- 産後は休養が必要だけど…。休めないママの体調、どう回復させる? | MARCH(マーチ)

産後は休養が必要だけど…。休めないママの体調、どう回復させる?

2014/08/05

休めない場合も、隙を見て休む!

産後すぐは、やっぱり無理はしない方がいいと思います。良く休み、良く食べて、また休む。出産は思った以上に体力を消耗するものです。年齢に関係なく、産後はしっかり休んでほしい。3人目を産んだ後、ちょっと動き過ぎたなと反省しているライターからの助言です。

「休める時間がない」と言われるママも、無理矢理休む時間を作れませんか。上の子がいるから。旦那さんが協力的じゃないから。そういう理由から、産後すぐのママが一生懸命家事や育児をしてしまう。でもね。そこまで、自分を犠牲にすることはないんですよ。

子供も案外話せば分かってくれるもの。「ママは今休みたいの!」とちょっと強めに言ってみましょう。すると、30分くらいは横になる時間をくれる筈です。その前には、子供が少し集中してくれるものを与えておく必要はありますけどね。

旦那さんが無理解なのは本当に困りますが、理解のない旦那さんは、これからもずっと理解がないのだと諦めてしまいましょう。それでも、少しでも旦那さんの協力が欲しい方は、産前からしっかり、出産とはどういうものか。出産後、母体がどれくらい疲弊するものなのかを、伝えておく必要があると思います。

そして、退院後の過ごし方を、一緒に考えておくといいでしょう。核家族の時代だからこそ、行き当たりばったりではなく、何事も計画的に進めておくようにすると、後々イライラしないで過ごせると思います。

体からの信号に素直に従いましょう。

体からの「休んで」という信号は、意外にはっきりと分かるように思います。ライター自身、産後半年くらいは、週末必ず寝込んでしまっていましたが、それも体からの信号だったのでしょうね。

平日子供たちの習い事や幼稚園の送り迎え、家事雑事に追われ、週末、一気にその分のしわ寄せが来ていたのだと思います。お仕事をされている方は、なかなか思うように休めないこともあるでしょうが、育休期間や休日は、母体を回復させるのに大切な時間です。

気兼ねされることなく、自分の体の今後の為に、しっかり休息を取ってくださいね。休息は、心の安定を図る為にも必要なことです。産後のストレスで心まで疲れてしまわないように、自分なりの息抜きも見つけておくようにするといいかも知れません。

食事や睡眠を良質なものに!

休養に加え、バランスの良い食事を心掛けましょう。母乳育児の方は比較的気を付けることだと思いますが、野菜中心で、味はなるべく薄い、和食ベースな食事が、産後の体には優しいと思います。

また、睡眠不足になりがちな産後を乗り切る為に、産前に運動することで、体力を付けておくことも大切だと思います。ウォーキングなど、おなかの赤ちゃんに負担にならない程度の運動を続けておきましょう。

ただ、おなかが張りやすいなどの症状のある人は、医師に運動をしてもいいか相談し、指示に従ってくださいね。女性にとって、幸せな出来事であると同時に、とても負担になる出産。年を取ってから後悔しないように、「休める時には休む」を心掛けていきましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ