- 子供だけで留守番は何歳から?事故を防ぐのは親の責任です! | MARCH(マーチ)

子供だけで留守番は何歳から?事故を防ぐのは親の責任です!

2015/03/15

18shutterstock_113767312

みなさんはお子さんを一人で家に置いて出かけることがありますか?それは何歳のお子さんでしょうか?

子育てをしているママにとっていつもいつも子供を連れて出かけなければならないのは本当に大変なこと。たった5分くらいだから、よく寝ているからと近くのコンビニなどに出かけることはあるのでは?

でもその間に何も起きないとは限りません。今回は子供を残して出かけるということについて考えます。

留守番は何歳から?

これは非常に難しい質問ですね。誰にも「○歳からOK!」なんて自信を持って言えないのではないでしょうか。ここからは私なりの意見です。

やっぱり一年生から?

一般的には小学校に入って登下校もルールを守って歩けているようならほぼ問題ないと言えるでしょう。

でも本当に個人差が大きいですよね。私が指導員をしていた当時の学童保育所の小学生や小2の娘の友達を見ても、女の子はしっかりしていてあまり危険なことをしない傾向がありますが、小学1年生の男の子なんて本当に幼い子が多いものです。

やってはいけないと分かっていても自分が興味を持ったことにスーッと無意識に引き寄せられてしまうんですね。なので1年生になった途端にみんな大丈夫とは言えないですよね。

我が家の場合

私自身はゴミ出しや犬を家の近くで散歩する程度で、家を空けるのが10分ほどなら5歳くらいからOKということにしています。下の子は怖がりなのでほんの少しの時間でないと「付いていく」と言います。

子供が2人でいる時には下の子は3歳くらいでも家を空けてましたね。もちろん短時間ですが。2人での留守番は一番長かったのが小1と年中の時で3時間弱です。

上の子に長く留守番をさせたのは1年生になってからの2時間程度というのが初めてでした。上の子は割と平気で、特に犬を飼い始めてからは不安にならずに済んでいるようです。今小2と年長ですがこれ以上の留守番はありません。

上の子は小さな頃からしっかり者でしたが、それでも小学生になってからはハッキリと言われたことを守る、自分で判断するという力がついてきたように思います。やはり小1というのが留守番スタートの妥当な年齢でしょうか。

寝ているから…は大丈夫?

留守番とは意味合いが違いますが、悲しい事故が多いのは「子供が寝ているから、大人しくテレビを見ているから」といってその隙にちょっと用事を済ませてこようという時なんです。留守番というより「家に置いていく」んですね。

これは私がまだ子供を持つ前の話です。

夜9時前ごろにご近所からもうすぐ3歳になる男の子の泣き声が聞こえてきました。なかなか厳しいママだったので「また怒られちゃったのかな」と思っていたら、そのうち声が聞こえなくなったんです。

しばらくすると今度はそのお宅のママがお子さんの名前を叫び続けている声が。何事かと思い、外を覗いてみると「帰ってきたら子供がいない!」と。

私と同じように外に出てきた近所の方たちと一緒に外を探し回ると、歩いて1、2分程度のところでその辺りに住んでいる方が保護してくださったところでした。

そこは結構狭く車の通りも多い道でしたが、幸いお子さんには怪我も全くなく無事に家に帰ることができました。

翌日話を聞いてみると眠ったので少しの間出かけていたら起きて自分でカギを開けて出てしまったようだと。ママがいないので探しに行ったんですね。寝ているから大丈夫だろう、カギにはまだ届かないだろうなんて保証はどこにもないんですよね。

我が家も小さな頃には下の子が昼寝している間にアパートの前で上の子と遊んでいたら、しばらくして家の中から泣き声が聞こえてきて下の子が号泣していたことがありましたね。

そういう経験から家を離れる(ごみを出すだけでも)だけで「もしかしたら家で泣いているかも!」と不安になってしまって、家に置いていけなくなりました。たった数分でも先のことは分かりません。大きな地震が起こるかもしれないんです。

安全に留守番させるために

なんだか不安をあおるようなことを書いてしまいましたが、お子さんがちゃんと決められたことを守れるようになれば留守番はさせても大丈夫。

だんだん時間を伸ばしていきながら、大切なことを教えていけばいいんです。子供にとって貴重な経験になりますよ。

守るべきことはいろいろありますが、他の家庭ではどうしているのかも参考にしながらパパとママとで話し合って決めていきたいですね。

我が家では

  • チャイムが鳴っても出ない
  • 電話には出ない(父母からの電話をのぞく)
  • 父母の携帯への電話の仕方が分かっているかチェック
  • 何か困ったことがあればお隣へ言いに行く
  • もし外に(お隣に遊びに行くなど)出るなら必ずカギを締める

というようなことを短時間の留守番の時から確認するようにしています。いろいろ言い過ぎると子供が大丈夫かな…と思ってしまうといけないので、最初の頃は必要なことは書いておくようにしました。

下の子の幼稚園のお迎えの間に上の子が小学校から帰ってくることもあり、その場合には必ず置き手紙をして、不安にならずに待てるようにしています。

帰ってくると「お母さんただいま~!」といろいろ返事を書いて玄関に置いてくれていて楽しいものです。

お住いの地域やご近所の付き合いもご家庭によって様々だと思いますので、ルールはよく考えて決めるようにしてくださいね。

後悔しないために

ほんの少しだからと出かけている間にお子さんの身に何かが起こるというのは、滅多にあることではありません。でも何かあってからでは絶対に後悔しますよね。連れて行けばよかったって。

ママ自身が出かけている間に事故に遭ってしまうかもしれません。たった5分のつもりが10分、15分と長くなってしまうかも。そうなると気持ちが焦ってしまって事故を起こしてしまうかもしれないですよね。

もちろん連れて行くことで事故に遭う可能性だってあるんですが、家に残してくればよかったという後悔にはならないのではないでしょうか。

留守番がちゃんとできるようになるまでは、悲しい事故を防ぐために「大丈夫だろう」という軽い気持ちで家にお子さんを置いて出かけないようにしましょう。

留守番できるようになってからもいざという時に頼りになるのは隣近所の方々です。普段から良い関係を築いていくことで子育てに協力してもらえると心強いですね!

みんなのコメント
  • AIさん

    拓真がお留守番をしたことが無いのにしてるっていうだけどどうしたらいい?

  • もんさん

     11歳です。最高で8時間お留守番しています。

    • アシュリー 愛来(あいら)さん

      私は、妹2人と姉3人兄2人でお留守番してます。

  • ヨハンナあいさん

    わたしには二歳の男の子と生後10ヶ月の男の子がいますが、まだまだ2歳、一人でお留守番無理だと思います。

  • あずみのママさん

    つんかんがあるのですけど、留守させるにわ

あなたの一言もどうぞ