- 子供のすり傷もキレイに治る!消毒しない怪我の手当ての新常識! | MARCH(マーチ)

子供のすり傷もキレイに治る!消毒しない怪我の手当ての新常識!

2015/03/07

shutterstock_127608143
湿潤療法またはモイストケアという言葉を聞いたことがありますか?傷が出来た時にかさぶたを作らずに治す方法で、だんだん治療法として広がってきています。

特に子供はよく転ぶため傷が絶えませんね。湿潤療法をマスターして早くきれいに治してしまいましょう!

今までの方法は間違い?!

ケガをした少年
ではまず今まで一般的だった方法の何がいけないのかをみていきましょう。

消毒はNG!

怪我をしたらまず痛がるのを可哀想だと思いながらも心を鬼にして消毒液を掛けていませんか?「バイキンをやっつけないといけないから」と。実はこれが間違いなんです!

消毒することによって傷口についたバイキンをやっつけているつもりが、元気な細胞まで傷つけてしまうんですね。消毒がしみるのはまさに体が悲鳴を上げている証拠で傷の治りを遅くしているだけなんですね。

体にとって毒であるバイキンは自分自身の治癒力でやっつけていくというのが湿潤療法の考え方です。

乾かすのはNG!

消毒したら傷を乾かせば早く治るというのも誤解。傷から出てくる浸出液(透明なサラサラした液体)は傷を治すためにとても大切な働きをするのですが、ガーゼや普通の絆創膏で傷を覆ってしまうとその浸出液を吸い取ってしまうことになります。

また乾かすとかさぶたが出来てきますよね。かさぶたって子供はどうしても気にしてめくってしまいますが、湿潤療法ではかさぶたが出来ないため確実に傷を治すことができます。

正しい湿潤療法

包帯くまさん
それでは気になる湿潤療法のやり方をご紹介します!

傷は水道水で洗う

まず傷はしっかり砂などの汚れを水で洗い流しておきます。洗うだけなら消毒とは違いそれほど痛くありません。石鹸を使うと痛いので水だけでOK。滅菌された水じゃなくていいの?と気になるかもしれませんが水道水で大丈夫です。

ラップで傷を覆う

次に傷をすっぽり覆ってしまうだけの大きさのラップを用意して傷を直接覆ってしまいます。ガーゼなどはもちろん必要ありません。

この時点で傷が乾いているようなら白色ワセリン(ドラッグストアで手に入ります)を塗ってからラップを当てるといいですよ。

あとはラップを固定するためにサージカルテープなどを貼ればOK。浸出液が出てくるためラップの上からガーゼを当ててテープで止めるようにするといいですね。

毎日ラップを交換する

それからは毎日(1日に2、3回でもOK)ラップを外して水道水で傷を洗い、新しいラップに交換(必要ならワセリンも)すれば大丈夫。どんどん新しい皮膚が出来上がって傷が治っていくことが実感できます。

子供の場合は特に再生能力が素晴らしいので治りが早いですよ。

注意した方がいい場合

警告
深い傷、ギザギザした傷や動物に咬まれてしまったような場合には自分の治癒力だけでは対処しきれないほどの傷であったり、菌がとても多く繁殖してしまうことがありますので病院で適切な治療を受けましょう。

また湿潤療法でも水洗いが十分でなかったりラップの交換をしなかったりすることで、傷が化膿して酷い状態になってしまう危険があります。ラップの外に出てくる液が黄色くドロドロしている、匂いがするという場合には化膿してしまっています。

こまめにケアすることで治っていくと思いますが、心配なら湿潤療法を行なっている病院を受診しましょう。

どんどん広がっています!

元気な子供
我が家で傷には湿潤療法を取り入れるようになって2年ほどになります。今では子供は怪我をすると「絆創膏貼って」ではなく「ラップして」と言うようになりました。

息子の足に入れたてのコーヒーがかかってしまった時にもラップは大活躍。足の甲全体にかかったのですが、ぐるっとラップで覆うともう痛くないと言い、次の日には赤みも全くなくなりキレイに治りました。

すり傷の場合でもラップで覆うとすぐに痛みがなくなりますし、かさぶたを見るとついはがしてしまいたくなる娘も、そもそもかさぶたができないため傷の治りが本当に早くなりました。

小学校の保健室でも傷にはラップを貼ってくれるそうですし、幼稚園のママ友の間でも「傷にはラップ」が広まってきています。

初めて湿潤療法に挑戦する時には不安かもしれませんね。まずは軽いすり傷から試してみると治りの早さに驚くことでしょう。

またキズパワーパッドに代表される湿潤療法が出来る絆創膏は高価なので私は使ったことがありませんが、傷の治りがラップよりもとても早くてビックリする程キレイになるということなので自分でラップでの方法に不安がある場合はこちらもオススメです。

痛くて傷の治りを遅くしてしまっていた消毒ではなく、自分の力で傷を治す湿潤療法をぜひ試してみてくださいね!

みんなのコメント
  • 近藤海斗さん

    ありがとうございました。
    今日やってみたいと思います

  • ^∀^さん

    今やってます!

  • よろピク⌒∀⌒さん

    おかげではやくなおりました!

あなたの一言もどうぞ