- 【産科選びには内緒のポイントがある】人に教えたくない選び方 | MARCH(マーチ)

【産科選びには内緒のポイントがある】人に教えたくない選び方

2015/06/16

66shutterstock_212633365

都市部ならばまだ産科を選ぶことが可能な時代ですが、これが少し地方に行くと産婦人科自体の数が激減して、妊婦検診や子宮がん検診をすることさえ難しくなっていると言われています。

限られた産婦人科の数で、どうやったら自分に合う産婦人科に出合えるのでしょうか。とっておきの産婦人科選びはないのかを考えてみましょう。

赤ちゃんと自分のことだから…

いくら産婦人科の数が減っているとはいえ、出来るだけ自分に合う病院を選んで欲しいと思います。私はよく人と仲良くなりやすいタイプなのですが、それは医師も同じで話してみて信頼出来るかどうかというのがとても大切になります。

産婦人科は自分の体とお腹の赤ちゃんの両方を診てもらう大切な病院です。しかも直接命が関係していますから、出来るだけ親身に対応してくれるところがいいと思います。

選択肢は多いほうがいい

こういう言い方をすると良くないかもしれませんが、やはり病院はボランティアで運営しているのではないため、必ず儲けを頭に入れている部分があります。

特に出産に関しては保険が効かない分野も多く、分娩費用を始め入院費などは産院によって様々です。お金が高いからいい病院で良いサービスが受けられるわけではなく、安いから悪いというわけでもありません。

選べる数は減っているでしょうが、出来る限りいくつかの選択肢から選ぶことは大切です。

婦人科検診で見極めよう

私の場合、最初の産婦人科は以前婦人病でお世話になった時に、とても信頼出来る先生に会ったことから「ぜひこの先生に取り上げて欲しい」という思いで選びました。

残念ながら途中で開業されて結局取り上げてはもらえませんでしたが、病院のスタッフが素晴らしいことはよくわかったので安心して出産出来ました。

まず、自分に合うのかどうかは婦人科健診で一度病院を受診してみるとだいたいわかります。

NICUを狙ってみる?

二人目以降は帝王切開しているというリスクがあったので、地域で一番大きな産院に通っていました。ここは私のような帝王切開経験者をはじめ、高齢出産の方も多くいました。

NICUがある産院というのは、それだけで今の時代は大人気です。

でも、NICUだけを狙って受診するというのはちょっと待って下さい。今は昔よりも医療が発達していますので、NICUに入る赤ちゃんも増えています。

NICUとは、小さく生まれた赤ちゃんをケアしてくれる診療科です。その地域にこのくらいの病床が必要、と目標があるようですが、看護師や医師の負担も大きいので、理想の数に達していない地域がほとんどです。

ですからみんなで狙ったら大変なことになりますので、明らかに最初からリスクがある場合以外は、普通の産院でも心配はいらないでしょう。

ネットより実際に会ってみよう

今はインターネットの口コミ等もあてにできますが、やはり実際に先生と会ってみないと波長が合うかどうかはわかりません。

個人の産院だと先生が限られているのでそう大きな問題にはならないのですが、大きい病院となるといつも違った先生に診察してもらう、という可能性が高いです。

そのため、普通分娩ではその時病院にいた先生が立ち合うこともあり、自分の希望の先生がいるとは限らないので注意が必要です。

妊娠前からチェックを

私は二人目を妊娠中、どこの産院で分娩するのか決めるために、2つの産院を受診しました。前から気に入っている信頼する先生のいる個人産院と、大病院。結局は大病院のお世話になりましたが、ちゃんと両方を見ておいて良かったと思います。

自分で納得する産婦人科を選ばないと後で後悔します。出産と言うのは、一生に一度あるかないかという一大イベント。インターネットで下調べして、出来れば妊娠前からいくつか産院をチェックしておくといいでしょう。

口コミも話し半分で

里帰り出産する場合にも、実家に近いからという理由だけで選ばないほうがいいでしょう。なかなか受診出来る機会はないのかもしれませんが、ちゃんと見極めることは大切です。

インターネットばかりあてにせず、友達の口コミも話半分くらいに受け取ったほうがいいと思います。

何よりも自分とのフィーリング。これが一番のポイントです。私は産婦人科だけでなく、基本はどの病院でも医師とのフィーリングを大事にしています。

特に内科もかなり話し合いが必要なので、最低限信頼出来そうと思わない限りは通いたくありません。

妥協点も見極めよう

なかなか理想の産婦人科に巡り合えないかもしれませんが、もしもパーフェクトなところに出合えなくても「ここならば妥協でOK」というところを探すことは大切です。今のご時世完璧な産院はかなり難しいのかもしれません。

施設が古くても綺麗であること。スタッフが親切であること、なども些細なことですが気になる点です。私の中では医師がちゃんと目を見て話してくれるのが最低条件です。

二人目以降お世話になった産院の先生方はみんな最初に会うとしっかりと挨拶してくれたのでとても好印象でした。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ