中国地方に子供とお出かけ!子連れに人気の遊園地やテーマパーク8つ

コメント0
2016/08/21

shutterstock_259852664

週末や長い休みなど、家族でおでかけを考えているのだけど、小さな子どもを連れて行っても楽しめる遊園地やテーマパークはどこかないかなぁ…。

東京ディズニーリゾートや大阪のユニバーサルスタジオジャパンなどの有名なテーマパークだと待ち時間が長く、ぐずりで疲れてしまうのではないかと心配…。などと考えられているご家族も多いですよね。

そんなご家族に中国地方への旅をお勧めします。中国地方には子どもを連れて行っても楽しめる穴場の遊園地・テーマパークもたくさんあります。

また、自然豊かな場所が多いので遊園地やテーマパークにお出かけした後に自然と触れ合うこともできます。

周辺の観光スポットと併せて、中国地方の遊園地・テーマパーク8つを紹介します。

※情報は日々変わります。行き先が決まったら、公式サイトや電話やメール等の問い合わせで最新情報の確認をしてください

【ヒルゼン高原センター・ジョイフルパーク(岡山)】は大自然の中

ヒルゼン高原センター・ジョイフルパーク(岡山)0819-1

ヒルゼンジョイフルパークは岡山県真庭市にあり、米子自動車道蒜山ICから約3㎞の場所に位置する蒜山高原(ひるぜんこうげん)の中の遊園地です。

ヒーローショーなども開催されることもあり、小さな子供達でも十分に楽しめるスポットです。

ジョイフルパークの周辺

ヒルゼンジョイフルパークがある国立公園「蒜山高原」は標高500mの場所にある自然豊かなリゾート地です。飼育されているジャージー牛の頭数は日本一でおいしい乳製品がたくさんありますよ。

手作りチーズフォンデュやジャージー牛のステーキを食べられるレストランのある「蒜山ジャージーランド」や乗馬体験のできる「蒜山ホースパーク」もあります。

ホースパークでは馬のえさやりもできるので、動物好きのお子様は楽しめますよ。

250種類のハーブがある「ハーブガーデン ハービル」。環境庁の名水百選指定の泉「塩釜冷泉」は夏場なのに冷たい水にびっくりさせられます。

休暇村「蒜山高原」は温泉も併設されているので、宿泊してのんびり蒜山高原を満喫することもできますよ。

夏場は涼しいので遊園地と併せて蒜山高原へのお出かけをお勧めします。

ジョイフルパークのおすすめポイント

ジョイフルパークは大自然の中にあり、小さなお子様が乗れる乗り物から迫力のある乗り物までたくさんのアトラクションが楽しめます。

バルーンステージではヒーローショーやワンワンショーなどイベント満載

土日や祝祭日は仮面ライダーや戦隊モノ、プリキュア、ワンワンショーなど、見て楽しめるイベントが開催されていることがあります。公式サイトで行きたいイベントをチェックしててお出かけしてみて下さいね。

小さなこども向けのものからスリル満点のものまでアトラクション充実

小さな子供向けのごきげんアンパンマンやウォーターショット。スリルあるジェットコースターやゴーカード・急流すべり。ミステリーゾーンなどのアトラクションも充実しています。幼児や小学生のご兄弟がいるご家族も退屈しませんよ。

ほとんどの乗り物が少しの待ち時間で乗れる

少しの待ち時間で乗り物が乗れるので、フリーパスだと気に入った乗り物に何度でも乗れて、子どもたちはご機嫌です。

蒜山高原センターのレストランやショップで堪能できるご当地グルメ

ジョイフルパークと併設されている蒜山高原センターのレストランでは、「蒜山おこわ」や「ひるぜん焼きそば」「蒜山そば」などが堪能できます。お土産もたくさん揃っています。

ひるぜん花の森は季節の花がたくさん!ゆっくり散歩も!

遊園地の中にある花の森は季節の花がたくさん!子どもがパパと遊園地で遊んでいる間、ゆっくりお散歩するのも良いですね。

私も何度かジョイフルパークには子どもと一緒に出掛けました。

小さなの子どもの乗れるものはそんなにないだろうと思って入場券で中に入ったのですが、小さな子ども向けの乗り物も多くあり、途中でフリーパスに変更しました。

小さな子ども連れのご家族にはおすすめのスポットです。

ヒルゼン高原センター・ジョイフルパーク0819-3

【 ヒルゼン高原センター・ジョイフルパーク 】

  • 公式サイトURL:http://www.hkcenter.co.jp/
  • 住所:〒717-0602 岡山県真庭市蒜山上福田1205-197
  • 電話番号:0867-66-3600
  • 営業時間:9:00 ~ 17:00
    ※最終入館時間:16:00
  • 休館日:施設整備・点検のため臨時休館日があり
  • 料金:
    【入園料】
    ・一般(中学生以上)600円
    ・シニア(65歳以上)400円
    ・子ども(3歳以上) 400円
    ・3歳未満 無料
    【フリーパス】
    ・一般(中学生以上)3000円
    ・子ども・シニア 2500円
    ・3歳未満 無料
  • おむつ交換所・授乳室:あり
  • ベビーカーの貸し出し:あり
    ※ベビーカーの貸し出し有料(1台 300円)
  • 飲食施設:あり

【美川ムーバレー(山口)】岩国市の地底王国で謎解き体験!

美川ムーバレーは山口県岩国市あり、山陽道岩国ICまたは玖珂ICと中国道六日市ICの間に位置しています。

美川ムーバレーは鉱山跡地を利用して作られたテーマパークです。

洞窟の中で謎解きをしながら宝探し体験などができるので子供も大人も夢中になれますよ。

美川ムーバレーの周辺

岩国市と言えば日本を代表する木造橋の錦帯橋がありますよね。春はお花見で多くの人が訪れます。

8月には「錦川水の祭典花火大会」があり8000発もの花火が打ち上げられます。秋の紅葉シーズンも見ものですよ。

また、「ムーバレー」近くには「とことこトレイン」という観光用のトロッコ列車が清流線錦町駅からそうづ峡温泉駅まで運行されています。

光る蛍光石で装飾がされたトンネル「きらきら夢トンネル」の中に入ると幻想的な空間が広がっています。

6㎞の距離を時速10㎞でゆっくり走る電車は他にはなく、錦町駅はムーバレーから最寄りの清流線根笠駅から3駅の場所にあるので利用してみるのも良いですね。

とことこトレインを利用したい場合は3日前までに錦川鉄道株式会社公式サイトから予約してくださいね。

とことこトレイン0619-4

・錦川鉄道株式会社公式サイト…http://nishikigawa.com/tokotoko1.php

美川ムーバレーには宿泊施設「山ほたる」が併設されていて、宿泊もできますし、日帰り入浴も楽しめます。

美川ムーバレーのおすすめポイント

美川ムーバレーはムー大陸をイメージした神殿や湖などのゾーンが迷路になっており、謎を解きながら洞窟内を巡っていきます。

期待せずにでかけると良い意味で完全に裏切られますよ。

本格的な冒険気分を味わえる!

ミッションを受けて謎を解く、家族でワクワクしながら冒険気分を味わえます。少しこわがりなお子様だと難易度は高いかもしれませんね。パパの方が本気で楽しんじゃったりなんてこともありそうです。

洞窟内なので涼しい!雨の心配をしなくても良い!

夏でも上着一枚いるくらいヒンヤリしています。洞窟内なので天気を気にせず楽しめます。

砂金堀体験もできる!

砂金堀体験や天然石堀体験など採掘体験もできて冒険気分がますます盛り上がりますよ。

※平坦な道が多いためベビーカーの使用も可能ですが、一部ベビーカーを持ち上げなければ通れない場所もあります。

謎を解きながら洞窟めぐるので所要時間は1時間から3時間くらい見ておいたほうが良さそうです。洞窟内は滑りやすいので滑りにくい運動靴などをはいて出かけてくださいね。

冒険好きの大人も子供も楽しめるのでリピーターも多いみたいですよ。暑い日などは洞窟で涼みながら楽しめる場所です。

美川ムーバレー0619-5

【 美川ムーバレー 】

  • 公式サイトURL:http://www.muvalley.com/
  • 住所:〒740-0505 山口県岩国市美川町根笠1564-1
  • 電話番号:0827-77-0111
  • 営業時間:9:30~17:00
    (閉国18:00。探検の所要時間:約60分~120分)
  • 季節により変動する場合があり。
  • 定休日:水曜日 GW・春休み・夏休みは無休
  • 料金:
    ・一般(中学生以上)1450円
    ・子ども(4歳~小学生 950円
    ・4歳未満 無料
    砂金採り体験(制限時間30分)700円
    天然石堀体験(制限時間20分)700円
  • おむつ交換所・授乳室:なし
  • ベビーカーの貸し出し:なし
  • 飲食施設:あり

【おもちゃ王国(岡山)】は雨の日でも遊べるスポット

「おもちゃ王国」は全国5か所に展開されているおもちゃのテーマパークです。

岡山県にある「おもちゃ王国」は玉野市にあり、児島ICから約15kmの場所にあります。

遊園地という枠にとらわれず、『遊び』を通して子どもの成長や親子の生活を支援する活動もしているようです。

小さな子ども向けの乗り物が多く、雨の場合も屋根付きのゾーンもあるので遊べるのも魅力の一つですね。

乳幼児連れのご家族にはおすすめしたいスポットです。

おもちゃ王国の周辺

おもちゃ王国のある玉野市は岡山市の最南部にある瀬戸内海沿岸に位置しています。

白砂青松の海岸線のある日本の渚百選、快水浴場百選にも選ばれた「渋川海水浴場」もあり、マリンスポーツも盛んです。

周辺の施設では海水浴場のすぐ近くの「渋川マリン水族館」があり、
「渋川動物公園」もあるので動物園とセットでお出かけしてみるのも良いかもしれません

おもちゃ王国のおすすめポイント

おもちゃ王国はどちらというと小学校低学年までの小さな子どもをターゲットに作られているテーマパークです。休日は乳幼児連れのご家族でにぎわう人気のスポットです。

小さな子供が乗れる乗り物がたくさん!

0歳から楽しめる「レッツゴートーマス」やぞうさんとお空をお散歩できる「スカイメリー」など小さなお子様が乗れる乗り物がいっぱいあります。遊園地は限られたスペースでしか遊べなかったりしますが、おもちゃ王国では保護者と一緒ならほとんどの乗り物に乗れるのがう嬉しいですよね

乗り物に乗れなくても噴水広場や砂場でも遊べるので飽きない!

ご家族で出かけたときに小さな子供だけ自分だけ何もできなくてぐずってしまうこともありますよね。乗り物はちょっと怖いというお子様も噴水広場や砂場でも遊べるので安心ですよ。

子どもの喜ぶステージイベントも!

毎週火曜日以外は「しまじろう」のステージもあります。「おもちゃ王国の王様や仲間たちと遊ぼう!」は毎日、開催されています。また、その月に生まれた子の誕生日を祝ってくれる「お誕生会イベント」もあるので、お誕生月には是非お子様を連れて行ってあげてくださいね。

雨が降っても室内遊具で遊べる「おもちゃパビリオン」!

遊園地に行く場合、どうしても天候が気になりますよね。「おもちゃパビリオン」は屋内エリアなので雨が降っても楽しめますよ。「トミカ・プラレールランド」や「リカちゃんハウス」「ままごとハウス」などがあり、小さな子供、男の子、女の子もみんな楽しめます。

おもちゃ王国0619-6

【 おもちゃ王国 】

  • 公式サイトURL:http://www.omochaoukoku.co.jp/index.php
  • 住所:〒706-0153 岡山県玉野市滝1640-1
  • 電話番号:0863-71-4488
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:毎週火曜日(ただし、祝日、GW、春休み、夏休み、冬休み期間中は営業)冬季メンテナンス休園あり
  • 料金:
    【入園料】
    ・一般(中学生以上)800円
    ・子ども(2歳以上) 600円
    ・2歳未満 無料
    【フリーパス】
    ・一般(中学生以上)2600円
    ・子ども(2歳以上) 2400円
    ・2歳未満 無料
  • おむつ交換所・授乳室:あり
  • ベビーカーの貸し出し:あり
  • 飲食施設:あり

【みろくの里(広島)】温泉・プール・遊園地!三世代テーマパーク

みろくの里は広島県福山市にあり福山西ICから約20分の場所にあるテーマパークです。夏にはプール、冬にはウィンターイルミネーションなどで楽しめます。

温泉施設や昭和を再現した「いつか来た道」などもあるのでおじいちゃんやおばあちゃんも一緒に行っても楽しめますよ。

みろくの里の周辺

みろくの里から車で30分ほど行ったところにある「鞆の浦」は昔は港町として栄えていて、今も古い町並みが並んでいます。おいしい海鮮を食べることができますよ。

大豆のにおいがしっかり残っているお豆腐屋さんもあります。

鞆の浦から船で5分、日本で最初の瀬戸内海国立公園に 指定された仙酔島で作られた天然塩で食べると豆腐の美味しさが増します。お土産に買って帰るのもお勧めですよ。

車で1時間ほど行くと福山城があります。天守閣が博物館になっていて秋には菊花展も開催されます。桜の季節に行っても良さそうですね。

みろくの里のおすすめポイント

みろくの里は2016年春よりリニューアルオープンされています。

「みろくの里ドキドキ工向上委員会」が設置されてスタッフの方々が日夜構想されているようです。これから、ますます素敵なテーマパークになりそうですよ。

遊園地だけでなく夏場はプールが充実!

プールには全長20mのエアー型スライダー「スライドTheパーク」、半球型トランポリンプール「シャワードーム」、3種類の「ウォータースライダー」定形型の大プール、小さな子供用の「キディプール」などがあります。

大人にうれしい温泉施設

温泉なのにノスタルジックな街並みが現れて不思議な感覚になります。露天風呂、ラドンの湯、サウナ、薬湯など温泉の種類も豊富です。遊園地と併設されているので温泉に浸かってkらゆっくり岐路につくのも良いですね。

昭和30年代の街並みを再現したレトロな『いつか来た道』

『いつか来た道』は昭和30年代の街並みを再現したスポットがあり、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に行けば喜ばれそうですね。駄菓子屋や食堂街は実際に買い物したり食べたりもできます。

西日本最大級の迷路アトラクション「カード迷路ぐるり森大冒険」

2016年7月16日にオープンした「カード迷路ぐるり森大冒険」。迷路に隠されたゲームや謎解きをクリアすると「ぐるりカード」が手に入ります。最後はカードバトル!バトルに勝つとオリジナルグッズをゲットできますよ。

体を使って遊べるアスレチックパークも!

アスレチックパークは3つのエリアで構成されています。大自然を舞台に8種類の遊具が備えられたアスレチックゾーンでは思う存分体を動かして遊べますよ。ウォータゾーンではボート漕ぎ、ふれあいゾーンでは半放し飼いのニワトリのえさやりもできます。

三世代テーマパーク「みろくの里」0619-7

【 三世代テーマパーク「みろくの里」 】

  • 公式サイトURL:http://www.mirokunosato.com/
  • 住所:〒720-0543 広島県福山市藤江町638-1
  • 電話番号:084-988-0001
  • 営業時間:10:00~17:00 季節により変動あり
  • 定休日:無休(冬季の平日は遊具運休)
  • 料金:
    【遊園地+いつか来た道入園料】
    ・ 一般(中学生以上)800円
    ・子ども(3歳以上) 500円
    ・3歳未満 無料
    【フリーパス 入園券+乗り物19機種】
    ・ 一般(中学生以上)2900円
    ・子ども(3歳以上)2600円
    ・3歳未満 無料
    【スマイルパス 入園券+乗り物12機種】
    ・一般(中学生以上)2300円
    ・子ども(3歳以上) 2000円
    ・3歳未満 無料
  • おむつ交換所・授乳室:あり
  • ベビーカーの貸し出し:あり 1台300円
    ※保証料として1,000円支払い返却時に返金
  • 飲食施設:あり

※スマイルパスで乗れない乗り物はみろくの里公式サイトに掲載されています。
※温泉施設の利用は別料金になっています。みろくの里公式サイトをご確認ください。

【水木しげるロード(鳥取)】鬼太郎や猫娘に会おう!

水木しげるロード0819-2

水木しげるロードは水木しげるの出身地の鳥取県境港市にあります。JR境港駅を下車するとすぐに妖怪のブロンズ像が多数並べられている道路に遭遇します。

道路沿いにはゲゲゲの鬼太郎をテーマにしたショップがずらりと並んでいます。道を歩いていると鬼太郎や猫娘、ねずみ男など様々な妖怪が歩いていて一緒に写真を撮ることもできますよ。

水木しげるロードの周辺

JR米子(よなご)駅から境港駅まで「鬼太郎列車」が運航されています。水木しげるロードに行く際は利用してみて下さいね。

水木しげるロードのある境港市は日本海に面した港町です。

水木しげるロードから2㎞ほど「境港水産物直売センター」があり、新鮮な魚介がたくさん並んでいます。

3.4㎞ほどのところにある西日本最大級の海産物専門店「境港さかなセンター」。

となりには「夢みなとタワー」があり夏祭りやお化け屋敷、ロボットランドなどのイベントが開催されるのでおでかけ前にイベントをチェックしてみて下さいね。

水木しげるロードのおすすめポイント

妖怪ポストからはがきを出すと、妖怪の消印の着いたはがきが届いたり、妖怪プリクラや「妖怪神社」のおみくじなど、水木しげるロードではここでしかできないスポットがたくさんあります。スタンプラリーにも挑戦してみて下さいね!

鬼太郎や猫娘などたくさんの妖怪に会える!

道路を歩いていると鬼太郎、猫娘、ねずみ男、砂かけばばぁなど、見覚えのある妖怪たちが歩いてきます。声をかけると快く記念撮影にも応じてくれます。

妖怪スタンプラリーをして完走賞をもらおう!

水木しげるロードについたら「妖怪ガイドブック(1冊120円)」を購入します。水木しげるロード周辺にあるスタンプを、妖怪ガイドブックを見ながら探していきます。37個すべてのスタンプを集めると完走賞がもらえます。

妖怪のブロンズ像を見ながらお店巡り!

妖怪のブロンズ像は153体もあります。ブロンズ像が並んだ通りには妖怪を象ったパンを売っているベーカリー、目玉の親父の饅頭、鬼太郎焼(大判焼き)など境港でしか買えない鬼太郎グッズのお店がずらり並んでいます。

ゲゲゲの妖怪楽園で鬼太郎の家に入れる!

ゲゲゲの妖怪楽園は妖怪ラテ、深海ベニガニバーガー、楽園バーガーを食べられる「妖怪茶屋」や昔ながらのゲームが楽しめる「妖怪縁日小屋」などがあります。妖怪楽園広場には鬼太郎の家があり120㎝以下の子どもなら中に入ることができます。

水木しげるロード0619-8

【 水木しげるロード 】

  • 境港市観光協会公式サイトURL:http://www.sakaiminato.net/
  • 住所:〒684-0004 鳥取県境港市大正町215
  • 電話番号:0859-47-0121
  • 営業時間:終日開放。夜は妖怪街灯がライトアップされています。

水木しげる記念館0619-9

【 水木しげる記念館 】

  • 水木しげる記念館サイトURL:http://mizuki.sakaiminato.net/
  • 電話番号:0859-42-2171
  • 営業時間:9:30~17:00(夏季は18時)
    最終入館:閉館の30分前まで
  • 入館料:
    ・一般 700円
    ・中高生 500円
    ・小学生 300円
    ・幼児 無料

げげげの妖怪楽園0619-10

【 げげげの妖怪楽園 】

  • げげげの妖怪楽園サイトURL:http://yokairakuen.jp/
  • 営業時間 9:30~18:00(季節により変動有り) 
  • 定休日:無休(冬季の平日は遊具運休)
  • 料金:入園や撮影代は無料 
  • おむつ交換所・授乳室:なし
  • ベビーカーの貸し出し:なし
  • 飲食施設:あり

近くまで来たなら行ってみたいテーマパーク

近くまで来たからついでに寄ってみたい子どもが楽しめる場所もあります。

  • 広島市こども文化科学館
  • ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド
  • やまぐちフラワーランド

の3つのテーマパークを紹介します。

広島市こども文化科学館

平和公園など広島市内を観光した後、もう少し子供を遊ばせたいななんて思ったときは、広島の中心部にある「広島市こども文化科学館」に行ってみてはいかがでしょうか?

科学を実体験することでお子様の知りたい気持ちを満足させるこができますよ。有料のプラネタリウムもありますが、入館無料とは思えないほど充実した施設です。

広島市こども文化科学館0619-11

【 広島市こども文化科学館 】

  • 公式サイトURL:http://www.pyonta.city.hiroshima.jp/
  • 住所:〒730-0011 広島市中区基町5番83号
  • 電話番号:082-222-5346
  • 営業時間:9時~17時
  • 定休日:毎週月曜日・祝日の翌日12月29日から1月3日まで。但し12月29日から1月3日までを除く土日、祝日は開館し、翌日以降をその代休日。
  • 料金:入館無料
    ただし、プラネタリウムは有料
    ・中学生以下 無料
    ・高校生 250円
    ・大人510円
    ・シニア(65歳以上)250円 
  • おむつ交換所・授乳室:おむつ替えスペースあり、授乳室なし
  • ベビーカーの貸し出し:なし
  • 飲食施設:なし

ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド

鷲羽山ハイランドは岡山県倉敷市にあり、児島ICから車で1分で行くことができます。

倉敷市には白壁の街並みの美観地区や西欧の近代絵画と彫刻を合わせ約140点を常時陳列してある大原美術館などがあります。

倉敷駅北口には「三井アウトレットパーク」があり、隣接している「イトーヨーカドー」には子供達に人気のある「トーマスランド」もありますよ。

倉敷観光のついでにブラジルをイメージした珍しいテーマパーク「鷲羽山ハイランド」で遊んでみては下さいね。

鷲羽山ハイランドは絶叫系の乗り物が多いので小学生以上のお子様の方が良いかもしれません。スパイラルスライダープール(期間限定)もフリーパスで利用できます。

ふれあい動物園などの期間限定イベントなども開催されるので、イベント情報をチェックしてから出かけることをお勧めします。

ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド0619-12

【 ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド 】

  • 公式サイトURL:http://www.w-highland.co.jp/
  • 住所:〒711-0926 岡山県 倉敷市下津井吹上303−1
  • 電話番号:086-473-5111
  • 営業時間:平日10時~17時
    土日・祝日・GW・夏休み10時~18時または19時
    (季節により変動あるためHPより確認してください)
  • 定休日:なし
  • 入国+フリーパス料金:
    ・大人 2800円(中学生以上)
    ・小学生 2200円
    ・幼児 1700円(3歳以上)
    ・シニア 1000円(50歳以上)
    ・熟年 500円(60歳以上)
    ・乳幼児 無料(2歳以下)
  • おむつ交換所・授乳室:あり
  • ベビーカーの貸し出し:あり
  • 飲食施設:あり

やまぐちフラワーランド

やまぐちフラワーランドは山口県柳井市にあり、10万種200品種の季節ごとの花が楽しめるテーマパークです。休日は子ども連れの家族で賑わいます。

自由広場や水辺の冒険広場、里山冒険広場で思う存分遊べますよ。里山冒険広場には約10種類の遊びが楽しめる大型遊具も置いてあります。

お花を乗せて回る観覧車「花くるりん」はフラワーランドのシンボルで園内のどこからも見ることができます。

フラワーパークから400mほど行ったところにある「柳井ウェルネスパーク」たくさんの遊具が置いてあるので併せて訪れても良いですね。

岩国市の錦帯橋や岩国城からもアクセス良好なので、観光のついでに寄ってみて下さいね。

やまぐちフラワーランド0619-13

【 やまぐちフラワーランド 】

  • 公式サイトURL:http://www.flowerland.or.jp/
  • 住所:〒742-8787 山口県柳井市新庄500-1 
  • 電話番号:0820-24-1187
  • 営業時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
  • 定休日:毎週木曜日(12月27日~12月31日)
  • 料金:
    ・大人 500円(高校生以上)
    ・小中学生 250円
    ・小学生未満 無料
  • おむつ交換所・授乳室:あり
  • ベビーカーの貸し出し:あり
  • 飲食施設:あり

        

テーマパークをプランに入れて家族みんなで楽しめる旅行を!

小さなころに行ったことがある遊園地…。きっと、大したことないだろうと思って覗いてみるとそれぞれに個性豊かな特徴を持った楽しいテーマパークになっていることもありますよね。

また、子供が産まれる前と後ではテーマパークに行くイメージもずいぶん違ってきます。

子供向けのテーマパークですが、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に楽しめる工夫がされた場所も増えています。

中国地方への旅行など考えられている方はぜひ子どもの喜ぶ楽しいテーマパークも予定に組み込んでみて下さいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ