- 胎児の体重が増えない原因は?低体重児にならないための心がけ | MARCH(マーチ)

胎児の体重が増えない原因は?低体重児にならないための心がけ

2015/03/31

99shutterstock_106892003

妊婦検診で赤ちゃんの推定体重が分かるようになってくると、どのくらい大きくなったかな?前と比べて伸びはどうかな?と気になりますよね。

「あんまり増えてないね」と先生に言われてしまうと「私何か悪いことしちゃった?!」と不安になり自分を責めてしまう妊婦さんも多いようです。

今回はそんな推定体重に振り回されている妊婦さんのために「そもそも推定体重って正確なの?」「体重を増やすためにできることってあるの?」という疑問を解決していきましょう。

推定体重って合ってる?

赤ちゃんが大きくなってくると超音波検査の時に測る

  • 頭の横幅(BPD)
  • お腹の断面積(FTA)
  • お腹周りの長さ(AC)
  • 大腿骨の長さ(FL)

から割り出されます。超音波の画面を見ながら「ここからここまで」と先生がポチポチとクリックして測ってくれます。

画像も鮮明になってきて精度が上がっているとは言っても、あくまでも「推定」ですから誤差があって当然。標準的な体格と違う部分があるほど誤差が大きくなってきます。病院の超音波の画像に左右されるところも大きいですね。

誤差は200g前後と言われていますので、前回が本当の体重より200g多め、今回200g少なめに算出されたらほとんど増えていないように思えても仕方ないということになります。

なので数字にとらわれて一喜一憂することはないですよ。心配な場合は先生から検査の連絡があったり普段の生活で気を付ける点を指導されるはずですので、「増えてないね」くらいで済むのであれば気にしなくていいでしょう。

低出生体重児って?

37週を過ぎてから生まれてきたのに2500gに満たない小さな赤ちゃんを「低出生体重児」といいます。

原因は?

低出生体重児となる原因はさまざまです。

  • 喫煙や飲酒…これは言うまでもありませんね。受動喫煙も恐ろしいですよ。
  • 母体の栄養不足…体重を気にするあまり十分栄養を摂れていないかも?!
  • 妊娠高血圧症候群…母体へのリスクも高くなるため注意が必要です。
  • 胎児の染色体異常や子宮内感染症
  • 子宮や胎盤の機能異常

これらの原因の場合は検診で分かりますので医師の指導に従いましょう。ただ全く問題なく原因が分からないこともあるようです。「そういうお腹だと思うしかない」と言われたというママもいらっしゃいます。

どんなリスクがある?

では低出生体重児には標準体重児と比べて

低血糖・低体温・循環器障害・脳障害・呼吸器障害・黄疸

などのリスクが高まるとされていますが、ほとんどの赤ちゃんが問題なく元気にそだっているようです。

ただ低出生体重児は将来メタボリック症候群になりやすいことが最近分かり、全く問題ないということではないようです。

体重を増やすための心がけ

低出生体重児にならないために妊娠中に心がけることはあるのでしょうか?

絶対守るべきこと

喫煙と飲酒が妊婦さんにとってNGであることは皆さんもうご存知ですよね。パパや職場にも協力を求めることが大切です。

栄養をしっかり

体重が増え過ぎないようにとかなり厳しく言う病院も多いですよね。でも気にし過ぎるあまり栄養不足になってはいけませんね。

赤ちゃんの体を作るのはママからの栄養。そのママは食べ物から栄養を摂るわけですから、質の良いものをしっかり食べることはとても大切なんです。

高タンパクでビタミンと必須脂肪酸を含み、鉄分も不足しないような食事を心がけましょう。

妊娠中から質の良い食事をとることで赤ちゃんが生まれてからも美味しい母乳が出るようになります。普段から栄養に気をつけることで離乳食が始まってからも赤ちゃんにとって良いものを食べさせることができますよね。

質の良い睡眠

それから妊婦さんに足りていないのが十分な休息。妊婦だけど元気だからとバリバリ働いて家事もこなし、上のお子さんとも遊ぶというのはもちろん悪いことではありませんが、その分しっかり休むようにしましょう。

逆に動かずにじっとしているのも全身の血のめぐりを悪くする原因です。適度に動くことで体が疲れてストレスも発散できるので質の良い睡眠をとることができますね。

寝る時の姿勢によっては血管を圧迫してしまっているかもしれません。どのような姿勢で寝ると良いか一度病院で相談してもいいかもしれませんね。

数字にとらわれ過ぎないで

妊娠中ってちょっとしたことも気になって不安になってしまうものですよね。数字としてハッキリ出されてしまう推定体重にも心は大きく動かされてしまいます。

でも赤ちゃんがお腹にいる貴重な時間をそんな風に不安を抱えて過ごすなんてもったいない!生まれてくるとあっという間に成長して「このお腹に入っていたのにな」と懐かしく、少し寂しく思ってしまうものです。

推定体重に振り回されることなく、心穏やかにこの幸せなマタニティライフを楽しみましょう。かけがえのない赤ちゃんに会えるまであと少し。一日一日を大切に過ごしてくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ