公園で子供と一緒に楽しく!産後ダイエットに効果的な遊び方

コメント0
2016/04/21

公園で追いかけっこなどで遊んでいる親子

子供を産んでから太ってしまってなかなか元に戻らない! そんな悩みを抱えているママは多いですよね。

妊娠前はちっとも太っていなかったのに出産を機に一気に体重が増えてしまってどうしたらいいか分からない。

産後に体重が増えてしまってその対策が思いつかない…そんな時は子供を一緒に楽しみながらダイエットをするのがおすすめです。

そのためには近くにある公園を上手に利用していきましょう!

産後に太ってしまう主な原因は3つ

出産を期に体重が一気に増えてしまうのを悩んでいるママはとても多いです。

お腹に赤ちゃんがいる間の体重増加は当たり前なのですが、産後も元に戻らないと不安ですよね。

赤ちゃんを産んだあとに体重が急に増えてしまったり、増えた体重が元に戻らなくて妊娠前と体型が全く違ってしまってもとの洋服が着られない。どうしてこんなことが起こるのでしょうか。

出産がきっかけで太ってしまう理由は幾つか考えられます。スムーズにダイエットを進めていくためにその原因を探っていきましょう。

  • ストレスが溜まって食べ過ぎてしまう
  • 姿勢が悪くなって代謝が落ちる
  • 骨盤の歪みが治らない

産後は子育てのストレスでついつい食べ過ぎてしまうことも…

出産のあとというのはそもそも体重が減りやすい時期にあります。子育てが始まって寝る暇もなく動き回らなくてはならないですし抱っこや授乳は体力勝負です。

それでも太ってしまうのはどうしてなのでしょうか。それはそうした忙しい子育ての始まりがママにとって大きなストレスだからです。

ストレスが溜まっている時ってついつい甘いものが食べたくなったり、ご飯をどか食いしてしまったりしていませんか?

また子供のために作った食事が残るともったいないからと自分で食べてしまったり。こんなふうにしてちょっとの量だと思って食べてしまった食事が産後太りの原因になるのです。

忙しい子育ての間にストレスを溜めないようにするのはとても大変です。

そんな時には自分の時間を取れるように工夫したりアロマテラピーなどでリラックスすることをおすすめします。

産後の赤ちゃん抱っこで姿勢が悪くなることも太る原因!

赤ちゃんが小さいうちはたくさん抱っこをしないといけないですね。立って抱っこすることも多いですが時には座ったまま抱っこをすることもあるでしょう。

そんな時には赤ちゃんのお顔が見えるように体をかがめてしまっていませんか。このようにして猫背になっていくとだんだん姿勢が悪くなります。

姿勢が悪くなることも太る一因なのです。猫背になって姿勢が悪くなっていくと背中の筋肉が徐々に減っていきます。

カロリーを消費するためには体の筋肉量がとても大切になってきますから、姿勢が悪いせいで背中の筋力が落ちることは太ることにつながるのです。

骨盤が歪んで代謝が悪くなることも太る原因に

出産の後に太ったり体型が変わってしまう一番の原因は骨盤の形が変わってしまうことです。

赤ちゃんを産むことによってママの骨盤は大きく開いた状態になります。

この状態から骨盤がゆがんでしまって正しい位置に戻らないままになっていくと、リンパや血流が悪くなってしまって結果としてお腹を中心に脂肪がたまりやすくなるのです。

骨盤が歪むと、骨盤の中を通る血管・リンパが圧迫され血流が悪くなってしまいます。血液・リンパが滞ると、よぶんな水分が排出されずむくんだり、 老廃物の蓄積の原因、カラダの冷えにつながります。そうするとますます代謝が落ち、どんどん脂肪を溜めこむ体になってしまします。 そして便秘になりやすく、慢性化すると太る大きな原因となります。

骨盤のゆがみが気になって体型の変化も不安なときは思い切って接骨院に行ってみることもおすすめです。

接骨院の先生は体のどこがゆがんでいるのかについてしっかりと把握してくれますからママの体に起きている不具合をきちんと解決してくれます。

骨盤矯正のためのグッズはいろいろと販売されていますが、やはりプロの施術を何回かきっちりと受けることの方が費用的にもよいようです。

また、家で少しのスキマ時間にヨガを取り入れてみてはいかがでしょうか。ヨガは普段使わない筋肉や体幹を鍛えたり、精神を安定させる幸があります。

お子さんが歩けるようになっていれば、家で一緒に取り組めるのでおすすめです。

あきらめないで!産後は痩せるチャンスも秘めています!

産後に太りやすい理由をいろいろと見てきました。

でも知っていますか?実は出産のあとは痩せやすいチャンスの時でもあります。

まず大きな理由は授乳です。赤ちゃんにおっぱいをあげることはママの体からとてもたくさんのカロリーを奪い取っていくのです。

母乳はママが取り入れた栄養をそのまま赤ちゃんに送り届けます。

ただ座って授乳しているだけでもプールで平泳ぎを一時間泳いだのと同じ位の消費カロリーなのだとも言われています。

それに加えて、更に子供を抱っこしたママやおんぶしたまま家事をしなくてはいけない場合もあります。掃除や洗濯をしているだけでもかなりの運動量です。

産後の子育ては体力も神経も使う重労働です。難しいことを考えずにただ赤ちゃんとの毎日に向き合っていけば自然と痩せやすくなっていくとも言えるでしょう。

公園で子供を巻き込んでのダイエット法を紹介!

太ってしまったことを悩んでいても、子供が小さいうちはなかなか人に預けてジムに通ったり定期的に運動することが難しいものです。

そんなときは子供と一緒に遊びながら運動をする方法を考えていきましょう。

それには公園をうまく利用することが一番よい方法なのです。

近所の小さな公園から遊具の設備の整った大きな公園まで、場所ごとに子供も楽しめてママも運動不足が解消出来る方法を紹介します。

ベビーカー、よちよち歩きの子供とは縄跳びがおすすめ!

赤ちゃんがまだベビーカーに乗っている時期にはあまり遠出はせずに近所を散歩することが多いと思います。

この時期にはお家の近くにある小さな公園に出かけて行って縄跳びなどの軽い運動からはじめましょう。

ベビーカーをちょっと止めて縄跳びを100回、200回などと決めて何セットか行うといいですね。これもしっかりとした有酸素運動になります。

縄跳びにはランニングなどの激しい運動をするための足の筋肉を準備するという利点もあるのです。

赤ちゃんが大きくなってきたら動き回って追いかけるのが大変になりますし、早いうちから体力作りをしておくのもとてもいい方法です。

しっかり歩きかけっこも出来るようになった子供とは、親子で楽しくウォーキング

赤ちゃんのあんよがしっかりと出来るようになって足取りも力強くなってきたら、少し遠くでも広い公園があるところに行って子供と一緒にウォーキングを楽しみましょう。

ウォーキングとは言っても初めのうちはちっともいうことを聞いてくれない赤ちゃんのあとを追いかけているだけで鬼ごっこ状態だと思います。

でもそれがいいのです。子供を追いかけながら走ったり休んだりまた走ったりを繰り返しているとインターバルトレーニングになって肺活量が鍛えられます。

また子供にちゃんとついてきてもらうためにも、歌を歌いながら一緒に歩くという方法もお勧めします。

歌を歌っているときは自然と呼吸が深くなるので酸素を取り込む量が多くなり有酸素運動としての効果が高くなります。

やってみてもらうと分かると思うのですが、歌いながら歩くというのはなかなか体力を要するものなのです。

汗もしっかりかくことが出来るのでよりダイエットの効果がありますよ。しかしくれぐれも都度の水分補給をお忘れなく。

遊具もしっかり活用してみて!公園にある遊具を使った遊び方

お子さん達も2、3歳くらになってくると公園の遊具でしっかり遊べるようになってきます。そうなれば遊ぶ姿を見ているだけでなくママも一緒になって遊びましょう。

是非トライしてもらいたいの公園の中に設置してあるアスレチックの遊具です。網を渡ったり登ったりする遊具のことですね。

網で組んだ足場というのはとても不安定です。その不安定なところに手や足を掛けて移動しようとすることで体全体がバランスをとろうとします。立派な全身運動です。

私も息子とアスレチックで遊びましたが、これはかなり全身を使いました。翌日は腹筋と言わず背筋と言わず強い筋肉痛になりました。体重も少し落ちていました。

アスレチックで体のバランスをとろうとすることが全身の筋肉をバランスよく使ってくれたのだと思います。

また大きな滑り台がある公園でしたら高い階段を何度も登ることになるので、太もものエクササイズにぴったりです。こちらも同じく次の日筋肉痛になりました。

ただし公園は子どもたちが遊ぶための場所ですので、他のお子さんの邪魔にならないように配慮して遊びましょう。

産後のダイエットは子供も巻き込んで楽しく取り組もう!

子供たちはママと遊んでもらうのが大好きですよね。

子供と遊んでばかりで自分が運動出来ない!と考えるのではなくて子供との遊びをうまく自分の運動に利用しましょう。

何よりも外に出て子供を体を動かすということが、子育てのストレスを開放してくれる手段にもなりますので気分がすっきりします。

気持ちがすっきりしっかりするだけでも考え方が前向きになるので、よし、これからもっと頑張って運動するぞとやる気も出てくることでしょう。

子育てが始まると、子供との付き合いは長い長い間続きます。

子供が原因でダイエットが出来ないと思っているといつまでたっても痩せられないですよね。

産後ダイエットのコツは子供も一緒に巻き込んでしまうことです。子供も楽しくてママも楽しく運動できるなら、こんなにいいことはないのですから。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ