ランドセルの選び方のコツ!人気商品の特徴を紹介

コメント1
2016/03/03

ランドセル
子供が年長さんになる頃から考えていきたい事のひとつにランドセル選びについてがあります。

人気になっている特に手作りのランドセルの場合、早ければ夏になる前に既に売り切れるという事態もあります。

出来れば年長さんになったらすぐにランドセルを選んでおく方が良いでしょう。ランドセルをどう選んだら良いのかを考えてみたいと思います。

ランドセルはどんな基準で選べばいいの?

6年間使うランドセル。子供が気に入って愛着を持って使って欲しいですよね。

そのためにも、ランドセル選びにはしっかりと時間を割いて納得いく一品を手に入れたいものです。

でもどんな選び方をすればいいのかさっぱり分からない…とういママも多いのではないでしょうか。

そういった方のために、主に4つに分類して選び方をご紹介していきます。

  1. 鞄メーカーで選ぶ
  2. 長く使うものだから丈夫で壊れないが大事!だから素材重視
  3. ランドセルって高いから…予算内で買うを原則にしたい
  4. 周りと違うものがいい。デザインや色で個性派を目指す

各選び方について見ていきましょう。

1 鞄メーカーで選ぶ

ランドセルは6年間使うものです。毎日のように背負って登下校します。

教科書とノートなどをまとめるとそれなりの重さになります。1年生の子の中には登下校だけで疲れてしまう事があります。

よって、子供が背負いやすくさらに素材にもこだわって作られている、”鞄メーカー”のランドセルを選ぶという方法があります。

【土屋鞄】人気で納品まで待たされる事も

とても人気がある鞄メーカーとして土屋鞄という鞄屋さんがあります。ここのランドセルはとても人気です。

祖父母からランドセルのプレゼントをしてもらう人や、高くてもいいものを選びたいという人には土屋鞄で買ったという声があります。

ただし手作りのランドセルという事もあり、比較的早いうちに売り切れる可能性もあります。

土屋鞄で買うと決めたならば早目に見学をし、出来れば春から夏の間に予約しましょう。

デザインはあくまでもシンプルに!というこだわりを感じます。6年間使うものですから飽きずに使いたいというお子さんや、親御さんに向いているのではないでしょうか。

価格は53000円位からとなります。購入時に納期についてのおおよそな時期がわかり、納期が近づくとより詳しい案内をしてもらえる仕組みです。

メリット

  • 鞄職人らしく綺麗な仕上がり
  • 飽きないランドセルをコンセプトにしているだけ、シンプルな形

デメリット

  • 高品質なものがメインなので価格が高め
  • 個性的なデザインが好きな子には物足りないかも

【山本鞄】夏前に注文必須!ひとつひとつ丁寧な手作りで大人気

山本鞄のランドセルも手作りランドセルです。奈良県と東京都に2つあるショールームにて実物を見る事が出来るのですが、こちらも冬になる前に翌年の入学分のランドセルが売り切れるほどの人気です。

手作りだから10万円くらいするかも、と思われるかもしれないのですが、価格も5万円代位からあります。

本革、牛革をはじめ、コードバンを使ったランドセルもあり、シンプルメインですが、中にはワンポイントデザインやカラーを使っているものもあります。

手作り感プラスワンポイントのデザインがいい、という方にはお勧めです。

山本鞄は何よりランドセル専門店、というのも人気の理由となっています。夏前から販売がスタートしますが、秋になる頃には売り切れてしまう事もあります。

1年間で100個ほどしか生産出来ない、という理由もあるようです。

メリット

  • ランドセル専門店の職人さんが手作り
  • 老舗なのに5万円から手に入るモデルがある
  • 個性的なデザインのモデルがある

デメリット

  • 大量生産していないので入手困難

【池田屋】「子ども思いのランドセル作り」というコンセプトが魅力的

1950年に創業した池田屋も、ランドセルに対して熱い思いを抱いている会社のひとつです。

池田屋のランドセルも手作りにこだわるだけに、年内で注文が締め切りとなるケースが多いため、池田屋で購入を考えたら早目に予約がベストです。

また基本は静岡県内か東京都の店舗でしか取り扱いをしないので、遠方の場合にはインターネット注文となります。老舗の鞄屋さんですが、価格が比較的リーズナブルという点が特徴のひとつです。

「壊されても壊しても、6年間の完全無料修理というありがたいサービスがあります。子供同士のトラブルでランドセルを引っ張るというケースは、特に男子にはある事なので、万が一の時にも安心出来るのは助かりますね。

価格は4万円代からと老舗のお店にしてはリーズナブルな価格設定です。職人さんが作るために、予約が出遅れると在庫切れになるので要注意です。

メリット

  • 革職人が作った拘りのランドセル
  • カラーバリエーションが豊富

デメリット

  • シンプルで飽きないデザインだけに物足りないと感じる事も
  • 人気のため、早目に予約しないと手に入らない

2 丈夫で壊れない、軽いものがいいなどの素材重視で!

ランドセルは比較的丈夫に出来ているものなのですが、それでも乱暴に毎日放り投げれば傷がつきますし、時に金具が壊れる事もあるでしょう。

男の子の中にはやんちゃな子もいますので、お子さんが元気いっぱいタイプならば素材で選ぶ事も大切です。

素材選びで知っておきたい用語

どんな素材のランドセルなのかを知るためには、主に3つの言葉を知っていると便利です。

  1. コードバン
  2. クラリーノ

こちらは全てランドセルの素材に使われる言葉なのですが、一番知られているのが「皮」だと思います。皮は例えば「牛革」などが多くなっています。

コードバンを使ったランドセルは皮素材よりも更に高価です。というもの馬1頭からランドセルに使えるものは2枚分しかとれません。

コードバンは耐久性があり丈夫です。牛皮の3~4倍くらいとかなり違いがあります。

素材重視の場合でも、費用との兼ね合いで何を選ぼうか検討すると良いでしょう。

元気な子には素材重視で。傷つきにくさ、壊れにくさが大事

ランドセルは丈夫な作りになっているのは当たり前なのですが、子供は予想外の事をやってしまう場合があります。

ランドセルを踏みつけたり、投げつけたり…男の子が学校帰りにいくつかのランドセルを持って引きずる姿を見かけるなんてこともあるでしょう。

傷がついてしまうのも無理がない、という感じです。

1年生のうちから大きな傷が出来てしまったら、心へのダメージは相当大きいですよね。

修理してくれるメーカーは多いのですが、修理の前にまずは素材重視にして「壊れない」「傷がつきにくい」で選んだほうが、元気なタイプのお子さんには良いでしょう。

小さい子には軽さを第一にして

体格がいいとか、身長が高い子ならばあまりランドセルの重さを気にしない選んでもいいと思うのですが、ちょっと小さ目のお子さんには出来るだけ軽いランドセルを選んであげてください。

空っぽのランドセルは軽くても、教科書とノートをいくつも詰め込んだら、それなりの重さになってしまいます。

体の大きさに合うものを選んであげて、子供への負担がかかりすぎないようにしてあげたいですね。

【セイバンの天使のはね】国産に拘って作っています

セイバンのランドセルは全て国内の工場で作られています。

海外で作るよりも当然お値段が高くなってしまうのですが、日本の職人さんたちが作る事で子供たちに負担がかかりにくいランドセルを作る事が出来る、と考えたからです。

デパートや大手スーパーなどで取り扱っている事もあり、比較的実物を自宅の近場で見て触れるというのも特徴だと思います。また、インターネットで購入も出来ます。

鞄メーカーのランドセルが年内にはほとんど売り切れになってしまうのですが、セイバンなどのメーカーではそのようなケースも少なく、ギリギリでも手に入るというメリットがあります。

国産にこだわっているために、価格はそれなりです。またスポーツブランドとのコラボ商品があるのも特徴です。

価格は6万円から7万円がほとんどで、公式サイトで購入しようとすると、○月下旬などと納期の予定が書かれています。

オンラインショップで注文すると、翌日から5営業日内の発送予定というのも嬉しい部分です。

メリット

  • 売り切れしにくいので、年明けでも手に入りやすい
  • 男の子向けは特にワイルドさも感じられる
  • コンバースモデルも登場

デメリット

  • メジャー過ぎるので同じモデルの子と遭遇しやすい

【フィットちゃん】クラリーノで有名!丈夫さと軽さが自慢

株式会社ハシモト フィトちゃんランドセル
http://www.laponte.co.jp/

信州大学繊維学部の協力のもと、子供が背中にフィットして背負えるランドセルをと作られたのがフィットちゃんランドセルです。

背中にフィットするという事は同じ重さでもより軽く感じる事が出来る、というわけです。

高学年では重さもあまり気にならないでしょうが、低学年の子供にはランドセルを背負うのには負担があるため、重さはかなり重要なチェックポイントです。

またオーダーメイドのランドセルも扱っていますが、早目に注文をしないとオーダーストップとなります。

オーダーメイドとしてはお値段がリーズナブルなのでお得ですよ。

我が家の長女はフィットちゃんのコマーシャルを見て「これがいい」とリクエストしてきました。色が微妙に異なっているからか、女の子も満足に選べました。。

ポケモンとコラボした商品もありました。やんちゃな長男はこれを使っていましたが、6年間大きな傷もなく綺麗な状態ですから丈夫な素材だと思います。

年明けにもまだ手に入るモデルも多く、3万円台前半から6万円前後とリーズナブルでで人気です。ネットでは納期に関してもモデルによっていつ手元に届くかも明確に表示されています。

メリット

  • バリエーションが豊富な品ぞろえ
  • 背負いやすい
  • 価格がそう高くない

デメリット

  • メジャー過ぎるので同じモデルの子と遭遇しやすい

【ミキハウス】牛革やコードバンなど、高級ランドセル中心

ブランドのミキハウスがランドセル?と思う方もいるのではないでしょうか。実は高級感漂うランドセルを販売しています。

一番お安くても7万円以上します。10万円以下がクラリーノ、12万円程度が牛革、17万円以上がコードバンを使ったランドセルになっています。

カラーバリエーションは少なくてシンプルなデザイン中心なのが特徴でしょう。

ミキハウスの中でもランドセルを扱っていないショップもあります。そんなときは、インターネット注文する方法があります。

年明けでも在庫があるモデルもあり、出遅れた方でも間に合います。ショップに在庫があればそのまま持ち帰れるかもしれないので、急ぎの方には助かると思いますよ。

メリット

  • 高品質なランドセルが手に入る
  • ネットだけでなく店頭で実物を触れる場合がある

デメリット

  • シンプルなので個性的なものがいい場合には物足りない
  • 値段が全体的に高い

3 ランドセルは高い!決めた予算内で買えるもの選びたい

ランドセルは6年間使えるようにより丈夫でしっかりとした縫製で作られています。
よって、ある程度の価格にはなってしまいます。

しかし、決められた予算内で用意したい!という方もいらっしゃると思います。

少しでも良い物を…とは思っても、入学後も細々とお金がかかってきます。出来るだけ予算を立てて、それ以上のものに手を出さない事を原則にと考えている倹約家の方でも納得してもらえるようなランドセルはあるのでしょうか。

【ニトリ】低価格で話題になっているランドセルです

予算内のランドセルを探す時にお勧めなのが、ニトリのランドセルです。ニトリは全国展開しているお店ですし、おうちの近くなどにもショップがある方も多いのではないでしょうか。

インターネットサイトからも購入出来ます。ニトリのランドセルは2万円から4万円代が主流なので、安心して購入出来るのではないでしょうか。

丈夫さにこだわって作られているようです。またワンポイントデザインが入っている物のもあり、お値段以上に見えると思います。

ニトリは大量に生産されているか、年明けにまだ簡単に手に入るモデルもあり、納期が2・3日という短めなのも特徴です。

メリット

  • 価格がリーズナブル
  • 年明けのギリギリでも手に入りやすい
  • 安くても6年間無料保証付

デメリット

  • 価格が安いモデルは定番のカラーとデザイン

安く買うならばアウトレットを狙うという手も!

別に最新デザインでなくてもいいから、安いものを選びたい!という方にはアウトレットのランドルを狙うという手もあります。

楽天市場などのショッピングモールには、年度が替わり型落ちしたものが訳ありという形でアウトレットのランドセルがたくさん販売されています。

多少傷がついてしまったものや、サンプル品、型落ち品などがアウトレット商品として販売されているようです。

サンプル品などでしたら未使用ではない場合もありますが、それでも6年間使ううちに中古になっていきますから、細かい事を気にしないという方にはお得です。

最新モデルではない場合でもランドセルは定番品のものも多く、素人ではそれが型落ち品なのかどうかわかりません。

「どうしてもこのメーカーがいい」という場合にもアウトレットで型落ち品などをを探してみると良いでしょう。

物によっては1万円から2万円もあれば手に入るので、予算が少ない方でカラーやデザインにも拘りたい欲張りさんにはピッタリです。

納期も店舗により異なりますが、一般的に短めなので、急ぎの方にも良いでしょう。

メリット

  • 価格が安いのに加え、色やデザインなどの個性的なものも見つかる

デメリット

  • アウトレットとはいえ、価格が高いモデルもあるので要注意

4 周りと違うものがいい。デザインや色で個性派を目指す

定番のものも多数ある中、最近ではデザインや色でみんなとは違ったランドセルにしたい!という子供も大人もいます。

では、個性派と言われるランドセルでもどうやって選んだら良いのでしょうか。

デザインや色で選ぶ時のポイントは3つ

個性派ランドセルを選ぶには3つのポイントがあります。

  1. 子供の意見を重視
  2. 飽きる飽きない
  3. 流行りをおさえる
  4.  

この中で一番大事な部分は「子供の意見を重視」する事です。6年間使うものだからこそ、子供が納得して選んだものである事は大前提です。

親や祖父母からプレゼントとしていただける場合でも、子供が「これがいい」と選んだものにしておく方が無難です。

ランドセルを使うのは子供です。最初に手元に届いた時には喜ぶかもしれませんが、愛着のないランドセルに文句を言ったり、大切にしてもらえない可能性もあります。

また、個性派すぎて大きくなるうちに飽きてしまうなどとなってしまったら大変です。子供にこの点はしっかりと念押しをしておく必要があります。

機能性については流行りを押さえておくことも重要になります。特に入れる部分の大きさについては流行りをしっかりと知っておきましょう。

流行りのランドセルのサイズを知っておくことで、他の子供のランドセルには入る物が我が子のランドセルには入らない…などのトラブルを防ぐことが出来ます。

【スポーツブランド】特に男の子に人気!

最近のランドセルはスポーツブランドとコラボしたものもかなりあります。特に男の子にお勧めです。

シンプルなデザインですが、ワンポイントにロゴが入っているのがさりげなくオシャレだったりします。プーマやナイキがコラボしています。

ナイキの場合、一見定番のシンプルなデザインの男の子用ですが、背中の部分のカラーがポイントになっているモデルもあります。ナイキのロゴもさりげなく演出されており、見た目がとてもオシャレです。

ただし数が多くないので早い段階で売り切れになる人気商品でもあります。62000円から67000円程度で手に入ります。

メリット

  • スポーツブランドらしくカッコいい
  • レアだけに注目される事間違いなし

デメリット

  • 人気商品なので販売されたらすぐ予約しないと買えないモデルもある
  • 全体的に販売される数が少ない
  • 女の子には不向き

【ララちゃん】シンプルから個性派まで種類が豊富

ララちゃん
http://raraya.co.jp/

ララチャンのランドセルはイタリア生まれの個性的なデザインのものあります。しかも全体的にお買い得!お値段は4万円から5万円でお財布にも優しいです。

セミオーダーのランドセルもあり、こちらは5万円程度で完成します。オーダーメイドもありますが数量限定となります。

ネットショップには在庫のある商品の納品予定が記載されており、約1ヶ月程度で届きます。(オーダーメイド以外です)年明けでも在庫がまだあるようなので、ギリギリの注文でも間に合いそうですね。

メリット

  • 価格がリーズナブルで、しかもセミオーダーでも5万円程度で出来る
  • とにかく個性的なデザインのモデルが多い

デメリット

  • 場合によって修理にお金が必要な事がある

ランドセルは遅くても年内までに予約がおすすめ!

オーダーメイドや手作りでひとつひとつ作る鞄屋さんのランドセルを購入したい場合は、年長さんになってすぐにでも検討し足を運び始めることが必要です。

たくさん販売されているようなメーカーでしたら、そこまで急ぐ必要はないですが、その場合でもどんな物がいいか親子で話し合いはしておいた方がいいと思います。

カタログをちらっと見せてみたり、CMに便乗してどんなのがいいの?と聞いてみて我が子の好みを探っておきましょう。

ランドセルは注文してすぐに届かない事もありますので、できるだけ早目に注文をしておくと安心です。余裕のある早い段階に注文して手元に続く、がランドセル選びの基本です。

「うちの子供はきっとこんな好みだからー」とか、「うちの子供はきっとランドセルには興味ないからまだまだいいやー」などと思っていると、実際に店舗に足を運んでしまった!となる場合があります。

親がこれを選ぶであろうと思っていたものとは違っていたり、コレがいい!という好みがそこで分かったとしても、既に売り切れてしまっている…という可能性があるのです。

購入時期の最終目安は年末です。年明けは卒園や入学の他の準備でバタバタとなりますので、ランドセル選びは流行り年内に終わらせておきたいですね。

紹介した選ぶポイントに加えて、修理が無料であるか有料かという点をしっかりとチェックし、是非ランドセル選びの参考としてくださいね。

みんなのコメント
  • アエサートさん

    来年一年生になる二卵性双子(女の子&女の子)の子供がいます。これを呼んで色々分かりました。ありがとうございます♪

あなたの一言もどうぞ