- 私の赤ちゃん、外は一切歩かないという問題をすぐに解決するコツ | MARCH(マーチ)

私の赤ちゃん、外は一切歩かないという問題をすぐに解決するコツ

2014/10/02

赤ちゃんの中には、赤ちゃんのくせに(失礼ですみません)非常にデリケートな子がいます。こんな小さいうちからなんだ、と感心してしまうほどなのですが、それが我が子となればやはりちょっと大変です。

例えば赤ちゃんで神経質な子というのは、家の中では歩くのに外では歩かない、ですとか、ママの所から離れないでずっと側にいる、ちょっとしたことですぐ泣く、なんて子が該当すると思います。どれもこれも、今までこの手の赤ちゃんを見たことがあるのですが、自分の子だったら疲れるなと思ったものです。

赤ちゃんの中には神経質で歩かないタイプもいる

先ほど記したように神経質な赤ちゃんで、外を1歩も歩かない知能犯的な子というのは、面白いくらいに拒否をします。抱っこしているとしましょう。下ろそうとすると、抱っこしている人の体に足を絡ませて下りないような子も、赤ちゃんを卒業するくらいになれば見られます。

私も何回かやられたことがありますが、これでは下ろせません。無事に下りたとしましょう。でもそこで全く歩かない赤ちゃんですと、結局はママやパパがまた抱っこをするか、何かしらの対処をしなくてはなりません。

赤ちゃんが歩きたくなるような場所を選ぶ

赤ちゃんの中で外を歩かない子というのは、僅かですがいます。私の知り合いのお子さんにもそういう子がいて、ママが困っていました。どうしても抱っこばかりしていると腰が痛くなってしまうのですから、公園などでは歩いて欲しいと思うのに全く歩かないと聞きました。

楽しそうな場所でも歩かないのですから、何か原因があるのだと思いましたら、その子は靴が嫌いだったのです。自分の足が窮屈になるからでしょうか。ですから靴を履いていない室内などでは物凄く活発に動くので、ギャップに驚いたものです。

その靴は重くないですか?

1度靴を持ってみましたが、ちょっと重いのです。ブランド物のいい靴だったと思います。赤ちゃんにはこの重さが嫌だったようなので、お母さんに「もう少し軽い靴がいいのでは」と提案しました。我が子が履いている靴と比べてみたら、重さは一目瞭然。

それから早いうちに新しい靴を買ってもらった所、少しずつですが歩くようになったと言われました。初めての赤ちゃんだと靴の重さが原因だとわからなかったようです。中にはサンダルにしたら歩くようになった、という子もいるそうです。サンダルの軽いものですと、靴より歩きやすいのかもしれませんね。

歩く場所で昔転んだりしなかったか

歩くような場所にも問題はないでしょうか。アスファルトの所なのか、芝生なのか。普通の街中では赤ちゃんには怖いと思う場所があるかもしれません。街中で歩かせようと失敗したのならば、車などの通らない公園や、動物園などの開放的な場所を選んでみましょう。

例えば1度は歩いたのに次は歩かないという場合、そこで以前転んだりして嫌な思い出があるかもしれません。今日はいつもより暑くて歩きたくないなどの理由も考えられます。いろいろな場所で歩かせるようにしてみたら、何が原因かが分かるかもしれません。

好きな靴を一緒に選ぶ

こだわりのある赤ちゃんの中には、自分の靴が嫌だという子もいます。兄弟がいる場合はその子のような靴がいいと思うなど、私たちが思うより赤ちゃんにも自我があるのです。こうならないためにも、一緒に靴選びに連れ出して「〇〇ちゃんはどんな靴がいいのかな」と、赤ちゃんが気にいる靴を聞いて購入するのは大事です。

もちろんサイズがあるのが前提ですけどね。自分がいいなと思う靴ならば、赤ちゃんも少しずつ歩いてくれるようになります。他にも外が好きになるようなアイテムを用意すれば完璧ですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ