- 子供と収穫の喜びを味わおう!春から始めるプランターで野菜づくり | MARCH(マーチ)

子供と収穫の喜びを味わおう!春から始めるプランターで野菜づくり

2014/04/10

食育は野菜づくりから

2005年に食育基本法が成立してから特に、子供の食生活を健全なものにしようと、食に対する意識が大きく変わってきました。幼稚園、保育園でもこの食育という観点から園で積極的に野菜づくりを行っているところがほとんどですよね。年長くらいになると畑で自分たちで育てた野菜でカレーを作るという取り組みをしているところが多いようですね。

家庭ではなかなか本格的にできないですが、簡単に始められるプランターでの野菜作りからまず始めてみませんか?野菜はスーパーで売っているものではなく畑で採れるものなのだということを、まだ小さい時から教えておきたいですよね。自分で育てて収穫した野菜の味は格別です。野菜嫌いを直すには自分で育てるのが一番効果的なんですよ。

まずはベビーリーフから

初めてにオススメなのは断然ベビーリーフです。ホームセンターや園芸店で簡単に『ベビーリーフミックス』のような6〜8種類ほどのリーフレタスの種が入っているものが手に入ります。3月下旬から5月が特に種まきに適しています。

小さなプランターでも大丈夫なので本当に初心者向けですね。プランターの底に敷き詰めるための鉢底石と野菜作りに適した培養土があれば準備OK。土を入れたプランターに種をまいていきましょう。リーフレタスの種は好光性種子といって発芽するために光を必要とするので、種を土にパラパラとばら撒いて上から軽く押さえる程度でいいんです。

あとはしっかり水やりをして乾燥させないようにすれば、3、4日で発芽し始めます。ここからは数が多いようであれば少しずつ抜いて数を減らす(間引き)ようにしていきましょう。ベビーというだけあってまだ小さいうちに収穫してしまうのでかなり密になっていても問題ありません。出てきた芽の間隔が1.5〜2cmになるくらいで間引きをしましょう。

この先は日当たりの良いところで水やりをしていればスクスクと育ちますので、大きくなってきたものからどんどん収穫して食べてしまいましょう。特に小さい子は葉物の野菜が苦手だったりするので採れたての新鮮なリーフレタスを味わってみたら、きっと好きになっちゃいますよ。

アブラナ科系のベビーリーフだと虫がつきやすいようですが、子供と育てるには虫がついているものを見つける楽しみもありますよね。ただ葉の数が多く虫を探すのも大変なのでキク科のものなら虫がつきにくくてオススメです。

収穫が進んでいくと生育の良いものを少し残しておいて、リーフレタスとして育ててしまうというのも楽しいですね。

ミニトマトに挑戦!

ベビーリーフで自信がついたらミニトマトに挑戦してみませんか?5月頃になると苗がお店に並び始めるのですが、まだいいやと思っていて1週間経つともう売り切れてしまったりするので気に入ったものがあれば早目に買っておきましょう。ミニトマトも年々種類が増えていて私も毎年何を買おうか迷ってしまいます。子供たちはせっかくだから少し変わったものを…と思うのか、細長いものや黄色いものを育ててみたいようです。場所に余裕があれば数種類を育てて食べ比べてみるのもいいですが、まずは1種類で始めてみるといいですね。

ミニトマトはベビーリーフと違い大きくなるのでプランターも大きなものが必要になります。お店にミニトマトに適したものであると書かれているものが売られていると思うのでそれを買いましょう。丸い鉢でももちろん構いませんが、鉢の直径も高さも25cm以上あるものにしましょう。根っこから栄養を吸って大きくなるので鉢選びは大切なポイントです。

あわせて土も買いましょう。野菜作りに適した培養土を買うと間違いないと思いますが、トマト用の土など土の種類も充実しているので専用のものでもいいですね。土選びもとても重要です。

それからトマトを育てるには相性のいいバジルを一緒に育てるとトマトの生育がよくなります。バジルも同じ時期に苗が手に入りますので一緒に育てましょう。バジルはとても簡単に育てられますし、若い葉からどんどん収穫して生のままで食べてもいいですし、乾燥して細かくしておけばとても重宝します。うちの子たちはよく勝手に採ってそのまま食べていました。

トマトは放っておくとどんどん育ってくるのでわき芽を摘み取っていくことも重要です。大きく育って実がつくようになると水やりを控えるというのが美味しくできる最大のポイントです。雨が当たると実が割れてしまうので雨除けも大切です。あとは小さな子だとついつい触ってしまって花の房ごとボキッと折れてしまうことがよくあるので注意しましょう。

小さくてかわいいミニトマトを自分で育てられるなんてとっても楽しいですよ。お子さんと素敵な野菜作り生活をぜひ始めてみてくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ