- ママの体調不良。子供のお世話と体の回復、どうやって乗り切る? | MARCH(マーチ)

ママの体調不良。子供のお世話と体の回復、どうやって乗り切る?

2015/03/23

56shutterstock_196570010

子供の体調不良はもちろん心配ですが、家族全体を見たときに、一番ダメージが大きいのが「ママの体調不良」。調子が悪くても、子供のお世話は必要ですし、かといって無理をすれば長引くのは必至。

では、ママが体調不良に陥ったとき、どんな風に乗り切るべきなのでしょうか?ここでは、対応策と、やっておきたい事前の備えについてご紹介します。

人に頼れるなら、それが一番いい

月並みですが、おばあちゃん(ご両親)や、パパ(夫)に頼ることができるなら、それが一番良い方法です。子供の面倒を見てもらうことができ、ママはゆっくりと体を休めることができます。一日中は無理でも、家事は全てパパにやってもらうなど、工夫してみましょう。

家族・親族に頼ることができなくても、保育園や一時預かりの託児所などを利用する方法があります。送迎の問題さえクリアしてしまえば、あとは休息の時間にあてることができます。

やはり十分な休息は、回復の速さに直結するもの。頼れる先がある人は、早い段階で頼るように心がけるのがオススメです。

子供のお世話は「非常時と割り切る」

頼る場所がないママは、体調不良と闘いながら、子供の世話をこなす必要があります。このときのコツは、「極力、何もしないこと」。心構えとしては、非常時と割り切ってしまうのが一番のオススメです。

子供のお世話も全くできないほどの体調不良が、一週間も続くことはまれです。せいぜい、3~4日といったところでしょう。たった3~4日なら、栄養バランスがかなり偏ったとしても発育に影響を与えることはありません。

数日間、外にいけない子供は退屈するでしょうが、割り切ってテレビでもパソコンでも、すべて解禁にしてみてはいかがでしょう。

子供のお風呂だって、一日入れなくても死にはしません。生活リズムの乱れも、数日間なら致命的にはなりません。

大切なのは優先順位ですから、「体を休ませて回復する」ことが、最終的には子供のためにもつながります。何事も、非常時だと割り切って、最低限のお世話にすることをオススメします。

元気なうちに準備しておきたい「備え」とは?

実は、ママが体調を崩したときに上手に乗り切れるかは、事前の備えに左右される場合が多いです。元気なときにやっておきたい「備え」とはなんでしょうか?

かかりつけ医、タクシーの番号、夜間病院を調べておく

体調を崩して病院に行きたいときでも、家族の協力を得られなければ、小さな子供を連れて病院に行くのは大変ですよね。

ですが、あまりに症状がひどいときは、まず病院を受診した方が適切な対応を取ることができます。

スムーズに病院にかかるためにやっておきたいのが、かかりつけ医の番号とタクシーの番号はいつでも控えておくこと。また、夜間や休日にやっている病院を調べておくのも大切ですね。

どうしても子供を連れて受診するのが大変なら、パパが仕事を終えて帰ってきてから送ってもらったり、子供のお世話を任せたりしてから、受診するのが良いでしょう。

スポーツドリンク、レトルトの食品、ゼリー、おかゆなど

体調を崩した時は、食べられるものが少ないですよね。ママが体調不良になると、買い物もままなりません。体調不良時に必要な食品はある程度ストックしておくことが大切。

具体的には、水分補給に便利なスポーツドリンク、子供にさっと出せるレトルト食品、のど越しの良いゼリーや栄養補助食品のゼリー飲料、パックのおかゆなど。ママの体調不良時だけでなく、子供が風邪をひいて買い物に行けないときにも重宝します。

常備薬はこまめにチェック

風邪薬やひえピタなどの常備薬も、こまめにチェックしておくこと。かなり悪化してからだと「焼石に水」状態になりがちですが、風邪のひきはじめからきちんとケアすれば、悪化を防ぐにも効果があります。

防災袋って意外と使える?!

余談ですが、筆者の家では、体調を崩したときの備えと防災袋を一部併用しています。おむつ数日分など、子供のお世話に必須なものも入っているので、いざというときに買い物に行かなくても数日は大丈夫、という心強さがあります。

防災袋の見直しも定期的にできますので、まさに一石二鳥かと思っています。

大切なのは「予防」「悪化させないこと」「普段の備え」

ママの体調不良をうまく乗り切る方法や、やっておきたい事前の備えについて紹介しましたが、いかがでしたか?

乗り切り方も大切ですが、一番大切なこと、それは予防です。ついつい全てを子供優先にしてしまいがちですが、自分もきちんと栄養を取る、睡眠を確保するなどは大切なこと。そして、体調が悪いと感じたら、早めに休んで悪化させないこともまた、大切です。

そうはいっても、かかってしまうときは仕方がないのが、風邪であり病気。そのときのためにも、普段からしっかり備えて準備しておきましょうね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ