- いつから大丈夫?赤ちゃんとの初めての旅行を楽しむポイント | MARCH(マーチ)

いつから大丈夫?赤ちゃんとの初めての旅行を楽しむポイント

2015/01/31

shutterstock_77534413
赤ちゃんの授乳時間も安定し、夜まとまって眠ってくれる時間が増えてくるとママも一段落ですね。それまでは赤ちゃんのペースで毎日生活していたのが、育児に慣れてきて心のゆとりができてきます。

赤ちゃんも寝返りが完成し、中にはおすわりができる子もいたり、いよいよ動きも活発になります。見るもの、聞くもの、すべてが新鮮でお散歩が楽しい時期です。

年末年始やお盆休みなどの長期休暇を利用して、そろそろ初めての家族旅行に出かけてみるのもいいかもしれません。

赤ちゃんの旅行デビュー、してみませんか?

「荷物も多くなるし、ミルクや離乳食はどうすればいいの?」

「もし宿泊先で一晩中泣いて、周囲に迷惑かけてしまったらどうしよう」

いざ行くとなると様々な不安が出てきて、躊躇してしまうご家庭も多いと思います。ですが、最近は赤ちゃん連れを歓迎してくれる宿泊施設も増えてきました。赤ちゃんプランを設定している施設もあります。

旅行デビューは、いつ頃から大丈夫ですか?

一般的には、赤ちゃんの首が据わる生後6ヶ月頃が良いとされています。さらに、一人でもバランス良くお座りができるようになるとされている9ヶ月頃にもなれば、お世話するこちらも安心ですね。

宿泊施設を選ぶ際のポイント

赤ちゃんプランを設定している施設であれば、こちらの要望がきちんと組み込まれている場合が多いのですが、実際に宿泊してみるとなくて困ったと思うこともあります。

  • 貸切風呂や、男女関係なく大浴場の脱衣所に、ベビーベッドが置かれているか
  • 赤ちゃんの食事が、食物アレルギーや月齢別の離乳食に対応してもらえるのか
  • 部屋食にも対応しているのか(会場食よりも、赤ちゃんが食事に集中できます)
  • 朝食がバイキングの場合、赤ちゃんでも食べられる物があるか

これらは、意外と盲点になりやすいポイントです。

宿泊施設のホームページなどに特に記載がない場合は、直接連絡をして確認してみるといいでしょう。その電話対応から、従業員の人柄や施設の雰囲気を感じ取れることもあります。

せっかくの旅行デビューであり、家族の思い出作りの場ですから、気持ちよく過ごせる宿を選びたいものですよね。

温泉旅行デビューとなった、我が家の場合

我が家は、子供が一歳の時に温泉旅行デビューしました。

祖父母に旅行に誘われて、その目的地に赤ちゃん連れ歓迎の宿泊施設があったことがきっかけです。温泉施設でしたが、泉質は赤ちゃんでも安心して入れるとされている「弱アルカリ性単純温泉」でした。子供の温泉デビューというともあり、貸切風呂を家族で利用しました。

他人の目を気にすることが無いので緊張することもなく、ゆっくりと入ることができます。

もともとお風呂好きな子供は初めての温泉にも抵抗なく、家よりも広いお風呂を楽しんでいた様子でした。

温度が、赤ちゃんには少し高めの42度でしたが、貸切風呂でしたので水を入れて少し薄め、湯船にはできるだけこまめに出たり入ったりして、赤ちゃんがのぼせないように注意しました。

宿では、ベビーグッズの貸し出しや備品が充実していたので、気がかりだった荷物も多くならずに済みました。また、不安だった離乳食も月齢に合わせたものを準備してくれましたので、予備のBFを持参したぐらいでした。

衣類やオムツ以外で、私が準備して良かったものは以下の通りです。

  • 使い慣れているベビー全身泡ソープ
  • ノンアルコールのウェットティッシュ(自宅用のケースに入った物)
  • 子供がお気に入りの絵本やおもちゃ(音が鳴らない物)
  • 赤ちゃんが眠る時の必需品(タオルやぬいぐるみなど。うちはフワフワのタオルでした)

利用した宿の部屋には、空気清浄機やオムツペール、ベビーチェアも備品としてありましたので、大変助かりました。 また、お昼寝セットとして赤ちゃん用の布団一式も部屋にありましたので、着いてからすぐにそれらを敷いて子供を休ませることができました。

不安な点や疑問点は、事前に宿に積極的に確認することで解消され、結果的にとても良い思い出作りにつながりました。

赤ちゃんを中心とした無理のないスケジュールで、楽しい思い出作りのご参考になればと思います。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ