ママに人気のヘアスタイルやアレンジ法!抜け毛が多い産後におすすめ

コメント0
2017/01/24

加工後 shutterstock_130468706

出産を機に髪に対する悩みが増えたという方、いらっしゃいませんか?

「抜け毛がひどい・白髪が生えた(増えた)・ハリコシがなくなった」などが悩みとしては多いでしょう。

また、育児に時間が割かれて自分に手がかけられない為、ヘアスタイルがいつも一緒でおしゃれをする楽しみすら湧かない人もいらっしゃるのでは。

この記事では、自分に合ったヘアスタイルにはどんなものがあるのかをはじめとして、忙しいママでも簡単にできるヘアアレンジや便利なヘアアイテムなどをご紹介いたします!

生え変わりピンピン髪対策!お勧めのヘアスタイルとアイテム

さて、抜け毛に悩んだ時期が過ぎると新たな悩みが出てきます。抜けたところからいっきに新しい髪が生えてきて、ぴんぴんとした短い毛が目立つようになるのです。

ちょっとした整髪料では抑えることのできない大量の短い髪!「アホ毛」という残念なネーミングもあるあの短い毛にはどう対処すれば良いのでしょうか。

ベリーショートにして短い毛を目立たなくさせるというのが手っ取り早いですが、髪を切ることに抵抗がある人もいますよね。

髪を切らずにできる対策をいくつか挙げてみました。

敢えてルーズな分け目を作って生え際対策!

分け目をきっちりつけずに、手櫛でふわっとルーズに、若しくはジグザグにする!

ルーズな分け目の作り方は簡単です。櫛を使わず、手で前髪をかきあげれば良いだけです。とはいえ、野暮ったく見えないルーズな分け目を作るのは難しいですよね。

そこでお勧めなのが、コームでとかすだけで簡単にジグザグの分け目を作れる「ふんわりコーム」です!

貝印AGING LABO 分け目ふんわりボリュームコーム
分け目ふんわりボリュームコーム

ニット帽でピンピン髪を押さえる!

ニット帽でなくとも、帽子をかぶれば短い毛を隠すことはできますが、万が一帽子を外さなくてはいけないシチュエーションになった時のことを考えるとニット帽がおすすめです!

髪にピタっとするタイプのニット帽は、かぶっている間に短い髪を頭に馴染ませてくれます。

今は夏でも着用できるニット帽もありますので、帽子をかぶることに抵抗のない方は是非お試しください。

更に気になる方は、帽子をかぶる前にワックスなどで髪を整えておくと良いでしょう。

前髪を内側にねじって生え際隠し!

前髪を内側にねじって、ヘアピンで留めるだけの簡単おすすめアレンジです!

内側にねじるので短い毛を他の毛に巻き込みながら、生え際も隠すことができます。

他にも産後の抜け毛に困ったときの「前髪」に特化したアレンジ方がこちらの記事に載っていますので、是非トライしてみてくださいね。

▼産後の抜け毛を目立たせない前髪アレンジについてはコチラも参考にしてみて!

効果絶大!塗るタイプの強力ワックス

ロングヘアの人や髪を1つに結ぶことが多い人に、特におすすめのアイテムが塗るタイプのヘアワックスです。

ウテナから出ているマトメージュというスティック状のワックスは、皆さん1度は見たことがあるのではないでしょうか。

ピンクのレギュラータイプとグリーンのスーパーホールドタイプがありますが、抜け毛後の短い毛には、スーパーホールドをおすすめします。

ワックスをつけてから時間が経ってもパラっと髪が浮かず、ぴんぴんの短い毛を見事に隠してくれます!

手も汚さず片手でサっとできるので、育児に忙しいママには嬉しいグッズです。

マトメージュ まとめ髪スティック スーパーホールド
まとめ髪スティック スーパーホールド

いかがでしょうか?

産後のママさん達を悩ませるアホ毛ですが、ある程度長さが出てくれば、他の髪に馴染んできます。

期間限定の悩みだと思って、自分に合った対策を見つけ乗り切りましょう!

ミセスにボブが多い理由!自分に適した長さとは!?

ネットでヘアカタログを見てみると、とあることに気づきます。

多くのヘアスタイルから、条件をつけて絞ろうと、年齢やタイプを「ミセス」と選択すると、ボブヘアやショートヘアの数がぐっと増えるのです。

そういえば、周りでも年齢と共にロングヘアの人が減ってきたような気がしませんか?

大人の女性がボブやショートというヘアスタイルを好むのには、理由があるようです。

  • ロングヘアだとヘアカラー(白髪染め)が大変
  • 髪質が変わって、パサつくようになり綺麗にロングを保つことが難しい
  • 髪にボリュームがなくなり、ロングだとペタンコに見える
  • ロングヘアをおろすと、顔のシワやたるみが目立ち老けてみえる為

このような理由から、トップにふわっとボリュームを作りやすいボブやショートに人気が集まるようです。

しかし、だからといって30代後半にさしかかったらロングヘアは似合わないのか?と言うとそんなことはありません。

ショートでもロングでも、手入れが行き届いている艶髪は素敵です。逆に、長さに関係なくぼさぼさヘアは実年齢以上に老けた印象を与えてしまうのです。

綺麗なロングヘアは、やはりいくつになっても憧れるものですよね。綺麗なロングヘアを保っている方もたくさんいらっしゃいます。

ただし、ロングヘアは身長の3分の1までの長さにすることが良いとされています。余りに長すぎる髪は、全体で見た時にスタイルを悪く見せてしまうのです。

ロングヘア派の方は、自分の身長に合った長さをキープしてみましょう。

イメチェンするなら髪型を変える!印象別ヘアスタイル

卵型・丸顔・ベース顔・逆三角顔・面長など、顔の形は様々で形によって似合う髪型・似合わない髪型があると良く聞きます。

しかし、「顔の形で似合う髪型が決まる」と決めつけるのもどうかと思います。

例えば、「ベース顔の人はショートにするとエラが目立つからショートは似合わない」と決めつけてしまうことです。

でもそれは間違い!つまり、顔の形や顔立ちが似合う髪型を決めるのではなく、髪型の方がその人の印象を変えているのです。

そもそも自分の輪郭が卵型だとかベース顔だとか、分かっている方はそう多くないと思います。

しかし、「自分はエラが張っているな」とか「丸顔で顔が大きく見える」など、自分の顔の特徴を知っておくことは大事です。

他人の視線が、自分のコンプレックスとなるところに集中しないよう、前髪を斜めにしたり、パーマをかけることで目立たなくさせることができるのです。

コンプレックスを認識しておくことで、どうすればカバーできるのかも知ることができます。

腕の良い美容師さんであれば、こちらが何も伝えなくともその人に合った「似合わせ」スタイルを作ってくれます!

要は、顔かたちによる欠点カバーは、信頼する美容師さんにお任せするとして、自分がやってみたい髪型を決める時は、自分の顔形云々よりも「なりたいイメージ」を優先してみましょう。

美人というより可愛い印象!フェミニンで柔らかさのある髪型

  • 実年齢よりも老けてみられるので、ヘアスタイルを変えて若々しくなりたい
  • きつそうに見られるので、女性らしい柔らかさを出したい
  • 「綺麗」「美人」というよりは、「可愛い」と言われたい。
  • ワンピースやフレアスカートなどフェミニンなファッションを好む

このように可愛らしい印象を求める方におすすめの髪型をご紹介します。

全体的にふわっとした印象のゆるいパーマスタイル

ふわっとゆるいパーマをかけることで、可愛らしい雰囲気になります。前髪はありますが、少し横に流すことで軽くなり、地味な感じを与えません。

より優しい雰囲気を求めるのなら、おすすめのヘアスタイルです。

ストレートでも全体に丸い形を作れるショートボブ

パーマは苦手…という方におすすめなのが、前髪ありタイプのショートボブです。

顔周りの髪を軽くし、毛の量を調整することでふわっとした印象がつくれます。

前髪は重めですが、きっちり真下におろすのではなく、サーっと手櫛で無造作にすることで空気感がでます。

顎より上のショートボブなので、かわいらしさに加えて清潔感もあります。

毛先を内巻きにしたロングストレート

清楚で可愛らしい印象のロングストレートで、とても人気の高いスタイルです!

前髪は、毛先を少し横に流しているので重く見えません。ロングヘアですが、毛先を内側にブローすることでより可愛らしい印象になります。

パーマやカラーが苦手な人にもお勧めのスタイルです。

明るめカラーで軽さを出したパーマスタイル

ロングで毛先に大き目カールのパーマをあてたスタイルですが、カラーを明るくすることで重く見えません。

長めの前髪でも、全体的にふわっとしたパーマスタイルなので可愛らしい印象になります。

明るめカラーと言っても、金髪のような明るすぎるカラーにすると、ギャルっぽく見えてしまい清潔感が損なわれます。

カラーはご自身に合わせ、美容師さんと相談されるのが良いでしょう。

大人っぽくみられたい!クールで知的な印象のヘアスタイル

  • 幼く見られるので、おとなっぽさを出したい
  • クールビューティーという言葉にあこがれる
  • タイトスカートやパンツスタイルを好む

このように知的でかっこいい印象を求める方におすすめのヘアスタイルをご紹介します。

長め前髪でストレート感を出したボブスタイル

ボブ~ミディアムくらいの長さで、サラサラヘアが強調されるストレートスタイルです。

前髪をつくらずワンレンっぽくおろすことでクールな印象を与えます。全体の毛量を調整することで、風になびいた時など、おとなっぽく綺麗に見えます。

誰もが一度は憧れるワンレンストレートロングヘア

前髪はつくらずワンレンにしたロングヘア。毛先は巻かず、ストレート感が強調されクールビューティーな印象を与えるスタイルです。

可愛らしいというよりクールさが強調されたスタイルですが、女性らしいとも言われる髪型です。

クールな前下がりショートスタイル

襟足は短くても顔周りの髪を長めにすることで、クールな印象のショートスタイルになります。

ショートと言っても、前下がりで顔まわりの髪が長めな為、前から見た印象はさほど短くなりません。

ショートにしてみたいけれど、なかなか思い切れない方にもおすすめの髪型です。

内巻きでもおとなっぽくクールに見えるミディアムヘアー

長すぎず短すぎず程よい長さのミディアムヘアー。

鎖骨辺りで毛先を内巻きにしています。コテを使っても良いですが、忙しいママさんはパーマをかけるとスタイリングが楽でしょう。

パーマといっても毛先のみで、長めの前髪をワンレンにすることで、大人っぽい印象になります。

アレンジの幅も広がる長さですので、色々なヘアアレンジをしてみたい方におすすめです。

とにかく変わりたい人におすすめ!おしゃれ感UPのスタイル

  • 無難な髪型は嫌だ。個性的な髪型にしてみたい。
  • 「おしゃれだね」とよく言われるが、流行をおっているわけではない。
  • ヘアアレンジが苦手だけど、おしゃれだと思われたい。
  • とにかく大幅にイメージチェンジしたい。

このように個性的なおしゃれを求める人におすすめの髪型をご紹介します。

シンプルなのにおしゃれなショートヘア

襟足を短めにし、トップにボリュームを出したシンプルなショートカットです。

トップはふわっとしていますが、襟足がスッキリしているので、可愛らしさもクールさも兼ね備えた万能ヘアスタイルです。

特別手を加えなくても、おしゃれに見えます。耳を出したり、隠したりするだけで印象を変えるこができます。

ショートヘアに動きを加えておしゃれ感UPのフレンチショート

ストレート感を出したシンプルショートとは対照的な動きを感じるフレンチショートです。

ゆるくパーマをかけてもよいですし、無造作っぽくワックスでヘアアレンジすることで、フランス女性のようなキュートな髪型になります。

この髪型をしているだけでおしゃれな印象を与えます。

アレンジ次第で、ボーイッシュにもフェミニンにもなるフレンチショートですが、アレンジが難しくないのもポイントです!

重め前髪が個性的なロングストレート

厚い前髪が個性的な印象を与えるストレートのロングヘアです。

ある程度長さがあることで、ストレート感が強調され大人っぽい印象になります。

短すぎるとただのオカッパになり、ちびまるこちゃんのようになってしまうので、鎖骨以上の長さはほしいところです。

髪をうしろで1つ結びにするだけでもおしゃれに見えるヘアスタイルです。

忙しいママにも嬉しい!簡単ヘアアレンジ方法

加工後 shutterstock_186864950
家事や育児に忙しいママさんは、ヘアアレンジに充分な時間を割くことはできませんよね。

でも、毎日「おろしただけ」「一つに結んだだけ」の変わりばえのしない髪型にはマンネリを感じます。

「髪を切りたくない、ヘアアレンジで印象を変えてみたい」そう思うママさんにおすすめのヘアアレンジをご紹介します。

時間のないママさん達向けで、コテを使ったり編み込んだりすることなくアレンジできるものだけをまとめてみました。

ねじってピンで留めるだけの簡単アレンジ!ショートヘア編

ショートヘアはそのままでも充分おしゃれに見えるのですが、いつも同じスタイルに飽きてしまった方には、ピンを使った簡単アレンジがおすすめです。

サイドの髪を後ろにねじり、毛先をピンで留めるだけの簡単アレンジです。ピンは、他の髪をのせるようにして隠しましょう。

耳が出るのでガラっと印象を変えることができます。

髪全体にワックスを揉みこみます。前髪を前にねじり、ピンで留めるだけです。

短めの前髪も他の髪を合わせながらねじることで、まるで前髪を作ったかのようなかわいらしい印象になります。

ピンは隠さず敢えて見せるようにし、ピンのデザインでもおしゃれさを演出することができます。

バレッタで留めるだけ!ボブ~ミディアムヘアの簡単アレンジ

ボブやミディアムの長さは、ハーフアップに結ぶだけでも印象を変えることができますよね!

ここでは、結ぶこともせずバレッタで留めるだけという簡単アレンジをご紹介します。

髪をハーフアップにし、大き目のバレッタで留めただけですが、バレッタで留めた後にトップを少しつまんでボリュームを出すのがポイントです!

顔まわりの髪はあえて残して、耳にかけないことで、前からみた印象と横からみた印象を変えることができます。

髪を左右で量を変えて分けます。軽い方(量の少ない方)のみをバレッタで留めます。

重い方は動きがでますが、軽い方はバレッタで留めているので、おしゃれなアシンメトリーヘアが楽しめます。

バレッタの位置を低くすると、片側だけまとめ髪にしているように見せることもできます。

長さがある分アレンジの幅も広がる!ロングヘア簡単アレンジ

ロングヘアは、編み込みや三つ編みなどを施すことでアレンジが自由自在ですが、ここでは忙しい朝に5分以内でできるアレンジをご紹介します!

一度は見たことがある最近流行りのヘアアレンジ。「どうなってるの?」と思われる方もいるでしょう。これ、実はとても簡単なんです!

通称「くるりんぱ」と言います。

まず、髪を1つに結びます。結ぶ高さはお好みで良いですが、低すぎるとやりづらいかもしれません。

結び目の上に穴をつくります。
穴に一つに結んだ髪を入れてしまえば完成です!まさに、くるりんぱで出来てしまいます。

コツさえ覚えてしまえば、結ぶ位置をサイドにしたり、ハーフアップにするなど更にアレンジが広がります。

ストレートヘアに飽きると、きれいな巻き髪を楽しんでみたいものですが、コテをする時間はありませんよね。

そこでおすすめなのが、お団子作りのアイテム「ドーナツリング」を使った巻き髪です!

夜お団子を作って寝て、翌朝ほどくだけでコテを使ったような巻き髪が作れます!

エイチエルが販売している「Ms.donut」が有名ですが、似たようなものは100円ショップでも購入することが可能です。

簡単に言うと、ヘアゴムを極太にしたおしゃれ感のないシュシュのようなものです。

ほぼ頭頂部と言っていいくらい真上にポニーテールを作ります。(夜つくるので、下側に作ると寝づらいです)

カールがつきやすいようにスプレーしておくとよいでしょう。

毛先をドーナツリングに通し、ドーナツリングをクルっと返します。ポニーテールの結び目まで、リングをクルクルとしながら、髪を巻き込みお団子ヘアを作ります。

他人に見られるわけではないので、きれいにお団子をつくろうと思わなくても大丈夫です。

一晩寝て、翌朝リングを外せば綺麗な巻き髪ができています!朝、スプレーなどをかけてスタイルをキープさせると良いでしょう。

朝やることは、リングを外すだけです!

どの長さにも共通!簡単に美髪を作るコツ

髪が艶々なのは、美容院の帰りだけ。髪がパサパサでアレンジもしにくい…。という方、いらっしゃいませんか?

髪の長さを変えてイメージチェンジを図るのも、ヘアアレンジを楽しむのも、美しい髪あってこそです!

自分の髪をサラツヤにするには、どうすれば良いのでしょうか。それには、下記の3つのポイントがあります。

ポイント1:お風呂に入る前のブラッシング
お風呂に入る前にブラッシングして頭皮の血行を良くしつつ、埃を落としておきましょう。

上からいっきにとかすのではなく、毛先からブラッシングし、少しずつ開始位置を上にするようにしてください。

いきなり根もとからブラッシングすると、髪が絡まり抜け毛や切れ毛の原因となります。

ポイント2:乾かす時は根もとを重点的に!
髪は毛先の方が細い為、毛先に行けば行くほど乾きが早くなります。 根もとを重点的にドライヤーをあてると、自然と毛先も乾いてくるのです。

毛先に過剰な熱を加えると、髪が傷み、枝毛・切れ毛の原因となります。

ポイント3:ドライヤーは温風だけでなく冷風も使う!
ドライヤーを使う時は、温風で乾かし、最後は冷風で締めると髪が綺麗にまとまります。

最初から最後まで温風を使っても乾くことは乾きますが、髪の水分が失われ、キューティクルも剥がれてしまいます。

半は温風で乾かし、最後に冷風をあてることで、髪の水分量を保ちキューティクルを維持することができるのです。

いかがでしょうか?どれも簡単ではありますが、気に留めていないと忘れてしまいがちのものです。このポイント3つを続けるだけでも髪質は大きく変わりますよ。

また、後述する大豆イソフラボンは美髪を作るのに効果的な成分ですので、継続的な摂取を心掛けましょう!

ママになって初の髪トラブル!?産後に起こる大量の抜け毛

「子どもを産むと抜け毛に悩まされる」という話はよく聞くけれども、実際ここまでひどいとは思わなかった!と思いませんか?

髪を洗う時や乾かす時は、「ホラー!?」と思うほどズルッと抜けます。でも、抜け毛を感じるのは、髪の毛を洗う時だけではないんですよね。

自分が歩くところ、歩くところに髪が落ちている…。おむつ替えをする短い合間にもパラッと髪が落ちることも。

床を見ると髪ばかり落ちていて、1日に何度も掃除機をかける人もいます。

私も産後の抜け毛に悩んだ一人なのですが、髪を1つに結ぶと地肌が見えるほど抜けました。

抜け毛がひどい時期も確かに嫌なのですが、抜けた髪が生えてくる頃、新たな悩みが出てきます。

大量に抜けたところから、いっきに生えてくるツンツンでおさまりのつかない短い毛に悩むのです。

続いて、なぜ産後に抜け毛が多くなるのか、生えてくる短い毛にはどう対処していったらよいのかなどをみていきましょう。

産後の抜け毛は当たり前!原因はホルモンバランスの乱れ

ズルズルと抜け続ける髪を見ると深刻に悩んでしまいますが、産後の抜け毛は病気ではありません。ホルモンバランスの急激な乱れが原因なのです。

妊娠中は、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモン、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが多く分泌されます。

エストロゲンもプロゲステロンも女性には欠かせないホルモンですが、妊娠に至ると今まで以上に多く分泌されます。

両者共に妊娠を維持し、胎児の発育を促す為に重要なホルモンなのです。

エストロゲンとプロゲステロンは、髪の成長を促す作用もある為、妊娠中の抜け毛は減ります。

多くの女性は、日頃抜け毛の量をあまり気にしないので、妊娠中に抜け毛が減っていることに気づきにくいのですが、実は妊娠前と比較すると抜け毛量は減少しているのです。

妊娠中に増えたエストロゲンとプロゲステロンは、産後急激に分泌量が減ります。その為、妊娠中抜けずに頑張っていた毛がいっきに抜けてしまうのです。

一度に大量の髪が抜ける為「病気!?」と心配になるかもしれませんが、ホルモンバランスの乱れによる抜け毛は一時的なもので、ホルモンバランスが整ってくると髪は生えてきます。

個人差はありますが、産後直後~3ケ月経過した頃から抜け始める人が多いようです。

抜けた髪が生え揃うまでは、産後6ヶ月程度で長い人では1年くらい要します。

産後いっきに多くの髪が抜けるので、抜ける髪を見るとゾっとするかもしれませんが、産後に起こる「当然の現象」だと思って受け止めましょう!

産後のホルモンバランス減少は防ぎようのないことなので、抜け毛を防止することも当然できません。

産後1年過ぎても改善されない抜け毛・薄毛!その原因と対策

産後抜け毛は殆どの方が、産後1年くらいまでに落ち着き抜けた髪も生え揃います。

しかし、中には産後1年が経過しても抜け毛や薄毛に悩み続ける方がいます。その原因には下記のようなことが考えられます。

  • 不眠
  • 産後のストレス
  • 高齢出産
  • 無理なダイエット
これらに共通していることは、やはり「女性ホルモンのバランス」です。

不眠・子育てによるストレス・無理な産後ダイエットは、女性ホルモンのバランスを乱し、バランスが整うまでに時間がかかってしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、血行も悪くなり、頭皮に充分な栄養が行きわたりません。

「ひどく疲れている」「眠れていない」「急激に体重が落ちた」など思い当たる方は、生活習慣の見直しをしましょう。

赤ちゃんのお世話をしていると、規則正しい生活なんて分かっていてもなかなかできるものではありません。

しかし、できる限り決まった時間に食事をする・多少ズレても就寝時間と起床時間を決めておくなど、まずは規則正しい生活を頭で意識することから始めてみましょう。

抜け毛予防に効果覿面!スーパーイソフラボン「エクオール」

産後抜け毛の原因の1つに「高齢出産」とありますが、出産経験があるか否かに限らず、女性は30代半ばを過ぎると徐々に女性ホルモンが減少してきます。

ホルモンの減少により、髪も肌と同じように変化します。

年齢的に、髪が細くなる・ハリやコシがなくなってくる・抜け毛が増える…といった髪トラブルが増えてくる時期なのです。

その時期と産後の抜け毛時期が重なると、「なかなか抜け毛や薄毛が改善しない」と感じてしまいます。

しかし、その場合は出産による女性ホルモン減少だけが理由では無い為、生活習慣の改善や食事療法でホルモンバランスをとる必要があるのです。

減ってしまった女性ホルモンを増やしバランスをとるには、大豆イソフラボンがおすすめです!

ご存知の通り豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれるイソフラボンですが、イソフラボンは、体内でエストロゲンと似た働きをしてくれます。

色々と女性にとって嬉しいイソフラボンですが、摂取し続けることで更に嬉しい効果が期待できます。

「エクオール」というスーパーイソフラボンが体内で作られるのです。

エクオールは、イソフラボン以上にアンチエイジング効果があり、抜け毛予防もできるのです!

ただし、エクオールは誰にでも作られるものではありません。

体内でエクオールが作られる人と作られない人の違いは腸内環境にあります。

エクオールを作れる腸内環境にするには、大豆製品(特に味噌や醤油などの発酵食品が良い)を摂取し続けることが必要なのです。

なんだか栄養学の勉強のようになってしまったので、ここで少しまとめてみましょう。

産後による抜け毛だけでなく、年齢による抜け毛も気になる

女性ホルモンの減少が原因かも…食事療法で女性ホルモンを増やそう!

女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボンを摂取

「腸内環境が整ってる人限定」で、イソフラボンがスーパーイソフラボン(エクオール)に変化!

スーパーイソフラボン「エクオール」は、ただのイソフラボン以上に抜け毛に効果あり!

*腸内環境を整え、エクオールを作る為にも大豆イソフラボン(特に発酵されたもの)を積極的に摂取することは効果的なのです。

産後、髪だけでなく肌や体調など様々な面で不調を感じる方こそ、大豆イソフラボンの摂取をおすすめします。

綺麗なママであり続ける…ヘアスタイルでモチベーションUP

髪型を変えると、自分の気持ちもかわりませんか?

ヘアスタイルを大きく変えなくとも、シュシュやバレッタなどのヘアアクセサリー1つ変えるだけでも嬉しいものです。

あなたが新しいヘアアクセサリーを付けても、それに気づく人は少ないかもしれません。でも自分自身の気分が高まりますよね。自己満足で良いのです。

ヘアアクセサリーを変える、新しいヘアアレンジを試してみる、髪を切ってイメージチェンジしてみる…髪に関する「変化」は気持ちをわくわくとさせてくれます。

気持ちが高まると、不思議と家事や育児も気分よくこなせてしまうものです。

ヘアスタイルを変える→綺麗になる→育児や家事のモチベーションがあがる→家族も嬉しい

ママが綺麗を追求することで、このようなプラスの連鎖をもたらすのです!

忙しい中にもおしゃれに気を配るママは素敵です。

「忙しいからできない」と言い訳するのではなく、忙しいからこそ簡単にできるおしゃれを見つけ、家事も育児も楽しみましょう!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ