- 怒ることだけでは直らない!子供の失敗が続いた時にやるべきこと | MARCH(マーチ)

怒ることだけでは直らない!子供の失敗が続いた時にやるべきこと

2014/05/19

子供の状態が安定していると、 親も子育ての楽しさを感じられますし、子供との関係も良好!「子育ても何となく順調♪」と思えたりもしますが、その逆も然り…。うまく行っていない時は、本当にとことんつまずくので、親も自信をなくしてしまいそうになります。

そして失敗って、何故かよく重なるんですよね。「最近あまり叱らなくて済んでいるかも?!」と喜んでいたのもつかの間、また毎日毎日怒ってばかりの日々に逆戻り…ということが、よくあります。

子供が失敗した時、初めは「今度は気をつけようね」と少し余裕の対応をしてあげられていても、これが度々続き、何度言っても直らなかったりすると、さすがにこちらもイライラして怒鳴ってしまうことも多いと思います。でも子供の成長とは面白いもので、その両方の状態を行ったり来たりしながら、大きくなるんですよね。

同じ失敗を繰り返す時

子供の失敗と言っても様々ですが、日常的なことで言うと、例えば「子供がよく物を失くす」時。これも本当に続くもので、いったん物が失くなりだすと「昨日は水筒、今日はプリント…」なんて具合に、気がつけば「ここ1週間、よく失くしているなぁ」と感じることがあると思います。忘れ物が続く時も同じですよね。

そんな時、子供にどう対処していますか?「だからママが気をつけなさいといつも言ってるじゃないの!」「何回言えば直るの?!」「またなの?」という言葉が、次々にママの口から飛び出すことだろうと思います。

あるいは、少し冷静なママだと「何か心配事でもあるんじゃないの?」と、聞いてみたりもするかもしれません。何か気にかかることがあったり、焦ったりしていて、落ち着いていないから失敗するのかもしれないと思うからです。

失敗が続く時の子供の気持ちとは?

でも実は、子供が気になっていることの大部分を占めているのは、「大好きなママのこと」なんです。子供だって、失敗をするのはとても嫌で、もう二度としたくないと思っています。あまりにも度々続くので、ママがつい自嘲的な気持ちで思ってしまうような「ママの言うことなんて聞く気がないのよね?」というのは、子供の本意とはまるで違います。

「ママのことをどうでもいい」なんて、子供はこれっぽちも思っていません。ママの言うことを聞きたくないのでも、ママの言うことを聞く気がないのでもありません。「じゃあどうして繰り返すの?」と思いますよね?

そう、「ママのことがどうでもよくなんかないからこそ」失敗を連発してしまうのです。家で、例えば出かける時に手袋が片方ないことに気づいたら、ママにも注意されるので、学校へ行く時に「じゃあ、学校で見てくる!」と言って出かけます。

そして見つからないと落ち込んで帰って来ます。そうかと思うと今度は、お箸箱を学校に忘れて来てしまっていることに気づいて、またママに怒られて、翌日お箸箱のことを考えながら登校する…といった具合です。

子供によっては、それこそ全く本人は気にしていないということもありますが、それはママ自身もノータッチの場合。それ以外の場合は、子供はこちらが思っている以上に気にしています。学校に行ってから帰るまで、頭から離れてくれないので、何をやっていてもどことなく上の空という場合もあるようです。

ママの本領発揮!!

このように立て続けに子供が失敗している時こそ、ママの出番です!失敗をしないように注意するのはひとまずお休み♪子供は失敗が続くと自信を失くしてしまっています。ママにまた怒られるから…と、気にして気をつけようと思えば思うほど、その場所で、または違う場所で失敗をしてしまうのです。

「失敗がまた別の失敗を呼ぶ」という、良くない流れになってしまった今だからこそ、「もう気にしなくていいんだよ」「何とかなるから大丈夫よ」と、伝えてあげることが大事です。そしていつもの状態に戻ったら、その時は「今度からは繰り返さないように、気合いを入れ直せばいいのだ」と教えてあげましょう。

失敗ばかりする自分に自信を失い、「ママは自分のことを嫌いになってしまったんじゃないか」とか、「また同じ失敗をしたら、今度こそママは許してくれないかもしれない」と、不安でいっぱいになっている子供に言うべきことはただ1つ!いえ、2つ!!

ママは、どんなことがあっても、あなたを嫌いになったりはしない」と言うこと。そして、「あなたが危険な目に遭ったり、あなた自身を失ってしまうことはママは許せないけれど、それ以外なら、ママは許してあげる」と言うこと。

きっと安心して、また元気よく学校に行き、笑顔で帰って来ます。失敗を怖がらずに、またチャレンジして行けるようになると思いますよ♪

みんなのコメント
  • chieさん

    たいしたことない失敗でよく怒ってしまいます。自分が子供だったころ大人が”大丈夫”と慰めてくれたように我が子にも…と思っているのですがつい、責めてしまいます。今日は我が子から謝ってくれて、自分を情けなく思い子供に感心しました。「よく怒るけど、何があっても当たり前に大好きだから」と伝えたら、安心して眠ってくれました。

あなたの一言もどうぞ