- きっと子育てがハッピーになる!出産前のあなたに贈るアドバイス | MARCH(マーチ)

きっと子育てがハッピーになる!出産前のあなたに贈るアドバイス

2014/05/24

出産や子育ては“楽なこと”はありません。1人の命を預かり、自分の手で育てることは、なんて責任の重い作業でしょう。でも、だからこそ何にも代えがたい“楽しいこと”がたくさん待っています。

それを考えると、目の前の苦労もする甲斐があるというものです。ちょっとしたポイントを押さえておけば、さらに気持ちを軽くして子供たちに向き合えるかも!頭の片隅にそっと置いておきたい“楽しくなる考え方”をご紹介します。

自己評価はちょっと甘くてもいい!

理想の子ども、理想のママ、理想の家族…思い描いたことはありますか?雑誌やテレビに映る子育ての先輩方は、とてもキラキラしています。笑顔がはじけて、本当に幸せそう!私もああなりたいと願い、努力することは素敵なことです。

だけど、うまくいかない時ほど現実の自分とのギャップに愕然として、落ち込んでしまうんですよね。鏡を見て「なんでこんななんだろう」と涙してしまうこともあるでしょう。それを認めてあげましょう。あなたはただ何もせずに、今に至っているのではありません。

まだ途中で、ゴールではないのです。思い出してください。色々頑張ってるじゃありませんか。その証拠にあなたは今つまずいている。ちょっと頑張り過ぎて、疲れているだけかもしれませんよ。毎日の自分の評価を、あまり辛くつけないでください。

1人だけの生活がうまく回せていた人ほど、完璧を目指して突っ走ってしまいがちです。だけど、子どもの歩幅はとても狭く、ゆっくりなのです。だから、子どもが小さいうちは「ちょっとおまけして」ママにも良い点数をつけてあげてください。

子どもはみんなで育てるもの!

まだ話せない子どもと過ごしていると、大人との会話をまる1日交わさなかったということもあります。それが何日も続くと、自分が1人で子どもを育てているような気がして、孤独感に押しつぶされそうになることもあります。

積極的に周りに助けを求めましょう。あなたとお子さんには助けが必要なのです。私たちが親になるまでだって、おじいちゃんおばあちゃん、隣のおばちゃん、保育園の先生から始まり、数えられないほど多くの人たちと関わってきたはずです。

全然迷惑をかけないで大きくなった人なんているでしょうか?「ちょっとコレお願いします!」家族に皿洗いをお願いしたり、出先で扉を開けてもらったり、ほんの些細なことでいいのです。それくらいしてもらってもバチは当たりませんよ。子育てを怠けてるうちに入りません。

子供も色々な人の、色々な対応にたくさんの刺激を受けて成長してくれます。それでも人に頼むのが気が引けるという人もいるでしょう。あなたが甘えるためでなく、子どもがより多くの人と関わるために必要なことだと考えてください。

メインは我が子!

ちょっと気になることがあったら、今はネットですぐに調べられます。とにかく情報が豊富!1つの事柄に対して、10どころか100も200も資料があり、それを見ることができるのです。とてもありがたいし、助けられることも多いのですが、逆に不安になることもありますよね。

例えば子どもの様子について調べた時に、自分の子どもと同じ例が1つも見当たらなかった…「うちの子異常なんじゃないか?」と考えるのは取りこし苦労です。情報はあくまでも参考までにとどめましょう。

その通りではないからといって、あなたや子どもに問題があるわけではないのです。日々の食事、住んでいる地域、とりまく状況が違っているのですから、違うことが当たり前ではないでしょうか。目の前にいる、いつもあなたが一緒に暮らしている子。その子がどんな様子なのかが大事です。

幸せそうに、毎日を元気に送っていたら、これほど素敵なことはありませんよね。他の子と比べるのをやめると、ますます可愛いく思えることでしょう。ちょっと考え方を変えるだけで、肩の力をふっと抜くことができます。疲れている時に思い出してみてくださいね。

みんなのコメント
  • 無記名さんさん

    里帰りが早まり、実家帰宅5日で、ギブアップ気味です。帰りたいけど、自宅の街は産める産婦人科が無い。
    赤ちゃんの為、分かってる、いや、分かってない。旦那が近くに居ない。旦那に執着してる自分。旦那は私に強くいて欲しい人。弱さを見せられない。みせればいいか。ご飯も食べたくない。帰りたい。選択を間違えた。

あなたの一言もどうぞ