- いつから食べられる?赤ちゃんと一緒のカレーデビュー日の目安 | MARCH(マーチ)

いつから食べられる?赤ちゃんと一緒のカレーデビュー日の目安

2015/02/12

shutterstock_149964863
カレーが好きなのは子供も大人も一緒。しかも比較的簡単に作ることが出来ますので、忙しくて夕飯を作る時間があまりないときなどには「よし、今夜はカレーにしよう」なんて決めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カレーは赤ちゃんの離乳食を作る際にもかなり有効な料理だと思います。というのも、カレー粉を入れる前の野菜たちを赤ちゃんに取り分けることが出来るので、野菜を食べさせたいけれど何を作ればいいのかしらと悩む方にはピッタリだからです。

みんな大好きカレーライス

さて、そんなみんなが好きなカレー。いつから赤ちゃんも食べられるのでしょうか。スーパーなどで市販されているカレールーを眺めてみますと、だいたい1歳を目安にしていることが多い気がします。

つまり1歳になったらカレーを食べることも可能だということを意味しているのでしょう。とはいえ、1歳の赤ちゃんが食べるカレーは当然辛いものだと食べられませんので、大人には物足りない味になっています。

大人の方で辛口が好きなタイプでしたら、別々のカレールーを使う方法になるでしょう。

カレールーの原材料の確認を

ただし2つもカレーを作るのは面倒なので、まずはカレーのルーを入れるまでのものを作ります。そしてそこで初めて赤ちゃん用の量を取り分けて、そこで赤ちゃん専用のカレーを作りましょう。

私がよくやっていたのは、大人のカレールーを使った後に、赤ちゃん用のカレーには牛乳を入れるという方法です。これだと牛乳によってカレーの味がマイルドになるので、簡単だしかなり時間の短縮にもなると思います。

ただしカレールーには何が入っているのか、しっかりと事前にチェックしておきましょう。

デビューの前に体調を整えよう

カレーのデビューは1歳だとしても、その時体調には十分気を付けて下さい。やはりカレーは消化がいいものではないので、お腹の状態があまり良くない時にカレーを食べさせるのはよくありません。

胃腸炎などが流行る時期には、カレーがきっかけで戻してしまう赤ちゃんもいます。体調が確実にいい時を狙って食べさせて欲しいと思います。となると、冬は思ったよりもカレーを作る機会が減ってしまう可能性があります。

出来れば無添加を選びたい

赤ちゃんに食べさせるものですから、カレールーの素材には気を付けたいもの。最近は市販品で無添加のものなども販売されていますので、特に最初のうちは少し値段が高かったとしてもルーに何が含まれているのか、慎重にチェックしたほうがいいと思います。

時間があるならば、シンプルなルーを選んで、なるべく自分で手作りするようにすれば完璧です。赤ちゃん時代はスーパーやお弁当屋さんのカレーなどは避けたほうがいいでしょう。

福神漬けはちょっと待った!

カレーと言えば福神漬けがつきものです。しかし赤ちゃんにはまだまだ不要なので、幼児になるくらいまではあげないほうがいいと思います。市販品の福神漬けは添加物などが多く、特にどぎつい色を出すための着色料もたくさん含まれていることがあります。

まずはカレーだけ食べさせて様子を見ていく方向で進めていけばいいのではないでしょうか。福神漬けに拘るのは、むしろ大人のほうだと思います。

野菜やお肉の切り方には注意して

1歳でカレーを与えた場合も、お肉と野菜の切り方には十分に注意してあげるようにしましょう。どうしても小さい子の場合は、お肉などを噛み切る力がまだ不十分です。

そして飲み込むことが苦手だというタイプもいるので、意識して少し小さめに用意してあげるといいと思います。ついついカレーと言うと大人が食べるものというイメージがあるようで、私もなのですが野菜がそれなりに大きいものになりがちです。

お肉はひき肉を使うなどすると、赤ちゃんでも食べやすいカレーになりますよ。もしくはお肉ではなく、シーチキンなどに代用すると、これも食べやすいので赤ちゃんはスムーズに飲み込んでくれると思います。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ