- 女性が仕事を持ちながら子育てを充実させるための方法とは? | MARCH(マーチ)

女性が仕事を持ちながら子育てを充実させるための方法とは?

2014/09/20

仕事、家事、そして育児。働くお母さんは、これらを全てやらなくてはいけません。両立をはかるためには、どうしたら良いのでしょうか。仕事をもちながら、家事と育児をこなしているお母さん方に、いくつかアドバイスを頂きました。

手抜きも必要

専業主婦の仕事は年中無休。家庭のことをするだけでも1日終わってしまいます。そのため働きながら家事も育児もこなすのは本当に大変。無理をし過ぎると、心身ともに参ってしまいかねません。適度な手抜きが必要だそうです。家事に過敏にならないことで、どのような気持ちの変化があったのでしょうか。

家にいる間は、とにかく家事に追われているような感覚がぬけません。少しでも時間が空けば、家事を済ませてしまおうと躍起になっていました。そのため、家族全員をせかせかと急がせる結果に。家でも仕事でも「やらなければ!」という気持ちで動いていたので、イライラが貯まる一方。

とかく家では、仕事のストレスもあるのか怒りっぽくなっていました。「このままでは良くない」と思って、家事に対し過敏にならず、それよりも家族全員がゆとりをもって過ごせるよう努めました。結果的に、私だけでなく家族全員のストレスが減ったように思います。

時間配分がカギ

やることは沢山あるけれど、子供の話を聞いたり、遊んだりする時間を少しでも確保するために、時間配分は重要なのだそうです。「貯まった家事は後でまとめてできるけれども、一緒に過ごせなかった子供との時間は戻ってこない」そんな気持ちで、過ごしているお母さんがいます。

私は幸運にも、帰宅する時間が毎日ほぼ決まっているので、大体同じ時間に帰宅することができます。家に帰ってからは、時計を見ながら家事との闘いが始まります。でも、毎回時間内に予定していた家事を終えることなんてできません。終わらないことだってあります。

でも、そういう時は、できることだけやって手を止めます。それは、息子と遊ぶ時間を絶対に確保するため。共働きのため、息子と一緒に過ごすことができる時間は、私も夫も限られています。だからこそ、例え少しの時間だとしても、私達には毎日子供にだけ集中する時間が必要なのです。

切り替えが大切

家にいる時は、気持ちをしっかりと切り替えることが大切だそうです。家で仕事を極力しないように努めるだけではなく、家で仕事のことを考えないようにしているのだとか。気持ちを切り替えることでどのようなメリットがあるのか伺いました。

家にいる時は、極力仕事のことは考えません。愚痴がある場合、夫には言ってしまうことはあります。でも、子供の前では母親でいることができるよう努めています。そうすることで、育児に集中できるだけでなくストレス自体も減るからです。1日中、仕事にとらわれた状態で、育児をするのは本当にストレスになります。

それは「仕事をしたいのにできない状態」が続くことになるからです。これは逆も然り。だから、家庭にいる時にできること、職場にいる時にできることをしっかりと分けることが大切。そのためには、私にとって気持ちの切り替えが必要不可欠なのです。

子供の気持ちを満たす工夫

「私だって大変だけれど、子供だって毎日頑張っている」そのことを忘れないようにしているというお母さんから聞いたお話を紹介します。自分のストレスをためないことも大切だけれども、子供のストレスも解決してあげることができる過ごし方を聞きました。

毎日家事に育児に仕事。自分で言うのも何ですが、私は頑張っている!でも、頑張っているのは私だけでなく子供も同じ。休日はたまった家事を片付けたりすることに使いがちだけれども、月に1度くらいは子供と一緒に思いっきり遊ぶ時間を取っています。

2人で、お外にお出かけすることもあります。でも、大抵は幼稚園で知り合ったお友達と、そのお子さんで一緒に出かけます。私にとってのストレス解消法の1つがおしゃべり!これは娘も同じらしく、自分の話を聞いてくれる人が1人でも多いと嬉しい親子なのです。

だから、こうしてお友達をさそってワイワイしながらのお出かけは、私達親子にとって凄くいいストレス解消方法。休日は家で寝たり、終わっていない用事を終わらせたりと、やりたいことは沢山あります。でも、こうして子供と思いっきり遊んであげる時間は、私にも子供にもとても大切だと思っています。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ