天体観測ができる宿!本物の天体望遠鏡に触れられる旅館&ホテル

2015/12/09

天体観測する家族
最近、日本人宇宙飛行士の活躍も目覚ましく、宇宙への関心が高まっています。スーパームーンや皆既月食などの天体ショーもニュースで取り上げられ、話題になっていますよね。

子どもと一緒に天体観測デビューをしたい!と思っても、都会ではなかなか星空が見えません。また、小さな子どもを連れて大荷物を抱え、夜間観測に出かけるのは大変ですよね。

そこで、天体観測ができるホテルやお宿がおススメなのです。全国には、なんとプライベートの天文台を持っているお宿があるんですよ。天体好きが集まるお宿で、子どもと一緒に天体デビューしてみませんか。

子どもには本物を見せてあげたい!天体観測ができるお宿

せっかくなら子どもには本物の天体望遠鏡を見せてあげたいけれど、家では買えないし幼児連れで深夜の外出は難しい…そんなときは、天体観測ができちゃうお宿に泊まってみませんか。

1.【清里高原ホテル】山梨県にある天空のホテルで天体観測

清里高原ホテルは、山梨県の八ヶ岳山麓にある高原リゾートホテルです。八ヶ岳の周辺は、国内でも大変人気の高い天体観測地で、多くの人が星空を眺めるために訪れます。

ホテルの4階に天文台があり、天気が良ければ星空観察会を毎日開催しています。夜間野外に歩いていく必要がないので、小さな子どもや赤ちゃん連れのファミリー、妊婦さんにはとても嬉しいですね。

国定公園ならではの、深い闇に浮かぶ満点の星空が眺められますよ。宿泊客は参加無料です。入場時間は第1回が午後8時からで、30分ごとに行われ、最終回が午後9時半となっています。予約制ではありません。

四季折々の星が楽しめて、そのシーズンの星を眺める観察会も行われます。今どの星が見られるかは、公式サイトにある天文カレンダーでチェックしてみてくださいね。

天空の楽園 清里高原ホテル
http://kiyosato.izumigo.co.jp/observatory/index.html
住所:山梨県北杜市高根町清里3545
電話:0551-20-8111

2.【ペンションスケッチブック】天体ファンも認める星のお宿!

ペンションスケッチブックも、山梨県の八ヶ岳山麓にあるペンションです。こちらのペンションは緑と花に囲まれた雄大な自然と、本格ドームで天体観測ができる点が人気のポイントです。

天体観測スポットとして人気が高い場所ですが、なかでも天体好きに人気のあるお宿です。個人経営の宿泊施設では全国でもトップクラスの規模という、天体観測の専門ペンションですよ。

双眼鏡も常備してあるので初めてトライする方も安心です。

巨大望遠鏡は準備が必要とのことなので、宿泊の予約をする際、かならず天体観測をしたい旨を伝えるようにしてくださいね。

誰もが聞いたことのあるアンドロメダ銀河も見えます。写真に興味があるパパママは、天体写真も撮れますよ。また、全天で2番目に明るい一等星、カノープスも長時間見ることができます。

星を全く知らない初心者から、星が大好きでたまらない!というマニアまで満足できるお宿です。個人経営なのでいろいろな自由がきく、という点も魅力の一つです。なんと天体合宿も行われるので、天文現象が起きる日は早めに予約が必要です。

ペンションスケッチブック
http://www.sketchbook.gr.jp/
住所:山梨県北杜市高根町清里3466‐238
電話:0551-48-3337

3.【星の宿白鳥座】青森県弘前市で、降るような星空を眺めよう

星野宿白鳥座は、青森県の”弘前市星と森のロマントピア”内にあるホテルです。白鳥座(はくちょう座)といえば、夏の夜空に羽ばたく大きな星座です。はくちょう座のデネブは、夏の大三角形の一角を担い、夏の夜空のナビゲーターとしても知られています。

このホテルの宿泊者は、ロマントピアに併設されている県内最大級の本格天文台「銀河」を無料で利用できます。深い森に囲まれた場所なので、驚くほどキレイな星空を見ることができます。

天文台の休館日は月曜日です。月曜祝日の場合は、翌日火曜日がお休みになります。入定は13時から22時まで、最終入館は21時30分になります。ただし天文現象がある場合は入館時間も延長されます。

曇ってしまった場合でも館内の展示物やDVDの映写などが楽しめます。またスタッフが常在しているので、子どもも楽しめるお話や説明が聞けますよ。初めての天体観測にオススメです。

お部屋では新型ピンホール式のプラネタリウムも貸出無料です。まさに星づくめの、天体好きにはたまらない星の宿です。

星の宿 白鳥座
http://www.romantopia.net/accomondations/guestrooms.html
住所:青森県弘前市大字水木在家字桜井113-2
電話:0172-84-2288

4.【ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩】惑星をこの目で見よう!

ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩は三重県にあるリゾートホテルです。このホテルは、駐車場に本格的な大型天体望遠鏡「天文館」があり、宿泊客は無料で利用することができます。

公式サイトでは天文館で見える星の天体写真を公開しています。木星の衛星や縞模様、土星の輪なども見えるようです。名前でしか知らなかった惑星の姿をこの目で見たら、感動しますよね。

悪天候の場合は閉館となります。事前にお天気をチェックしてお出かけください。また屋外なので、夏場の虫除け・冬場の防寒が必要になります。

営業時間は午後7時から午後9時までとなります。夏場は暗くなるのが遅いため、午後7時半からスタートします。景観の良い場所でもあり、家族旅行にオススメのスポットですよ。

ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩
http://www.miyakohotels.ne.jp/aquavilla/facilities/02.html/
住所:三重県志摩市大王町船越3238-1
電話:0599-73-0001

5.【ホテル アルティア鳥羽】リゾートホテルでロマンティックに!

ホテルアルティア鳥羽も、三重県鳥羽市にあるリゾートホテルです。フランスの街並みをイメージしたという美しいホテルで、リラクゼーションできる優雅なたたずまいが人気です。

ホテルの外観や周辺の景観だけでも十分ロマンティックですが、このお宿にも館内天体望遠鏡が設置されています。もちろん宿泊者は無料で利用できますよ。営業時間は午後8時半から午後9時20分までです。

ホテルの中庭、プールサイドに設置された天文台でさまざまな天体を手に取るように眺めることができます。鳥羽観光・リゾート滞在の際は、天体観測もできるお宿が魅力的ですね。

ホテル アルティア鳥羽
http://toba.izumigo.co.jp/facilities/astronomical_telescope.html
住所:三重県鳥羽市安楽島町1061-9
電話:0599-25-7711

6.【オーベルジュ アルビレオ天文台】料理と星が魅力のお宿

オーベルジュアルビレオ天文台は、雲海で話題の竹田城跡にもほどちかい兵庫県豊岡市の神鍋高原にあるお宿です。オーベルジュとは宿泊できるレストランという意味で、このお宿もフレンチ料理が大きな魅力になっています。

さらに天文台があり天体観測もできますよ。他にもスキーなどのアクティブティの拠点として人気が高く、子どもの一時預かりなども行っています。スキーや旅行のついでに星空を見たい!というファミリーにぴったりですね。

アルビレオは、はくちょう座のくちばしにあたる場所にある星です。ひとつの星に見えますが、実は二重星で、黄色い星と青い星が重なり合っているんですよ。宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」に登場する、アルビレオの観測所でも知られていますよね。

天体観測は冬季および悪天候の場合は見られないこともあります。予約は宿泊2日前までに入れるようにしてくださいね。天体観測希望の際は、宿泊予約時に伝えておくと良いですね。

オーベルジュ アルビレオ天文台
http://www.hotel-albireo.com/
住所:兵庫県豊岡市日高町山田147-1
電話:0796-45-1066

7.【南阿蘇ルナ天文台オーベルジュ森のアトリエ】九州の美味しい食事と星を堪能!

フレンチと星が楽しめるお宿は熊本県にもあります。阿蘇郡南阿蘇村にある、ルナ天文台オーベルジュ森のアトリエです。こちらのお宿は阿蘇山の裾野に位置するお宿で大自然を肌で感じることができます。

阿蘇山の火口からは離れているので、現在は安心して利用できますよ。また地産地消のフレンチが有名で、九州でもハイレベルな味覚を堪能することができます。

森のアトリエでも宿泊者は無料で天文台を利用できます。所要時間はだいたい50分で、いろいろな天体を観察しながら解説を楽しむことができますよ。小さな子どもでも夢中になれる内容です。

天候が思わしくない日は、寝転んで見られる珍しいプラネタリウムが見学できます。オーナー自ら説明してくれるので、充分楽しめます。星のコンシェルジュの話に惹きこまれてしまうのではないでしょうか。

毎日、夕食後午後8時半から星空散歩を行っています。公式サイトでは、天体写真ライブラリーや天文現象カレンダーも公開しています。九州の満天の星を観察しにお出かけしてみませんか。

南阿蘇ルナ天文台オーベルジュ 森のアトリエ
http://www.via.co.jp/
住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川1810
電話:0967-62-3006

子どもと宇宙に触れる、ロマンティックなひと時を過ごそう!

望遠鏡をのぞきこむ親子
どのお宿も星空がとてもきれいに見えるスポットにあります。普段都会で生活していると、埋め尽くす星空を見ることはなかなか難しいですよね。肉眼で夜空を眺めるだけでも価値がありますよ。

また、本格的な天体望遠鏡に触れることで、感動もひとしおです。子どもの頃に本物に触れることで、きっと心に大きな夢の種をまいてくれるのではないでしょうか。大人も、教科書でしか知らなかった天体を手に取るように見れば感激間違いなしですよ。

天体観測を自分でスタートするには、いろいろな準備や予備知識が必要です。天文台を持ったお宿に宿泊すれば、気軽に天体観測を楽しむことができますし、宇宙に関する知識も学べます。

温泉や美味しいお食事を満喫しながら、子どもと一緒に本格的な天体観測デビューをしてみませんか。子どもはもちろん、パパママももう一度宇宙にはまってしまうかもしれませんね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ