【中日本編】子供は遊具でリフレッシュ!親子向け高速サービスエリア

コメント0
2015/09/19

加工後 shutterstock_230994790
高速道路を使ってお出かけというと、休憩にどのサービスエリアに立ち寄ろうかな?と考えるのも楽しみの一つですよね。ただ子供連れだとショッピングやグルメを楽しむだけでは物足りないのでは?

そこで今回は車に乗っているのに飽きてきたお子さんも体を動かして遊んでリフレッシュできるような、遊具のあるサービスエリアをピックアップしてみました。ちょっとした小さな遊具のあるところから、一日かけて遊びたい大型施設までたっぷりご紹介します!

たっぷり遊べる施設が充実!親子で楽しめるハイウェイオアシス

高速道路のサービスエリア(以下SA)やパーキングエリア(以下PA)に連結した「ハイウェイオアシス」(以下HWO)はそこを目的地としても楽しめるほど施設が充実しているところがたくさんあります。一般道からも利用可能なのが大きな特徴ですね。

今回はその中から親子で楽しめる施設を5つご紹介します!

1.大型遊具に有料の乗り物も充実で思いっきり遊べる!「刈谷HWO」

主に愛知県を横断するように通っている伊勢湾岸道の東より(愛知県刈谷市)にあるのがコチラ。我が家の帰省の際には必ず立ち寄るところです。上下のPAの中央にHWOがあります。

駐車場から小さめの観覧車を過ぎて階段を下りていくと、左手に大きな公園があります。遊具のたくさんあるエリアには下りの駐車場からが近いので、遊具で遊ぶのが目的なら下りの場合はHWOよりPAの駐車場をオススメします。

コチラはとにかく「思いっきり遊べる」のが特徴の公園。有料のメリーゴーランドやゴーカート、ミニ汽車もにぎわっていますよ。

有料遊具の奥にある大型遊具は少し大きいお子さん向け。一度上ってしまうとなかなか戻ってこないので、あらかじめ時間を決めておくといいですね。

大型遊具から下りのPA駐車場側に進むとアスレチック風の遊具や小さなお子さん向けの遊具もあるのでご安心を。大人向けのリフレッシュできる遊具もあるので、運転疲れもここで解消してくださいね。

その奥には大きな屋根付きのテント広場があり、暑い日でも日陰でゆっくり休憩することができるのも嬉しいですね。

観覧車から階段を下りてすぐのところには、4~10月の間「ジャブジャブ・ミスト噴水」があり、小さな子供たちが下から噴き出てくる噴水で水遊びを楽しんでいます。

一般道からも入ることができるので、近所の親子連れも訪れる人気の遊び場となっています。

休憩としては充実し過ぎているくらいの施設ですが、ドライブに疲れたお子さんのリフレッシュには最高ですよ!

刈谷ハイウェイオアシス
伊勢湾岸自動車道 豊田南~豊明IC間(上下線とも入れます)

▼刈谷ハイウェイオアシス 公式HP

http://www.kariya-oasis.com/

2.砂浜に行けちゃう!大型遊具やアスレチックもある「徳光HWO」

続いて北陸を縦断する北陸自動車道のHWOをご紹介します。石川県は金沢市のお隣、白山市の海沿いに位置しています。

福井方面へと南下する上りのPAには「はくさん街道」という約40店舗が入るショッピングモールが、そして富山方面へと北上する下りのPAは「松任海浜公園」と隣接しています。

上下どちらの施設にも高速道路を横切る歩道橋で行き来することができるんですよ。

この歩道橋からは日本海と砂浜がとてもきれいに見えます。そして下りのPAからはこの海水浴場にも行くことができるんです!

歩道橋を下りて右手にある、実に1.5kmにも渡る海浜公園はとてもきれいな船の形をした大型遊具やアスレチックのある冒険の森、芝生広場など子供連れで遊ぶにはピッタリ。

きれいな日本海を見ながら砂浜で貝殻を探すも良し、夏なら海に入るも良し、遊具で思いっきり遊ぶも良しですね!

徳光ハイウェイオアシス(スマートICあり・上りのみICから入った後PAの利用不可)
北陸自動車道 美川~白山IC 間(上下線とも入れます)

▼松任海浜公園(白山市のページ)
http://www.city.hakusan.lg.jp/kensetsubu/kouenryokuti/kaihinn.html

▼はくさん街道市場 公式HP
http://hakusan-kaido.com/

3.つい時間を忘れて遊んじゃうかも⁉「亀山サンシャインパーク」

三重・和歌山を縦断する東名阪道。新名神とつながる亀山ジャンクションから少し南下したところ(三重県亀山市)に亀山PAがあります。

こちらに隣接するのが亀山サンシャインパーク。バーベキュー広場(要予約)や大型遊具「キッズランド」、遊具もある大きな芝生広場もあり、夏(7月~9月中旬まで。金曜のみ利用不可)には「水の遊び場」で水遊びも出来ちゃいます!

緑がたっぷりでとても心地良いこの公園で過ごしていると、つい目的地に向かうことを忘れてしまうという声も。時間に余裕を持ってたっぷり遊びたいですね。

亀山サンシャインパーク(ハイウェイオアシス)
(スマートICあり・上りはPA利用後はICから出られず、下りはICから入った後PA利用不可)
東名阪道 鈴鹿~亀山 間(上下線とも入れます)

▼亀山サンシャインパーク 公式HP
http://kameyama-sp.com/

4.水族館も隣接する広い公園でたっぷり遊ぼう!「川島オアシスパーク」

東海北陸自動車道の岐阜・各務原市にあるのが川島オアシスパーク。こちらは国営木曽川三川公園や水族館「アクア・トト ぎふ」、木曽川水園などからなる「河川環境楽園」の中にあるレジャー施設です。

上下線どちらからも入れますが、上り線の場合は駐車台数が少ないため満車になる可能性があります。

高さ70mの観覧車が目印。こちらの一階にはキッズコーナー(無料)があり、雨でも室内で遊ぶことができます。

外には大型の「さかなの遊具」や水遊びができる「霧の遊び場」、有料の迷路や謎解きアドベンチャーもあり、様々なグルメやおみやげのお店が立ち並ぶ雰囲気にはついテンションが上がってしまうこと間違いなし!

水族館や奥の木曽川水園まで足を伸ばせば、丸一日遊べてしまうほどの充実した施設。少しだけ休憩したい時には不向きかもしれません。ゆっくり出来る時に立ち寄りたいですね。

川島オアシスパーク
東海北陸自動車道 一宮木曽川~岐阜各務原 間(上下線とも入れます)

▼川島オアシスパーク 公式HP
http://www.oasispark.co.jp/index.html

5.無料のプレイハウスで雨でもいっぱい遊べる!「鞍ヶ池HWO」

愛知県豊田からぐるっと岐阜県を通りながら三重県四日市まで円を描くように開通する予定の東海環状自動車道。現在は豊田東ジャンクション~関広見IC間、大垣西IC~養老ジャンクション間が開通しています。

その東の端、愛知県豊田市にあるのが鞍ヶ池HWOです。

PAと隣接するのが大きな鞍ヶ池公園。ここにあるプレイハウスは大きな木の葉をイメージした屋根と2階建ての建物が一体となった施設。屋根のある部分では外の空気を感じながら遊ぶことが出来ます。

靴を脱いで入る室内の「子どもプレイコーナー」はボールプールや滑り台、アスレチックがあり無料なのにたっぷり遊べるのが嬉しいですね。

公園内には動物園、植物園や観光牧場もあってとても広いのですが、園内はバスとパークトレインで移動することが出来ます。

車両 一回券 一日券
周遊バス 大人 100円
子供 50円
大人 200円
子供 100円
パークトレイン 大人 100円
子供 50円
一日券はありません

※大人ー中学生以上 小人ー小学生以下 未就学児ー保護者同伴につき無料

周遊バスは一周約25分。一日券があるのがいいですね。ただパークトレインはハイウェイオアシスから乗ることが出来るので公園までの往復で2回乗ることにして、後は公園内はのんびり歩くとリフレッシュになりますね。

鞍ヶ池ハイウェイオアシス (スマートICあり・ICから入った後のPA利用不可)
東海環状自動車道 豊田松平~豊田勘八 間 (外回り・内回りとも入れます)

▼鞍ヶ池公園(豊田市のHP)
http://www.city.toyota.aichi.jp/shisetsu/sports/kouen/1007430/index.html

少しの休憩ならこれで十分!手軽に遊べる遊具があるSA

HWOのような大きな所だと、そこを目的地にしてもいいほどの施設ですが少し休憩してリフレッシュするにはちょっとした広場や遊具があればいいですよね。

近所の小さな公園程度の遊具があるSAをご紹介します。

東名高速道路~静岡県内の3つのSAに遊具あり

まずは東京と名古屋を結ぶ東名高速道路にある3つのSA。どれも静岡県内ですがちょっとした休憩には十分ですよ。

1.足柄SA 下り
静岡県に入ってすぐ(静岡県駿東郡)のこちらのSAはグルメを楽しめる店舗もたくさん入り、とても大きいです。

駐車場からたくさんの店舗が入る建物の裏側へまわり左の奥に進んでいくと「やすらぎの広場」へ続く道があります。アスレチック遊具のある広い芝生広場は「こんなところがあったの?」という感じ。

自然豊かな風景にもリフレッシュできますね。

足柄SA 下り 大井松田→御殿場 間 (駿東郡)

▼NEXCO中日本 足柄SA下りの情報はコチラ
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa/guide?sapainfoid=4#panel

2.牧之原SA 下り
静岡市を過ぎて少しいった辺り(静岡県牧之原市)のこのSAは、規模は大きくありませんが自然豊かでのんびりと過ごすことが出来ます。

食事や買い物ができる建物の脇に芝生広場があり、アスレチック遊具があります。ゆっくり時間は取れないけれど、体を動かしたいような時にはピッタリですよ。

牧之原SA 下り 吉田→相良牧之原 間 (牧之原市)

▼NEXCO中日本 牧之原SA下りの情報はコチラ
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa/guide?sapainfoid=36#panel

3.浜名湖SA 上下
静岡県の西の端、浜名湖の湖畔(静岡県浜松市)にあるこちらのSAは上下線どちらからも入ることができます。

お店が立ち並ぶエリアから奥へ進むと目の前に浜名湖が見えてきます。坂道を下っていくと芝生広場にアスレチック遊具があります。

更に下へ降りていくこともできて、斜面には点々とベンチがいっぱい。のんびりと座って食事をしている人もたくさんいて、坂を上り下りするだけでもいい運動になりますよ。

浜名湖SA 上下 三ヶ日~浜松西 間 (浜松市)

▼NEXCO中日本 浜名湖SAの情報はコチラ(ページは上りですが駐車台数以外は共通)
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=31

新東名高速道路~新しいSAに親子でワクワク!

御殿場~三ヶ日間が開通した(2015年8月現在)新東名高速道路。まだまだ新しいこちらの道路はどのSA・PAも一般道からも利用できる「ぷらっとパーク」があり、設備もとても充実しています。

もちろん子供がリフレッシュできるような工夫も多くありますよ!

1.駿河湾沼津SA 下り
御殿場ジャンクションから間もなく(静岡県沼津市)のこのSAには、駐車場の脇の設備充実のドッグランの横に小山があり、そのふもとにポップなデザインに彩られたスプリング遊具が置かれたスペースがあります。

新しいSA・PAにはこのような小山があるところが多いですね。上り下りで体を動かすことで大人も気軽にリフレッシュできますよ!

駿河湾沼津SA 下り 長泉沼津→新富士 間 (沼津市)

▼NEXCO中日本 駿河湾沼津SA下りの情報はコチラ
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=188

2.静岡SA 上り
新東名の開通区間のほぼ真ん中辺り(静岡県静岡市)に位置するこちらのSAは小型車の駐車場のすぐ脇に小山があり、そこを上って滑り降りる滑り台も設置されています。

そして正面の建物の脇にはスプリング遊具が。どれもポップなデザインで明るい気持ちになれますね。こうしたちょっとした遊具だけでも子供はリフレッシュできるものです。

静岡SA 上り 藤枝岡部→新静岡 間 (静岡市)

▼NEXCO中日本 静岡SA上りの情報はコチラ
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=191

名神高速道路~規模は大きくないので短時間の休憩にピッタリ

次に名古屋から兵庫県まで続く名神高速道路。今回はNEXCO中日本エリアの滋賀県八日市ICまでのSA・PAからご紹介します。

1.多賀SA 上り
名神高速上り線、滋賀県は八日市を過ぎてすぐ、琵琶湖の東(滋賀県犬上郡)にあるのが多賀SA。

こちらは規模としては決して大きくありませんが、駐車場から建物の右側へ進みドッグランの奥の広場に木製遊具「遊run船」があります。

この遊具はNEXCO中日本が滋賀県立大の学生に依頼し、2009年に完成したもの。木のぬくもりを感じられ、気持ちよく過ごせる場となっています。

多賀SA 上り 湖東三山→彦根 間 (犬上郡)

▼NEXCO中日本 多賀SA上りの情報はコチラ
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa/guide?sapainfoid=49#panel

2.尾張一宮PA 上り
愛知県、大型連休にはよく渋滞する一宮ジャンクションを過ぎてすぐのところ(愛知県一宮市)にあるPAです。その先にまたよく渋滞する小牧ジャンクションがありますので、休憩するタイミングとしてはピッタリ。

PAに入り駐車場から向かって左手にスターバックスがあり、その奥の広場にカラフルな複合遊具が見えてきます。スプリング遊具もありますよ。

遊具で遊んで広場で走り回れば、リフレッシュできること間違いなしですね!

尾張一宮PA 上り 一宮→小牧 間 (一宮市)

▼NEXCO中日本 尾張一宮PA上りの情報はコチラ
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa/guide?sapainfoid=47#panel

小田原厚木道路~遊具は少ないけれど走り回るスペースあり

続いてその名の通り、小田原と厚木を結ぶ小田原厚木道路。短い区間ですが、上りの大磯PA(神奈川県中郡)に遊具があります。

大磯PA 上り
小田原厚木道路のちょうど真ん中辺りに位置するこちらのPA。駐車場に入ると左手にファミリーマートがあり、さらにその左側に広場があります。

広場の中にポツンと滑り台とスプリング遊具があり、少し寂しい印象ですが走り回って遊ぶにはいいですね。

大磯PA 上り(下りにPAはありません) 二宮→平塚 間 (中郡)
(PA利用後大磯ICから出られます。ICから入った後のPA利用は不可)

▼NEXCO中日本 大磯PA上りの情報はコチラ
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa/guide?sapainfoid=177#panel

雨でも子供は思いっきり遊びたい!屋内で遊べる施設がある上郷SA

普段のお出かけなら雨の時は公園に行くのは断念できますが、高速道路を使って遠くへお出かけする場合は、雨だからと日程を変えることはなかなかありませんよね。

でも車に長時間乗っていて疲れてしまうのは天候関係なし。むしろ天気が悪い方が子供の機嫌も悪くなるかもしれません。そこで雨でも遊べる屋内の施設があるSAをご紹介します。

時間制で切り上げやすい!高速初の室内こども遊園地のあるSA

東名高速道路、愛知県の豊田ジャンクションを過ぎてすぐ(愛知県豊田市)の上郷SA下りには、室内こども遊園地「yukids(ユーキッズ)」があります。こちらは2015年7月にSAのリニューアルに伴いオープンしたばかり。

室内のあざやかなネオンは楽しい気分をもっと盛り上げてくれます。スライダーにくるくる橋、ボールプールにふわふわ風船とワクワクするような遊具がいっぱい!

ただし、小学2年生までの利用で18歳以上の保護者の同伴が必要ですのでご注意ください。

料  金:一人につき 30分300円 以降10分につき100円加算
同伴の保護者は1家族につき入場料200円 ※0歳児は無料

営業時間:10:00~19:00 (18:30 受付終了です)

時間制なので30分思いっきり遊んで「よし、行こう!」と遊びを切り上げやすいですね。

そしてこの上郷SAは徒歩で渡れる連絡橋を通って上下どちらのSAも利用することができますので、上り車線を走っている場合でも(少し遠いですが)yukidsに行けちゃいますよ!

上郷SA 下り 豊田→岡崎 間 (豊田市)
(上りのSAからも徒歩でのみ利用可能)

▼NEXCO中日本 上郷SA下りの情報はコチラ
http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=16

知らなきゃ損!室内で遊べるキッズルームがあるSAを紹介

最後にこども遊園地のような大きなものではありませんが、子供が遊ぶことができるキッズルームを備えているSAをご紹介します。

渋滞のため、また渋滞を避けるために朝早かったり夜少し遅い時間に高速を走ることになり、休憩することもありますよね。こちらのキッズルームは多賀SAを除き24時間利用できるところも嬉しいですね。

新東名高速道路

  1. 駿河湾沼津SA 下り 長泉沼津→新富士 間 (静岡県沼津市)
  2. 藤枝PA 下り 藤枝岡部→島田金谷 間 (静岡県藤枝市)
  3. 浜松SA 上下とも 浜松いなさ~浜松浜北 間 (静岡県浜松市)
名神高速道路
多賀SA 下り 彦根→湖東三山 間 (滋賀県犬上郡)
(こちらのキッズルームのみ 8:30~22:00)
東名阪自動車道
御在所SA 下り 四日市東→四日市 間 (三重県四日市市)
東海北陸自動車道
関SA 上り 美濃→関 間 (岐阜県関市)

キッズルームはあまり広いスペースではありません。大型連休など混雑する場合もあります。譲り合って利用できるといいですね。

▼NEXCO中日本 キッズルームの情報はコチラ
(ページ一番下の表から各SAのページへ行くことができます)
http://sapa.c-nexco.co.jp/guide/baby

座りっぱなしは体に毒!親子で適度に体を動かして

加工後 shutterstock_223573396
たくさんご紹介してきましたがいかがでしたか?帰省などでよく高速を利用していても、いつも同じSAに寄っていて遊べるところがあるなんて知らなかったという方もいらっしゃるかも。

車内で楽しく過ごす工夫をしていても、座りっぱなしでは疲れてしまいますよね。特に体をガッチリ固定するチャイルドシートは子供の血流が滞ってしまいがち。

しっかり休憩をとって思いっきり体を動かして遊べば、その後にぐっすり眠ってくれるかもしれませんね。

ただし、普通の公園と違って駐車場がとても近く車の出入りも多いです。お子さんがお店やトイレにも興味を示してフラッと一人で行ってしまうことがないように、絶対に目を離さないようにしましょう。

運転疲れのパパは車で寝ていたい…と思うかもしれませんが、少し体を動かした方が気分もスッキリしてその後の運転も頑張れますよ。

高速道路は単なる通り道ではなく、少しでも楽しめるようにと工夫されている施設が増えていますので、ぜひ親子でリフレッシュして素敵な思い出を作ってくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ