- “ライナスの毛布”ってご存知ですか?育児の強い味方です! | MARCH(マーチ)

“ライナスの毛布”ってご存知ですか?育児の強い味方です!

2014/05/02


スヌーピーのキャラクターで有名なマンガ『ピーナッツ』に出てくる男の子ライナスが肌身離さず持っているのが毛布です。それの肌さわりやにおいは本人に安心を与えます。それがないと眠れないほど本人には大事なアイテムです。うちの長女にとっての毛布は赤いリボンでした。

大人になっても手放せないライナスの毛布

私と一つ違いの友人は子どもの頃から持っているタオルがいまだに捨てられないと言います。全体的に擦り切れ、絵柄も何が描いてあったのかもわかりません。その手ざわり、自分にしかわからないニオイ・・

私にはそういう物はありませんが、タオル地の肌さわりが気持ち良いとか、落ち着くニオイがあるというのはわかります。夜眠れないとき、気持ちがざわついているとき、こういうものがあるというのは少しうらやましくもありました。と同時に子どもにあったらこれはとても助かるアイテムになるのではないかと思っていました。

長女とぬいぐるみとリボンと

夜、眠るとき人はそれぞれクセというものがあります。親指をしゃぶったりお母さんの耳たぶをさわってないとという子もいます。うちの子はどうやらぬいぐるみのタグを触るのが好きなコトに気がつきました。なので枕にもなるぬいぐるみをプレゼントしました!タグが無駄に大きいのもポイントでした。

最初はタグをさわっていましたが、いつの間にかそのぬいぐるみの首にまかれたリボンが気になりだしたようで、気がついたらそのリボンさえあればイイ!というくらいになっていました。グズッたときはリボンさえ渡せば大丈夫。特に眠いときは効果テキメン!母はどれだけこのリボンに助けられたことか。

そのかわり、ないと大騒ぎでした・・;だってこれがないと眠れないのですから。家中大捜索が行われるわけです。幼稚園のお泊り会のときは、パジャマの胸元にまるで最初からあったかのように蝶々結びにして縫い付けておきました。

実は一度これを外で無くしたことがありました。とある大きな病院内でのことだったのですが、清掃員の方に聞いたりもしながら探したのですが見つからず、仕方なくあきらめました。もう聞きわけの良い歳になっていたので、なんとかなりましたが、その後似たようなリボンを探すのにまた苦労しました。結局は妥協してもらいましたが、その後も外へ持ち出すときは気をつけるようにしました。

そんな長女はいまだにそれを大事にしています。リボンのついていたぬいぐるみはボロボロになる度にまわりを新しい布でくるみ直し、今も現役で頑張ってもらってます。本人いわく、手触りだけでなくニオイも大事なポイントだそうです。そういえばそのリボンに名前をつけていた頃もあったなあ~

次女とタオルと枕カバーと

ちなみに次女はタオルが好きでした。普通のタオルでも良かったのですが、タオル地の枕カバーが特にお気に入りです。元々は私の枕カバーだったのですが、夜寝ていると私の枕の方へ顔をすり寄せてきていつも朝には奪われていました。なのでそれは次女にゆずりました。

次女は長女ほど執着はなかったので、それがないときは、普通のタオルでも代用が効きましたし、すりきれたら新しくすることにも抵抗がなかったため、こちらの方が楽でしたね。

ホント親の味方ですよ。これに執着したからといって極度な甘えん坊になるということもありませんし、しっかり者の子ほど離せなくなる気がします。私はそれがその子の癒しになるなら無理に取り上げる気はありません。お子さんの好きなアイテム・・よく見てれば見つけられるかもしれませんよ。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪