- 大学に入学・編入した人から学ぶ!主婦が育児と勉強を両立させる方法 | MARCH(マーチ)

大学に入学・編入した人から学ぶ!主婦が育児と勉強を両立させる方法

2014/05/19

主婦になってからも学びたいことがあり、大学や専門学校等の受験を考えている方は多いと思います。現在の生活を維持しながら、勉強を両立させるにはどうすればいいのでしょうか。実際に学校に通い、勉学に励んでいる社会人にお話を伺いました。

自分のキャリアアップのために受験を決意しました。以前は看護師として働いていましたが、妊娠を機に退職。しかし子供が大きくなってから、もう1度看護の仕事に就きたいと思うようになりました。

そこで正看護師になるため、看護学校への入学を決意。家事と育児をこなしながら勉強するのは大変でした。子供の生活スタイルに合わせるため、早朝に勉強していました。

そして努力が実り、入学を果たしました。現在は実家の母に協力してもらいながら、勉強と育児や家事の両立をはかっています。(35歳 主婦)

語学習得のため大学院へ行くことを決意しました。私はアメリカ人ですが、仕事の関係で日本に住んでいます。現在母国語の英語の他に、韓国語と日本語が話せます。仕事のために、語学の知識をさらに深めたいと思い、大学院へ進みました。

現在は大学院で中国語を勉強しています。妻は私の勉強に対して理解してくれています。妻や子供たちの理解のおかげで、勉強時間を割くことができます。教科書代は掛かりますが、大学の費用は会社が出してくれています。(39歳 会社員)

こちらのお2人は、通学制の学校に通われています。職場や周りの支援のおかげで通えているそうです。しかし、仕事や主婦業をもちながら、通学制で学ぶのは難しいことです。そこで今度は、通信制で勉強されている社会人にお話を伺いました。

通信制の大学へ通っています。自分は高校を卒業してすぐに就職したので、いつか大学で学びたいと思っていました。しかし大学に通うには、仕事を辞めなくてはいけない。そこで選んだのが通信制の大学でした。

これで仕事をしながら勉強ができます。しかし、通信制だと1人で勉強しなくてはいけません。モチベーションを保つのが大変でした。仕事を終え、疲れている中勉強机に向かう。何度も心が折れそうになりました。

しかし最後までやり遂げ、卒業することができました。最初は大変でしたけれども、続けていると習慣になり、帰ってきてから勉強机に行かないと落ち着かなくなりました。

以前から、いつか英語を本格的に学びたいと思っていました。そこで、子供が幼稚園に入ったのを機に大学受験を決意しました。学費は働いていた時の貯金でまかなっています。

勉強時間は主に早朝。後は子供が幼稚園に行っている間の日中に行っています。家族との時間は大切にしたいので、必ず日曜日はあけておきます。日曜日には一切勉強せずにすむよう、課題を終わらせます。(25歳 主婦)

通信制といえども、かなりの時間を割かなくてはいけないようです。しかし生活との両立はしやすく、学費も安く済みます。ただ、モチベーションを保つのはやはり大変。しっかりとした目的意識が大切だそうです。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ