- 産後クライシスを克服!仲良し夫婦でいるために必要な対策は? | MARCH(マーチ)

産後クライシスを克服!仲良し夫婦でいるために必要な対策は?

2015/02/05

shutterstock_124904687
最近よく耳にする「産後クライシス」。それは、出産を契機に夫婦の関係が悪化すること。

ママの出産後、ホルモンバランスの変化や産後の体調不良、育児に対する不安や旦那に対する育児への不満からおこります。

産後のホルモンバランスの変化や、赤ちゃんのお世話が大変でなかなかイライラをとめられない。でもパパとは協力して楽しく育児をしていきたい!

色々な原因が複雑に絡み合って産後クライシスが起きています。では、ママの思考を簡単な具体例をあげて紹介します。

産後クライシスを起こしている具体例

赤ちゃんが夜中に3時間おきに起きて泣きかれ、出産してまだ十分に体力が戻っていないので、夜中に起きて授乳やオムツ替えで身体に負担がかかる。
        ↓
赤ちゃんが泣いているのに旦那はしらんぷりで寝ている、泣いている事にすら気づいていない。当然夜中の赤ちゃんのオムツ交換やねかしつけは全てママ任せ。
        ↓
でも朝は旦那より早く起きて朝ご飯作って、
        ↓
日中は赤ちゃんの世話をしながら掃除、洗濯、晩ご飯作り。お昼寝なんて出来ない。
        ↓
旦那は、たまにオムツ交換やミルクをあげてくれても1日1回あるかないかのレベル
それなら朝ご飯作りや旦那の世話全般が無い方がよっぽど楽なんじゃないか?
        ↓
育休終われば職場復帰するし、収入もあるし、一人で子育てする方がストレス無くいられるんじゃないか?
        ↓
パパって家庭で必要ないかも?
        ↓     
産後クライシスの状態におちいる

どんどん自分で背負い込んでしまって、悪い方へと考えがおよんでしまってますね。

では、このような考えにいたらないために、パパ側、ママ側でどのような対策をとるべきなのでしょうか?

ママがおこなうべき対策

全てをパパのせいにし、ただイライラしながら八つ当たりしては解決になりません。ママも努力するべきことはあります。

とにかくして欲しいことを具体的に伝える

何も言わなくても察してほしいと思ってしまいますが、そこまで気がまわる男性はあまりいません。そもそもそこまで気が回るなら、こんな状態に陥っていないでしょう。

  • 朝はもう少し早く起きてほしい
  • 洗濯物をたたむ事は手伝ってほしい
  • 食後の食器洗いはしてほしい

してほしいことを箇条書きにして簡潔に伝えてみましょう。具体的に伝えて話し合う努力をする事が大切です。

完璧な旦那なんていないと考える

どんなに旦那が育児を手伝っていても、やはり育児の主役はママ。してほしい事が全て完璧では無く、半分出来ただけでも上出来と考えるように、パパに少しの余裕を与えてあげましょう。

夜中、パパが寝てても起こす

ママは赤ちゃんの鳴き声にとても敏感に出来ていますが、男性は違います。ママとパパでは赤ちゃんの鳴き声の感じ方が違うのです。

変な遠慮はいりません。起きないならとにかく起こしてしまいましょう。交代で起きて赤ちゃんの寝かしつけをしましょう。夫婦なんですから。

パパが行うべき対策

パパはとにかくママのケアが大事です。

ママの愚痴は最後まで聞いてあげる

パパも言いたい事はたくさんあるはず。毎日仕事を頑張って、ママと赤ちゃんのためにお金を稼いでいるのですから。

しかし、今のママは少しいつもの状態とは違うということを忘れないように。

産後で身体がしんどい、出産の傷が痛い、毎日寝不足となると当然感情的になります。ママが愚痴を言い出しても、最後まで否定せず聞いてから、自分の考えを冷静にいってあげてください。

ママの仕事を少なくしてあげて

ご飯の後、片付けはそのままにして赤ちゃんと遊んでいませんか?赤ちゃんの面倒をみているんだから片付けは良いだろうなんて思ってそのままではママは全然楽になっていません。

パパは十分手伝っているつもりでもママはそうは思っていません。

ママは今までの家事にさらに育児が増えています。仕事が増えている分、パパも仕事の量を増やしてください。出来るだけ家事を手伝ってママの仕事を少なくししてあげてください。

赤ちゃんがやってきて今まで体験した事の無い事の連続です。子供がいない時期は「まあいいか」と問題を先送りにしても大丈夫でしたが、今はそのままでは駄目です。

お互い、思っていることを話し合い、どうすれば夫婦としていられるか考え、お互い歩み寄りながら生きていく必要があります。そうすれば、可愛い赤ちゃんがいるのですから、夫婦仲良く楽しい育児ができるでしょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ