめます。

お絵かきだって一緒、見るアニメ番組も一緒となる場合が多いですし、遊ぶ近所のお友達も共通のお友達となるでしょう。

ママは二人バラバラの子守でなく、まとめて子守ができてとても楽と感じられるはずです。

また、トイレトレーニングなどを早くしてくれるようになるかもしれません。上の子がやっているのを見て、勝手にトイレをするようになったという話も聞きました。また、箸やスプーンの持ち方なども上の子がするのを見よう見まねでしてくれるので、ママは上の子にだけ教えるか、一緒にまとめて教えるというだけでOKとなる場合もありますよ!

保育園に2人通園すると、下の子の授業料が安くなる場合も!!!

保育園や幼稚園に入園する時は、もちろん二人同じ所をお勧めします。というのは、二人ともが同じ園に通う事で色々な補助が出たり、授業料が”半額”になったりなどがあるからです。

事前に市役所や園に聞いて調べてみるといいですね。そういった特典を最大限に利用できるのも、年子育児のメリットです。

また私立の幼稚園の場合、”私立幼稚園就園奨励費補助金”という制度を取り入れている市町村も多いです。お住まいの地域性によっても違いますし所得制限もあるので全てのお子さんが対象ではないのですが、場合によってはかなりの戻りがあるのでこちらについても調べておくことをお勧めします。

園、学校行事にまとめて出向くことができる

入園、入学、参観、懇談、運動会に音楽会などの園行事や学校行事にはできる限り参加したいものです。年子は何かと一度で済みます。

幼稚園年長と小1、小6と中1、中3と高1のタイミングでは、二箇所に出ないといけませんが、その他は同じ学校内で済みます。ただし、高校は別々になるかもしれませんね。

在園や在学期間をまとめて考えられる!PTAの役員もほぼ一人分と同じ感覚

園や学校に通う年数が、二人なのに幼稚園なら2年(3年)+1年、小学校なら6年+1年、中学は3年+1年というように最短で済みます。年があけばあくほど、園や学校に関わり続ける期間が長くなるので、一体いつまで続くのー…という悩みが少ないです。

また、PTAの役員選出に関わる機会も、子供の年齢差があるより回数が少なく済んで楽なんです。これって特にお仕事を持たてれいるママには嬉しいことではないでしょうか。

パパ、両親など周囲の協力を得やすい

「年子は大変」とみんな思ってくれているので、協力を頼みやすいです。また金銭面でも大変そうに見えるのか、両親が気を使ってくれることがあります。甘えられるのであれば、しっかり甘えてちょっと楽をさせてもらいましょう。

育児にちょっと余裕が出てきたら、恩返しも忘れずにしたいものです。

ママが早く子育てを卒業し、自身の楽しみの時間や夫婦の時間を早く作れる

短期間で子育てが終わることから、ママは早い段階でおしゃれや自身の趣味を楽しむことができるようになります。もちろんキャリアをバリバリ積んでいくことも可能となります。

気持ちにも生活にも余裕が出来て、夫婦で食事に行ったり旅行に行ったりなど、子供抜きの大人の時間を若いうちから楽しめます。

一気に育児の大変な時期を終わらせて、夫婦水入らずの期間を長くしたいという方には、早めの出産+年子育児が向いていると言えます。

ただし、年子育児はママだけではやっぱり大変!乗り越えるコツ

親子3人でお出かけ
沢山のメリットを紹介してきましたが、年子育児はママ一人で乗り越えるのはとても大変な部分も多いです。

一番困るのは、二人を連れての買い物や、病院などの外出です。買い物は、ネットショッピングを利用したり、パパと一緒に出かけ1週間分まとめ買いをしたりして、お散歩や公園以外は、なるべく出かけないで済むようにするなどの工夫がいります。

大体1~2年くらいがもっとも辛抱をしなくてはならない期間でしょうか。そこで、私自身も直面した”年子育児を乗り越えるちょっとしたコツ”をご紹介します。

賛否両論あるハーネス(迷子ひも)は、使ったほうが安心

出かけるときベビーカーを押すと両手がふさがります。下の子をベビーカーに乗せ、上の子を一人歩かせることになるわけです。気をつけて見ていても車道へ飛び出しはしないかと心配です。

「ハーネス」いわゆる迷子ひもを使いたいっ!と切実に思うかもしれませんね。でも、世間的には、「犬じゃないんだから」とか、「ひもで繋ぐなんて虐待だ」など、昔はなかった育児グッズだけに批判的な意見も多いのは事実です。ママが世間の冷たい批判に耐えられるかどうかが問題となります。

実は私はその頃、まだハーネスがポピュラーじゃない時代で存在を知りませんでした。でも一度だけ私が使っていた小さなポシェットを上の子に付けて、ショルダー紐をベビーカーにつないで買い物に出たことがあります。

お出かけ中、車道で「ヒヤッ」とした経験から考え出したことでした。でも実際に歩いてみると、どうも悪いことをしているような気持ちになってしまい帰りは外してしまいました。

これは気持ちの問題なんだなと思います。子供の安全には変えられませんので年子を連れ歩く場合ハーネスの必要性は高いと思います。

上の子に寂しい思いをさせない、プチママお願い作戦

上の子の性格にもよりますが年子の場合、赤ちゃんがえりせず赤ちゃん誕生を素直に受け止めてくれるようです。周りからの声かけがとても大切で、それによってある程度上の子の感情をコントロールできます。

赤ちゃんは、”可愛い””小さい””弱い”から守ってあげてね!と教えます。

ママがオムツを替えるときやミルクをあげる時も、上の子に「一緒に手伝って」「ママを助けて」と、上の子を頼りにして、お手伝いをしてもらったあとは「偉いね」「助かったよありがとう」などと褒めてあげましょう。

実際にできることとしては、ミルクをあげる時に哺乳瓶を持たせたり、一緒に子守唄を歌わせたりすることです。そのうちに、赤ちゃんのことを大事に思うようになります。

よくありがちな、嫉妬から下の子を叩いたり、つねったりという事はしないはずです。

下の子が泣きだして、ママが一人でよしよしすると上の子は寂しく感じますし、嫉妬も芽生えます。

そんな時は「どうして泣いているのかな。ミルクかなオムツかなどう思う?」と上の子に声をかけながら下の子をあやしてみてください。上の子の頭の中は「どうして泣いてるの?」の答えを考えることでいっぱいいっぱいになるので、ヤキモチは出てきません。

座れるようになったら、二人共テーブルチェアを使っての食事が断然楽!

下の子も座って食事ができるようになったら、二人共コンパクトなテーブルチェアを利用しましょう!3歳くらいまで使えます。

ピッタリ体が収まりずり落ちることもありません。折りたたんで持ち運びできるものもあります。これはしっかりしたテーブルなら外食時の使用もできます。

テーブルにドッキングさせて子供たちを座らせたら、胸には食べこぼしポケット付きエプロン、床には新聞紙をセットしてスタンバイ。こうしておけば、撒き散らし食べこぼしも怖くありません。できなくても自分で食べる楽しみを体験させてあげましょう。

ママも座ったまま介助ができるのでとても楽です。テーブルにかかる二人分の体重バランスだけ気をつけてくださいね。

同時に甘えてきたり、ママの取り合いは公平に「じゅんばんこ」

「二人同時に」はよくあることですが一方に偏るのはよくありません。上の子に「我慢してね」は可哀想です。

何かわかりやすいルールや決めゼリフがあるといいですね。例えば、必ず「じゅんばんこね」と言ってから、一人ずつ相手します。

「じゅんばんこ」と言われたら、後先が交互でもちゃんとママは自分の事も見てくれたり聞いてくれたりしてくれるという確信を持つことが出来ます。そうすれば、おとなしく待ってくれるようになりますよ。

どっちが先にするのかは、その都度交互にしてあげましょう。

余談ですが、「子供たちに公平に接する」ということは、結構大切なことなんです。子供にとって、公平、不公平は非常にわかりやすいルールで、公平は正しく不公平は間違っているという判断です。

親が公平に接しようとすることが、子供には「正しいことをしている親」と映り、正義感を育てることにつながります。(ドロシー・ロー・ノルト レイチャル・ハリス著の「子供が育つ魔法の言葉」の一節にも書かれていますので参考にしてみてくださいね。)

体力勝負と共に心配事も…それは出費に関する事です

育てるためのお金
ただしやはり気に留めておくべきことがあります。それはこれからの「教育」「進学」のことです。子供の教育にはお金がかかりますので、園や学校、そして習い事や塾などの教育費はやっぱり気になります。

年子なので、立て続けに大きな出費がある…と考えると憂鬱でないとは言えません。ただ、子供たちが学校を出てしまえば一息つけます。年子は、この教育の期間がネックとなります。

いっぺんに教育費が必要になる分期間は最短です。下の子が学校を出るまでの期間、ここが頑張りどころになりますね。

一気に子育て頑張るぞ!の気持ちでうまくいく「年子育児」

子供2人とママの幸せなイメージ
ちょっと大きくなってくると、年齢が近いためライバル心も芽生えるようです。出来た出来ないで競争になったり、きょうだいが褒められたら「よし、自分も!」と頑張ったり。

同じように二人一緒に育てても、性格や個性は全く違うきょうだいに成長するのは不思議なものです。でもそういった別々の成長をほぼ同時に見ていけるので楽しいと思います。

年子を育てるには、ママが「一気に子育てやるぞ!」という気持ちがあればうまくいきますよ。金銭面が心配かもしれませんが、年子だからこそ早くママが社会復帰を果たし収入を得ることもできるんです。

私たち女性は、「ママ、妻、嫁、私」と役割が沢山あって大変ですよね。一人の女性「私」としての生き方をしっかり早く取り戻せるのは、意外に楽な「年子育児」だとお分かりいただけたでしょうか。選択肢の一つとして参考になさってくださいね。

みんなのコメント
  • 無記名さんさん

    うちは年子で今家庭内戦争です。仕事に追われ、給料が追い付かず、親も両方が片親同士で育児には一切手伝いはありません。金銭的にも余裕がなくギリギリの切り詰めた状態です。長男(小6)が一才の娘を見てくれていて助かっています。

    ですが、この記事自体軽率だと思います。有り得ません。夢のような事を書いていますが、理想と現実は違います。
    家庭的にも、金銭的にも恵まれてる方オンリーの考え方ですね。

  • 無記名さんさん

    うちは小学高学年の年子がいますが、大変なのは幼いうちだけでしたね。赤ちゃんが泣けば上の子どもがよしよししてたり、オムツを持ってきてくれたり、時には換えてくれようとしてふんまみれになったり。勉強も上の子どもが教えてくれるので、上の子どもの復習と下の子どもの勉強にもなってます。計画的に年子にしたので、ある程度お金を貯めてからだったので、幼い頃は一時保育など利用して育児のストレスを減らすようにしてましたね。カツカツな生活したくないなら、それなりの計画は必要ですよ。何でも。

  • ぶたさん

    現在3歳と1歳で1歳半の男女の年子です。
    赤ちゃん返りは、直ぐにはしなかったけど、最近になっておっぱい赤ちゃん抱っことまさかの赤ちゃん返りをしています。
    下の子のおっぱいも卒業しているのに…

    上に子がいっぱい甘えたいときに、甘えが足りなかったのかと悩み今たくさん甘えたい下の子にも十分にあまえさせることができず後悔の日々です。
    一緒に仲良く遊ぶこともないですね

    しかも、上の子の1歳半検診の時に発達障害の疑いがありと診断を受けました。
    さっさと産んでしっかりと働こうと思っていましたが、療育や教室に無理のないゆとりある生活リズムを心がけているため、しっかりと働くは無理でした。

    その上、自身の鬱。

    年子の育児。
    自分で思っている通りにはならない。
    サポート体制と覚悟が必要と思います。

  • にゃんさん

    うちは4歳と早生まれの1歳と6ヶ月の子がいます。
    学年は2つ違いですが
    下2人は年子です。
    きっと、年子も上が女の子なら楽かもしれない。
    うちがそうですが1歳が女の子で6ヶ月が男の子で
    女の子は1歳でも母性があるので小さいお母さん!
    賢い上に物覚えも男の子より早い!
    我が家はまだ子供が小さいので金銭面では困っていませんが
    この先は厳しくなるのかな、、、
    でも、一気に可愛い時期の子を見ていられるから
    幸せですよ。

  • 育児疲れさん

    じゅんばんこが通用したことは一度もありません。一才と2才半の年子です。

  • ひなちゃんとはなちゃんママさん

    今、4歳なりたてと2歳9カ月の女の子の年子を育てています。計画的に産んだわけではないけれど、二人共に何をするにしても自然と引っ付いてるので結構楽が出来ますよ。お互いに24時間ずっと一緒にいるのが当たり前みたいです。ただ目がいくものが一緒だから玩具の取り合いのケンカが1日に何回もあるのがつらい😢🌊

  • まみさん

    不妊治療していたこともあり、排卵を無駄にしたくないと、治療せずできればいいなと産後子作りを開始したら、めでたく出来て年子を妊娠中です。なんだかこの記事は、周囲ありき、両親ありきで頼っちゃえ!っていう記事に受け取れるような…。自分の両親は他界していて、主人の両親は飛行機の距離の遠方。
    頼らずどうやってうまくやっていこうかな?と、年子育児の注意点などを検索していてこの記事が目に入り、金銭的には問題ないし、あとはどうやってうまく人手を行政などに借りようかと思っていた私としては、おおきな不安を感じずにはいられない記事でした。

あなたの一言もどうぞ