- 保育園の先生と合わない時…子供を気持ち良く預けるにはどうする? | MARCH(マーチ)

保育園の先生と合わない時…子供を気持ち良く預けるにはどうする?

2014/04/10

いろんな事情があって子供を保育園に預けている方にとって、長時間子供をみていてくれる先生はとても有難い存在ですよね。

私自身保育士として1歳児のクラスの担任をしていましたが、お迎えの時に保護者の方はみなさん「ありがとうございました」と挨拶して帰られました。

自分が子供をみていられないから預けるので預かってくれてありがとうということなんですが、実際この先生にはあんまりありがとうと思えない、そんな自分とは合わない先生がいるという方も結構いらっしゃるのでは?

保育士といっても取得するのがとても難しいという資格ではなく、実際働いている方以外にも資格は持ってますという方はとてもたくさんいる、ということは先生といっても本当にいろんな人がいて保育に対する考え方も全然違うのです。

園それぞれの方針があってもそれとは自分の考えが違うとか他の先生とうまくいかないことが原因で退職する方も多いのも実情です。仕事に対する熱意も人それぞれ。なんとなく働いてます…という先生もいるんですよね。先生も人間ですから本当にいろいろです。

とはいっても、自分の大切な子供が起きている時間のほとんどを過ごす保育園の先生となると、いい加減な気持ちで働いてもらったら困る!とかあの先生は理由は分からないけどとにかく好きになれないなんてことありますよね。

それでも先生も人間だから…と合わない先生にも目をつぶるべきなんでしょうか?

直接対決はやめておくべき

子供に対する接し方は特に気になるところだと思いますから、直接文句のひとつも言いたくなってしまう方もあるようですが、こういう場合はまず他の先生にそれとなく相談してみるのが一番です。

子供をみているのがその先生一人だけということはないはずですから、担任ではない先生でもいいのでちょっと世間話くらいの気楽な感じで「私あの先生のこういうところがどうかと思うんですけどどうですか?」と聞いてみましょう。

先生方も保護者への対応にはとても気を遣っていますので、軽く流されるということはないと思います。確かにそういうところがある、不快な思いをしているなら申し訳ないくらいの言葉が返ってくるのではないでしょうか。

どうしても気になっているようなことでも、誰かそのことを分かってくれる人がいるというだけで結構スッキリするものですから、いきなり園長のところに乗り込んで文句を言ってしまったりという大きな事態にならないようにしましょう。

他の先生に相談するにしても子供にその話が聞かれないように注意することがとても大切です。親が文句を言っているのを聞いてしまうと先生が嫌いになり保育園が嫌いになってしまいます。

楽しく通わせてあげるために

いくらあなたが先生のことが苦手だといっても子供は毎日保育園で一緒に過ごすわけですから、子供を中心に考えてあげましょう。もし今楽しく通えているのであればそれで問題ないのではないでしょうか。

コミュニケーションを取るのが下手で保護者からは人気がないけれど、子供たちからは大人気という先生もたくさんいます。毎日の送迎の時間だけではなかなか分からないところもありますよね。

また毎年担任は変わるでしょうから1年だけの辛抱と思うようにすることも良い解決法です。また、いい先生だと思い込んでその先生のことを見てみたら、いいところがいっぱい見えてくるかもしれません。

保育園に行き始めてこんなに成長したとプラスにとらえていくように気持ちを切り替えていくことで、お迎えの時に素直にありがとうと言えるようになるといいですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ