- かかりつけの小児科はどう選ぶ?選び方のヒントをご紹介! | MARCH(マーチ)

かかりつけの小児科はどう選ぶ?選び方のヒントをご紹介!

2015/03/26

72shutterstock_164722412

子供が体調を崩すのは、いつも突然。そんなときに、普段の健康状態を把握したうえで診察をしてくれる「かかりつけ医」は心強い存在ですよね。

ただ、初めての子育てのとき、どんな基準でかかりつけ医を選ぶべきか分からない方も多いと思います。なかには、「なんとなく近いから」という理由だけで選んでいる方もいるのでは?

ですが、かかりつけ医は、我が子の大変なときに助けてくれる大切な存在です。

ここでは、選び方のヒントをご紹介します。ぜひ、子供と相性が良く、十分に信頼できるかかりつけ医を探してくださいね。

周囲のママから情報を聞く

まず、「元気なうち」にやっておきたいことは、周囲のママから周辺の小児科の情報を聞いておくこと。自宅が近い人なら、地理条件も似通っているので参考にしやすいでしょう。

小児科という専門は一緒でも、先生によって個性は異なります。丁寧に診察してくれるところもあれば、さっと診ておしまいというところも。

混雑具合も、人気度も違ってきますので、周囲の口コミを聞いてある程度目星をつけておけば、小児科探しはスムーズです。

通いやすさは重要なポイント

いくら評判の良い病院でも、自宅から遠い病院はやはり通うのが大変。元気なときなら良いですが、かかりつけ医を受診するのは、たいてい子供の調子が悪いとき。そう考えると、遠いところまで連れていくのは親子ともに大変ですよね。

地理的条件だけではありません。開いている時間や曜日についてもチェックし、通いやすかどうかを見ておくことがオススメ。

特に、働いているママなら、18時閉院か19時かは意外に大きな違いのはず。何かあったときに、行きやすい条件の場所がベストですね。

診察・説明の丁寧さはしっかりとチェックしよう

ドラマでは「寡黙な名医」も存在しますが、小児科という場所で考えると、説明がしっかりしていて、子供の状態や対処法を詳しく説明してくれるのはとても大切なこと。説明が丁寧で、質問しやすい小児科の方が、疑問点をクリアにでき、安心できるはずです。

そして、説明の丁寧さよりもチェックしたいのが、診察の丁寧さ。聴診器の使い方、触診のやり方など、細かく状態を見てくれるかどうかを見ておきましょう。流れ作業的に診るだけではなく、見落としがないように診察しているかは、とても重要です。

子供との相性をチェック

子供と小児科の間にも、ある程度「相性」は存在し、とにかく特定の小児科を怖がってしまう子もいます。その理由は、注射をされた思い出や、器具がなんとなく恐かったから、など小さな理由の場合もあるのですが。

子供がリラックスできず泣いてばかりなら、診察にも支障が出ます。神経質になる必要はありませんが、もしも「子供との相性が悪いかも」と感じたら、別の小児科を受診してみるのもひとつの方法。落ち着いて見てもらったほうが、病状も把握されやすいはずです。

複数のかかりつけ医ってアリなの?

かかりつけ医は「ひとつでOK?」ということについても考えてみたいと思います。結論からいえば、子供の普段の様子、発達状況などを総合的に把握してもらうため、本来ならひとつがベスト。ですが、複数の小児科で受診することを想定しておいた方が現実的です。

というのも、小児科には休診日があるから、というのが理由のひとつ。子供はスケジュールどおりに体調を崩すわけではないので、突発的に受診が必要になったとき、かかりつけ医が休診ということもあり得ます。そんなときのために、サブの場所を想定したいですね。

複数の小児科を利用するなら、休診日が重ならない、地域が異なるなど、うまくカバーしあえるところを選びたいですね。また、予防接種を効率よくこなすために複数を受診する方や、保育園近く・自宅近くで二つの小児科を使い分けている方もいらっしゃいます。

まとめると、

あくまでかかりつけ医はひとつがベストと踏まえたうえで、子供の健康管理に必要な他の小児科をサブ的に使うことは有効。

診療時間が違う小児科、立地条件が違う小児科など、「かかりつけに行けないとき」に行ける場所の想定は必要。

というところでしょう。

かかりつけ医を選ぶと同時にやっておきたいこと

かかりつけ医をどこにしようか考えるときに、もう一つやっておきたいのが、「救急時の受診先を確認しておく」こと。夜間・休日など診療時間外でも受診できる医療機関はどこにあるのかをチェックし、電話番号をあらかじめ登録しておきましょう。

何度も繰り返しますが、子供の体調不良は、突然やってくるもの。そんなときに慌てず対処できるように、しっかりと情報収集しておきたいですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ