- 産後のダイエットにも糖質オフ。食事に活用したい「おから」の底力 | MARCH(マーチ)

産後のダイエットにも糖質オフ。食事に活用したい「おから」の底力

2014/03/30

出産の後に増えてしまった体重、ぽっこりしてしまったお腹。一刻も早く元に戻したい!できるならば今すぐ!今すぐに!という時のダイエット方法として効果の高いものを挙げるなら、やはり「糖質オフ」あるいは「炭水化物オフ」ダイエットです。

糖質、あるいは糖質を多く含む食べ物である米、パン、麺類、根菜などを減らす、もしくは食べないというダイエット。

糖質は体に蓄積される率が高いのでぽっちゃりの原因になりやすいですが、同時に体を動かすためのエネルギー源でもあるので、消費される率も高いのです。

なので一時的に炭水化物の少ない食事を続けることで、体内に蓄積された余剰なエネルギーの消費を促し産後太り、お腹ぽっこりの解消に繋がるというわけです。

ただ、糖質を多く含んでいる食べ物はお腹に溜まりやすく満足感を得やすいということがあるので、一方で炭水化物を減らしてしまうと一回の食事での満腹感を得にくくなってしまいます。

また糖質の多いイモ類などの根菜を減らす食生活では、同時に食物繊維の摂取も減らしてしまうことに繋がり、結果として便秘に悩む方も多くなってしまいそうです。

お腹への溜まりやすさ、糖質の少なさ、便秘対策、これら心配ごとを一つの食材で解決しようとしたら、それはずばり「おから」です

なによりも、嬉しい低カロリー。100gあたり90kCal程ですので、同じ量のご飯が170kCalなのに比べて食事で取るカロリーを低くすることが出来ますね。

加えて食物繊維が豊富なことから量が少なくても満足感を得ることが出来、更にお通じの改善にも効果が。更に更に美肌効果の高いイソフラボンも多く含まれているので女性にはいいことずくめの食材なのです。

煮付けにするのがオーソドックスな食べ方ですが、もともとが味や風味の柔らかな食材なので、フライパンで5分ほど乾煎りするだけで、意外とご飯の代わりにになるのです

カレーライスのご飯の代わりやミートソースに添えてもなかなかいけます。グラタン、ドリア風にチーズを乗せて焼いてもいいかも。そして何よりもの低価格!お店によっていろいろですが、袋一杯に詰まっていても恐らく100円前後で購入できます

使い残したら冷凍保存も出来ますし、煮付けの状態で小分けして冷凍すればお弁当のおかずにさっと一品、助かります。

昔から日本でよく食べられてきた食材でもありますから、赤ちゃんが大きくなってからの食育のためにもおからを料理してあげるととてもいいと思いますよ。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ