- 産後に稀におこると言われている、子宮の病気と早期発見の方法 | MARCH(マーチ)

産後に稀におこると言われている、子宮の病気と早期発見の方法

2014/09/29

出産すると子宮を使うことになりますが、生理からは一時的に逃れられるということもあり、一般的には子宮のことを見るとお休みさせている時期と言われます。とはいえお休みさせていたからとはいえ、妊娠・分娩という一大イベントを行っていた場所ですから、何かしら問題が起きる可能性も否定できません。

産後は赤ちゃんがいるということもあり、なかなか自分の体の心配までできないので、病気の発見は遅れがちになります。1か月健診で何もなかったとはいえ、子宮がんの検査などは年に1度は必ず行うようにしましょう。

不正出血で子宮体がんを疑う

実は私自身、上の子を出産して数ヶ月。なぜか不正出血が続くという事態があり、産婦人科を受診したことがあります。簡易な子宮体がんの検査では正直微妙だという診断結果。そのため一泊して麻酔をかけて、子宮の一部を削って調べる細胞のチェックまで行いました。

上の子がまだ7か月くらい。母乳オンリーと言うことで、子供も一緒に入院。ギリギリまで実家で過ごしてもらい、夜は私と。手術前にまた実家の親に迎えに来てもらいました。結局は問題なく、しばらく定期的に様子を見るとなりましたが、子宮体がんなどにも要注意です。

生理の異常はホルモンか体の何らかのシグナルかも

私のようなケースもあるので、分娩が終わった後でも生理などに異常があれば、できるだけ早く受診しましょう。産婦人科は比較的赤ちゃん連れでも受診しやすいところです。預ける人がいない場合にも、同伴で連れて行くようにしましょう。

私のように不正出血は産後のストレスや体調の変化と関係があるようです。とはいえこれも素人診断では危険なので、できるだけ早く受診しましょう。ちなみに授乳中の生理はこないというのも、かなり人によります。最近では栄養もいいことから早く生理がくることもあるので、あまりに来ないほうが心配したほうがいいようです。

子宮筋腫がいきなりできることも

元々妊娠前から子宮筋腫があったという方は要注意です。分娩の時に問題がなくても、より大きくなってしまう可能性はあります。もしくは妊娠中に「出産が終わったらこの筋腫をどうするか考えましょう」と言われている人がいるかもしれませんね。

赤ちゃんがいない状態の時に治療するのがベストですし、特に今後の妊娠を検討されているようでしたら、分娩後にできるだけタイミング良く治療をスタートさせたほうが良いと思います。「忙しくて」と通院を伸ばすのではなく、自分にもしものことがあったら赤ちゃんやご主人が悲しむので、きちんと診察を受けるようにします。

子宮内膜症は出産後からすぐに心配をしておく

子宮内膜症の方も、分娩後には定期的に診察してもらうようにと言われていると思いますので、できるだけ早くから病院へ行くようにしましょう。子宮をお休みさせていた状態から、また生理がスタートします。そのためにも退院する際に、どのタイミングで次の診察などを定期的に行うか、確認したほうが良いでしょう。

やはり痛みが出てくるようだったら、どうしたら良いのかも早めに相談したほうがいいですね。万が一入院した場合に赤ちゃんをどうするのか、も考えておいたほうが無難です。幸いこの手の入院は事前に把握していることも多いので、旦那さんなどの御休みも取りやすいかもしれませんね。

子宮がん検診はしっかりと受ける

よく思いがちなんですが、無事に出産したからすぐには子宮の病気にはならないと勝手に判断してしまうのですが、実はそうではありません。どうして病気になるのかは私もよく分からないのですが、赤ちゃんがいようが妊娠中だろうが、人は子宮の病気になるものです。

私は子宮がんの検査だけは必ず毎年受けていますし、乳がんの検査も今は年に1度はやっています。年齢のこともあるのですが、周りにこの手の病気に引っかかる人が増えているのも事実です。特に子宮筋腫は多いようですね。

実の母も大きな子宮筋腫があり、いきなり大量出血で入院し、手術をしたことがあります。遺伝するかは分かりませんが、なるべく異常を感じたら早めに受診するようにと心掛けていますので、皆さんも自分の体を大切にして下さい。

みんなのコメント
  • ぶたこさん

    どうして病気になるのかは私もよく分からないのですが、赤ちゃんがいようが妊娠中だろうが、人は子宮の病気になるものです。

    病気になるにはそれなりに理由があります。
    日頃の食生活とか肌にふれるものとか
    不摂生してたらそりゃ病気になるけど
    病気になる前提で記事をかかないでほしいですー‼︎

あなたの一言もどうぞ