後悔したのは私だけ?立会い出産で夫との関係が崩れないコツ

コメント0
2015/08/14

加工後 shutterstock_272945819
夫婦の間に授かった赤ちゃんですから、大切な旦那様と一緒にまだ見ぬ赤ちゃんの誕生を祝いたい、という気持ちはよくわかります。反面、立会い出産の難しさもよく耳にします。

立会って欲しいママと、どうしても精神的に受け入れられないというパパとの衝突。一生に一度あるかないかの大事な日だからこそ、夫婦の気持ちは話しあってひとつにしたいものではないでしょうか。

実際に立会って後悔した話を例に、どうしたら後悔しない立会い出産が出来るかを考えてみましょう。

立会い出産すると夫婦の子とより実感しやすくなる

立会い出産が増えている理由はなんでしょうか。良い点が多いため増えている、という事に注目してみましょう。

男性の意識が変化!少しずつ立会いするカップルが増えてきている

立会い出産の良いところはどんな点でしょうか。先ほど少し書きましたが、夫婦二人の子供だという自覚が立会いすることで生まれる気がします。

こんなに立会い出産するカップルが増えてきている、ということは男性も我が子の誕生を見守りたいという気持ちがあるのかもしれません。

一昔前のように育児は全て奥さんに任せて、という男性がずいぶんと少なくなったというのは周りの子育て世代のパパを見ますと実感出来ます。

これから続く子供との時間の第一歩だからこそ、わざわざ休みを取ったり仕事を抜けたりして立会う男性が増えたのかもしれませんね。

女性から夫へ立会いを望むケースも少なくない

男性が「自分から休もう」と意識するようになったのと同時に「二人の子供だから仕事休んで立会ってよ」とパートナーに話す奥さんが増えてきたのも一因だと思います。

私も最初の子を妊娠中に「分娩のすぐ傍にいなくてもいいから、陣痛で苦しんでいる時には近くにいて欲しい」と夫に話した事があります。

周りにも奥さんのほうから立会いを持ちかけたという話は耳にしますので、女性が持ちかけるケースと男性自らが望むケースと同じくらいあるのかもしれません。

立ち会い分娩後も夫との関係が壊れないためのコツ

加工後 shutterstock_45942733
立会いを後悔した、というケースの場合には夫婦仲が今までと異なるという点が浮上します。とはいえ立会い出産にもメリットはいくつもあります。

立会い出産することで二人の子供である、とより感じるようになる

二人で分娩に向き合う事で、夫もすぐに「自分の子供だ」という実感がわきやすくなります。育児を二人で行うのは共働きでなくても今の時代は当たり前。

母性だけでなく父性を早くから感じてもらうかは大切です。

分娩の痛みは凄まじい物です。それを夫に支えてもらう事で、夫婦の絆がより強くなります。子供が生まれたら子供の悩み事は夫婦で解決していきます。そのためにも夫婦の絆が強くないと様々な困難に立ち向かえません。

分娩シーンを全て見せてしまったことが最大のデメリット

残念ながら立会い分娩にはデメリットもあります。今までの自分とは違う、壮絶な姿をさらすことになるかもしれないのですから、びっくりしてしまう男性の気持ちはわかります。

ましてや自分の事だけで精一杯ですから、パートナーの事を気にする余裕はないでしょう。分娩に対して綺麗なイメージを持っていたら、いろいろな意味で打ち砕かれるというのはおわかりいただけると思います。

今まで恋愛モードでいたカップルに、突然現実的な赤ちゃん誕生のシーンを目撃となれば、その後奥さんとの接し方を変えてしまうという気持ちもなんとなくわかります。

後悔しないようにするには!まず夫と完璧な話し合いをする

リアルな場面を見てしまい、奥さんに対しての感情が変化するというのはかなりあり得るシチュエーションです。そのためにはまずパートナーと「どこまでならばOKなのか」という話し合いは必須です。

私が産院のスタッフに聞いた話ですと、立会いをして出血を見て倒れた男性は年に数人いる、ということなのでそうレアなケースとは思えません。

女性は生理があるので出血に対してある程度慣れているのでしょうが、男性は苦手なタイプが多いようです。

そのように元々出血が苦手なタイプに対して無理やり立会いをすれば産院にご迷惑をおかけする可能性が高いですし、夫婦仲が悪くなる可能性も捨てきれません。

出来ない人に出来ないお願いをするのは現実的ではないでしょう。

やると決めたら何処まで立会いにするかを確認しよう

立会いをするにしても、いろいろとあります。全てビデオで記録に残したいから、出来る限り分娩シーンを撮影する立会い。頭の上などから励ましてあげる立会い。分娩室まではどうしても入れない、という考えから陣痛の合間だけ付き添う立会い。

厳密にいえば陣痛の合間、分娩室の中に入る直前までしか立会いをしない場合には立会い分娩と言わないかもしれませんが、ギリギリまで傍にしてくれるというのは精神的には大きいものだと思います。

誰もが出血に強いわけではなく、誰もがグロテスクなシーンに耐えられるわけでもありません。

その人それぞれの出来ることを考えて、その範囲内でやれるとベストではないでしょうか。

立会いをするならば、スケジュール調整が出来るようにする

後悔しないためには何度も話し合いが大事だと書きました。と同時にもうひとつ大事な事があります。出産は予定帝王切開でない限り、基本はいつ産気づくかがわかりません。つまり突然陣痛がスタートしてしまう事が当たり前。

となれば、大事な予定がある時に分娩があるかもしれないという意味でもあります。

出産予定日前後数日だけでなく、もっと大きな目で出産を捉えてスケジュールを調整出来るようにしておくのがお勧めです。

立会い予定があったので出来なかった、という事が発生すると夫婦仲が悪くなる可能性が出てきます。

奥さんの立場からしたら、傍で励ましてくれる約束をしていた夫がどうしても無理となったら、それは激怒してしまうので気持ちはよくわかります。

出産予定日はあくまで予定です。本気で立会いしたいならば、臨月に入ってからの予定は全て調整出来るくらいの気持ちで挑みましょう。

夫婦関係については少し時間を置くことも必要

今まで魅力的に見えていた奥さんの、分娩シーンを全て見てしまったら女性として見れなくなったという男性は少なからずいます。そうならないためにも、なるべく赤ちゃんが生まれる場面を覗きこまない事がポイントです。

もしも見てしまった場合には、精神的ダメージを受けてしまう場合もあります。この時には、少し時間をおく事も必要でしょう。元々は好き同士の関係でしたから元通りになる事も出来ると思います。

リアルな分娩シーンを見て奥さんを女性と見れなくなった、という声がいくつもあります。立会いの場合にはビデオで撮影しようと頑張る旦那さんも多いのですが、出来れば記録に残さずに記憶に残すほうが良いと思います。

「現実を全て見せていいのか」慎重に夫婦で討論しておこう

分娩というのはとても感動的なシーンなのは確かです。出来れば夫婦で新しい命の誕生を見守りたい、という気持ちはよくわかりますし、それが悪い事だとは思いません。中には分娩シーンを見ても特に夫婦仲が悪くならないカップルもいます。

しかし散々書きましたが、中には奥さんを女性として見られなくなり、次の子供を作れなくなったという話も耳にします。こうなってしまうと関係を修復するのがとても困難です。出来る限り、そうなる前に防ぐのが予防原則で大事になります。

立会いがきっかけで離婚になったら本末転倒です。関係を壊さないように、現実をどこまで見せるのかの話し合いをしておきましょう。「見せ過ぎない事」も時に必要ではないでしょうか。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ