妊婦とステロイドとの関係で特に気をつけたい塗り薬の使い方

コメント0
2015/06/05

加工後 shutterstock_125739683

ステロイドは効き目が強いことと、即効性があることからか、使い方に気をつけるという前提で処方する医師はかなり大勢いると思います。

中には「どうしてもステロイドは使いたくありません」と否定して処方を断る方もいるでしょうが、そういったタイプの方はインフルエンザで「タミフルなどの薬は飲みません」と断る方と同じくらいレアかもしれませんね。

タミフルは口に入れる薬で、ステロイドの塗り薬とはまた別となると思いますが、妊娠していなくても頼ってばかりいるのは良くないというのは共通点でしょう。

使用期間を決めて使う

ステロイドは普段から少し配慮しなくてはならないものですから、妊娠したら無防備でいるのはお勧め出来ません。

「塗り薬だし」という理由で気にしない方にお伝えしたいのですが、子供たちにステロイドの塗り薬が処方された場合には、「必ずこの期間だけ塗るように」と指示されるのはご存知でしょうか。だいたいは3日間~5日間だけ集中して塗るように、と注意されます。

だらだら使うと良くないというのが理由です。ステロイドを使うと確かに痒みなどの炎症がすぐに改善されます。するとついうっかり塗るのを忘れて放置し、また痒みが出たら塗るというだらだら使うことが起こるのです。

子供と同様の対策にしよう

妊婦さんは大事をとって、子供に対する対策と同様のことをしたほうが安心です。

子供はどうして慎重に扱われるのか

子供や赤ちゃんに対して薬を出すとか決める際には、どうしても慎重になるものです。

それは体が小さくて大人よりも副反応があるかもしれませんし、急に病状が悪化することが考えられるからです。その子供と同じようなリスク管理をすることで、妊婦さんも少し安心出来ると思います。

またステロイドの薬をどの場所に塗るかでもずいぶんと異なります。私は妊娠中に皮膚科を受診し、ステロイドの塗り薬を処方されたので、そのことについてご紹介したいと思います。

妊娠中は保湿が必須

妊娠中はとにかく体が痒くなって、仕方なく産婦人科の医師に相談したところ「そういう悩みを抱える妊婦さんはいる。普段は保湿剤と言われる市販品クリームを入浴後や気がついたときに塗って保湿するだけで乾燥しなくなるはずだから、痒みが減ってくると思う。でも今痒くて困るのならば、痒みを抑えるために塗り薬を出せる」と言われました。

お腹ではなかったのでさほど心配しなかったのですが、もしお腹が痒いときにステロイドを塗ることになると、やはり心配になるのはわかります。

大丈夫と言われても、結局無事に生まれないと本当に大丈夫だかわからないからです。

お腹でなければOK?

その後に皮膚科を改めて受診し、自分が妊婦であることを話してみました。体の痒みはなんとか保湿することで防げたのですが、その後に問題となった手荒れがひどく、痒くて夜中に目覚めてしまうことがあったからです。

医師はこう説明して処方してくれた

先生は「手の指先はお腹からずいぶんと遠い位置にあること。と同時にどうしても水仕事や手洗いで塗った薬が流れてしまうこともあり、しっかりと中まで浸透しないことはある。

だから一日に何度でも塗って構わないが、やはり何カ月も使い続けるより短期集中であっという間に完治させて、あとは手荒れを起こさないようにしましょう」と話してくれました。

リスクを考えて判断を

子供ではないのでステロイドを塗った指を舐めることもしないことから、手洗いなどをした後に塗ったり、寝る前に塗ってみたりステロイドと共存しました。

ステロイドに限らず、妊婦さんにとって薬を出す場合の判断基準になるのは「どちらがハイリスクか」だと思います。「ステロイドの薬を塗らないで痒くて眠れない」のと、「塗るほうにする」のと。

風邪をひいたときも同じで「咳が止まらないけれど、薬を飲まないで我慢する」と「多少のリスクはあっても夜は眠れるように薬を処方する」ということです。

信頼出来る医師を探す

しかも産後はおむつ交換が頻繁で、かなり気をつけないと手荒れする条件が揃ってしまうので、妊娠中に完治させておきたいもの。そうなるとステロイドで治してしまおうという医師の考えはよくわかります。

ステロイドを塗る場合にはまずどの場所で、どのくらいの強さの薬を使うのか、医師と話し合いご自分が納得する形で使いましょう。中途半端に使って悪化することは避けて下さいね。

そしてお肌のトラブルはやはり専門家である皮膚科の医師へ相談するのがベストです。産後にも赤ちゃんがお世話になる可能性があるのですから、今から頼りになる先生を探しておくのも大切でしょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ