妊娠中の体の変化に伴う「マイナートラブル」が起きてくることについて

妊娠中のトラブル

妊娠がわかり、幸せな気持ちと裏腹に少しずつ不調が出てくる妊婦さんもいるのではないでしょうか?

妊娠すると黄体ホルモンが出続け、それに伴い体のホルモンのバランスが変化し、様々な不調になって表われてくるのです。

有名なトラブルは「つわり」ですが、つわりの他にも体のあちこちで変化が起こり、「マイナートラブル」につながります。

人それぞれ違った形で起こるマイナートラブルについてみていきたいと思います。

妊娠初期から中期以降にもみられる「便秘」

妊娠初期にも中期以降でも続く、なかなか切り離せない便秘ですが、その原因と対策を見ていきたいと思います。

なぜ「便秘」がおこるの?

「便秘」も「黄体ホルモン・プロゲステロン」が関係しています。妊娠したことにより、摂取した水分や栄養を蓄えようとするため、腸の動きを鈍くさせてしまうからです。

また、水分の吸収も多く、便が硬くなってしまい便秘を引き起こします。妊娠前は便秘にならなかった人でも、妊娠後に便秘に苦しむ人も多いようです。

そして初期はつわりもあり、食べるものが偏ったり、水分を満足に取れないこともあり便秘になってしまう人もいます。

中期以降では胎児の成長に伴い、腸が胎児に圧迫されて出にくくなったり、運動量が足りずに便秘になったり・・・と簡単に解決できない便秘ですが、市販薬を飲むのは厳禁です!

便秘薬の成分で腸を膨張させたり、収縮させるたりするものがあり、この成分が子宮にも刺激になり、流産の危険性が上がるといいます。

主治医の先生に相談して、妊婦さん用の便秘薬を処方してもらいましょう。

食事で食物繊維をとったり、整腸作用のある乳酸菌食品や水分を多めにとる。

また、散歩などをして腸の動きを活発にするなど、食生活や運動で改善できるのであればその方法が望ましいですが、特に中期以降は食生活や運動を気にしていても出にくくなる人が多いそうです。改善しない場合は無理をせずに早めに相談しましょう!

放っておくと違うトラブルに見舞われることも・・・

「でも、妊娠中に便秘くらいであまり薬を飲みたくない・・・」と思っている方も多いと思いますがひどくなると冷や汗が止まらないくらいの腹痛に襲われたり、長時間いきむとおしりにダメージがきてしまい、「痔」になってしまうこともあります。

「痔」になってしまい、重症化すると日常生活を送るのが大変なくらい痛みがでたり、

痛みのせいで排便することが怖くなってしまい、便秘が悪化してしまうこともあるようです。

そして長時間いきむことはおなかの赤ちゃんにとってよくありません。

主治医の先生に相談して、安全な薬であればおなかの赤ちゃんに負担をかけずにすみます!たかが便秘・・・と思わずに、早めに対処しましょう。

妊娠と歯はどのような関係があるのでしょうか?

歯磨きするたびに歯茎からの出血!!これもホルモンの影響です。妊娠初期から口内の環境も変化し、歯茎からの出血がみられる人もいます。

妊娠と歯って関係あるの??

妊娠してから、歯を磨くたびに出血・・・しかも歯ブラシが真っ赤になるくらい出血することが続いて驚きました。

これもホルモンの影響です。

そして、妊娠初期はつわりで歯を磨けなくなったり、嘔吐したりと口内環境が悪化し、細菌が増えることにより妊娠前よりも炎症が起きやすくなります。

妊娠すると「出血」だけではなく、「歯茎の腫れ」や「口内の乾き」など様々なトラブルが起きやすくなっています。そしてこれは「虫歯」や「歯周病」になりやすくなります。

悪化して「痛み」や「膿」がでるなど重症化してしまうと治療も大変ですが、早産などにも影響がでる危険性も報告されているそうです。

口内環境を整える為には

口内環境を整える為には、まず基本の「歯磨き」が重要です。菌の温床と言われている「プラーク(歯垢)」が出来ないように丁寧に磨くことが重要です。

でもその「プラーク」は歯磨きだけでは取りきれないので、歯磨きにプラスして使うといいのが「歯間ブラシ」です。

糸のタイプでも、ブラシのタイプでも、歯磨きの後にプラスすると「プラーク」もとれて改善されていくそうです。

また、飲み物の習慣などでも変わります。糖分の多いスポーツドリンクやジュースは、口内環境を悪化させてしまうのです。

糖分は細菌のえさになるので、糖分の多い飲み物を飲んだままにしていると、ますます細菌が増えてしまいます。

糖分の多い飲み物を、水やお茶などに替えるだけでも、口内環境を整えるのに効果があるそうです。

ただし、水といっても味付きの水(モモ味など)は糖分が入っているので効果がありませんので注意してくださいね!

安定期のはずなのになかなかとれない「胃もたれ・胃痛」

「やっとつわりが終わってきたかな?」と思ったのに、食後胃もたれがなかなかとれなかったり、胃痛がしたり・・・。

胃の不調も切り離せないマイナートラブルですよね。

「胃」の不調の原因は?

妊娠中期の6カ月ころには多くの方々が「つわり」も落ち着き体調も良くなってくるといいます。

でも妊娠中期に入ってもまだ「つわり」が続く人もいますし、新たに「胃痛」が起こる人もいます。

「安定期に入ったら落ち着くってきいていたのに・・・」と悲しくなってしまうこともありますよね。でもこれは赤ちゃんが大きくなっている証拠でもあります!

妊娠中期の胃の不調には、胎児の成長が大きく関わっています

胎児が大きく成長する為、お母さんの胃が押し上げられてしまい、胃の働きが落ちてなかなか消化できずに「胃もたれ」がおこったり、「胃痛」になったりします。

また、「つわり」で胃の調子が落ちてしまい「胃食道逆流症」のような症状になってしまうこともあります。

胃の不調をよくするには

つわりの時の対策と同じようなことになりますが、まず、「消化しやすい食べ物を食べる」。うどんやおかゆ、スープなど胃に負担のかからないような物を選ぶといいようです。

冷たいものだと胃が冷えて機能が落ちてしまうので、温かいものの方がいいそうです。

次に「少しずつ食べる」。量を一度に多く取ると消化しにくく、胃に負担がかかります。

少しずつ何回かに分けて食べると負担が少なくて済みますよね。

また、胃が空っぽになると胃酸が過剰に出ていて胃痛を引き起こすこともありますので、少量ずつ食べることにより胃が空にならず、胃痛を抑える効果もあります。

そして、「よく噛んでたべる」。これはよく噛むことによって唾液の分泌も盛んになり、消化を助ける役目をします。

また、中期以降の体重の増加が気になる方にはよく噛んで食べることにより、健康的に食事の摂取量を抑えることにもつながるのではないでしょうか。

意識的によく噛む習慣をつけていくといいかもしれませんね。

「腰がいたい!」・・・ホルモンの影響で起こる「腰痛」

急に腰が痛くなると、妊娠のせいなのか、無理して動いたせいなのか、不安になりますよね。その腰痛の原因もホルモンが影響しています。

腰痛になっちゃった・・・その原因は?

妊娠前はなかったのに「なんだか腰が痛い・・・」「おしりの坐骨のあたりが痛くて動くのがつらい」という妊婦さんもいるのではないでしょうか?

妊娠初期からある人もいるそうですが、妊娠中期以降にに腰痛が出る人が多いようです。

ひどくなると家事をするのも、寝がえりをうつのも痛くてできないなど、日常生活に支障をきたしますよね。

そんな痛い腰痛の原因は「リラキシン」というホルモンです。このホルモンは出産に備えて骨盤の関節や靭帯を緩め、赤ちゃんが狭い骨盤を通れるようにするものです。

そのため、緩んできた骨盤を、おしりの筋肉や、腰の筋肉で支えようとして「痛み」が起きてしまうのです。

また、大きくなってきたおなかを支える為、体がバランスを取ろうとして背中や腰の筋肉に無理な力がかかり、「痛み」が出てきてしまうことがあります。

「湿布」をはってもいいの?

「湿布」「塗り薬」は、消炎鎮痛剤が入っているので、独断で使ってはいけません。

消炎鎮痛剤は胎児に影響がでたり、子宮に影響がでたケースもあります。

湿布などを使用する前に必ず主治医に相談して下さいね。あまりにひどい痛みなどの場合、整形外科の受診を勧められることもあるそうです。

腰痛にも効果あり!「骨盤ベルト」

骨盤の緩みによる痛みで、日常生活に支障をきたしてしまうくらいの方は、「骨盤ベルト」をしめるという方法があります。

おなかではなく、骨盤でしめるので、赤ちゃんに影響はありません。

有名なものだと「とこちゃんベルト」やワコールの「骨盤ベルト」などがありますが、産科で取扱いがあるところもあるので、まず産科に相談するのもいいと思います。

ストレッチや入浴でも改善・予防に!

筋肉の緊張によって血流が悪くなると、腰痛の原因になります。

ストレッチなどで腰やおしりの筋肉の緊張をほぐし、血流をあげることで腰痛を軽くすることができます。

また冷えて血流が悪くなることによって、筋肉が緊張し腰痛になったり、悪化することがあるので、入浴で体を温めることも効果的です。

すぐ疲れてしまう・・・「疲労感」「だるさ」

少し動いただけなのに疲れてしまったり、お昼寝しないと夜まで体力がもたなかったりと、妊娠してから疲労感が強い、だるさが取れないという人が多いと思います。

でもそれはただ「体力」が落ちたわけではなく、意外な原因が隠れていることもあります。

妊娠中期の「疲労感」「だるさ」

妊娠中期になると、胎児の成長もどんどん進み、おなかも大きくなっていきます。

栄養がどんどん胎児に運ばれていくため、お母さんの栄養が足りなくなってしまうことがあります。

栄養バランスに気をつけていても足りなくなりやすい栄養素もあります。

特に「鉄分」の不足が心配です。妊娠中期以降は「鉄分」が足りなくなったことにより、「貧血」になってしまい、余計に「疲労感・だるさ」が出ている可能性があります。

「貧血」になると、「疲労感・だるさ」の他にも「頭痛」「めまい」「動悸」「息切れ」などがみられる人もいますので、症状が当てはまる人は、早めに病院に相談するのもいいと思います。

もし貧血だったら・・・貧血に効果のある食材

貧血に効果のある食材で有名なのは「レバー」「ホウレンソウ」ですが、他にも様々あります。

鉄分を多く含んだ食材

  • 大豆
  • あさり
  • ひじき
  • 小松菜

ただ、鉄分は体への吸収率が低いものが多いので吸収を助ける、動物性タンパク質やビタミンC含んだ食品を一緒に摂るといいです。

  • 牛乳
  • 小松菜
  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • じゃがいも
  • ミカン
  • イチゴ

など

なかなかバランスよくとることが難しい時もありますが、少しずつとり入れてみてはどうでしょうか?

妊娠中の様々なトラブルと上手に付き合う

妊娠中は、次々と体の変化があって良くなっては悪くなったり、体調も安定しないことも多いと思います。

気持ちも折れそうになったり、人に聞くほどのことじゃないけど気になることもたくさんありますよね。

「こんなことで・・・」と思わず、主治医の先生に相談して、薬に頼れるものは頼ったり、マイナートラブル自体が大きなストレスにならないようにしていった方が、体の負担が減ったり、悩みの解消につながると思います。

ストレスから違うトラブルにもつながることがありますので、無理をせず、出産までなるべくストレスを減らして少しでも快適に乗り切りたいですね。

%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e7%b7%9a%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%95%e3%82%93

妊娠して週数が進んでいくと、赤ちゃんの成長に従ってお腹がどんどん大きくなります。 そこでお腹の皮膚のケアを何もしていないと、ある日ひび割れのようなあざがお腹に出来てしまうことがあります。これが妊娠線です。 妊娠線は一度できてしまうとなかなか取れず、出産後...

続きを読む
%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e7%b7%9a%e3%82%92%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%a7%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%a8%e6%80%9d%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a6%8a%e5%a9%a6

妊娠線の予防のタイミングは早いほど効果的だと言われており、たくさんの妊娠線ケア専用のクリームが発売されています。 妊娠線ケアは専用の製品を使わなくてもできますが、より効果的なのはやはり専用のクリームやオイルを使う事です。 しかし、いざ購入しようとすると商...

続きを読む
%e8%80%b3%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%84%e3%81%a8%e6%82%a9%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%95%e3%82%93

妊娠中、耳に違和感を覚えるママは少なからずいます。「妊娠と耳の異常に関係がある」なんて、普通は考えられませんよね。 でも、実はけっこう多くの妊婦さんが妊娠中に耳の異常を感じているんです。「私だけ」と不安になる必要はありません。 では、妊娠中に起きる耳の異...

続きを読む
乳酸菌で便秘解消さらに体調もとてもいい妊婦

便秘で悩んでいる妊婦さんはとっても多いです。妊娠するとホルモンのバランスが変わって便秘になりやすくなります。 便秘になると腸内では悪玉菌が強く働き、そのままにしておくと免疫力が低下したり、冷えやすい体になったりと、妊婦にとって悪い影響を及ぼして...

続きを読む
%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b4%e7%b3%96%e3%81%a7%e4%be%bf%e7%a7%98%e3%82%92%e8%a7%a3%e6%b6%88%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a6%8a%e5%a9%a6

妊娠中に便秘に悩む妊婦さんも多いはず。おなかの赤ちゃんのことを考えると薬に頼るのも良くないですね。体にやさしい便秘解消方法の一つにオリゴ糖があります。 自然なお通じを目指すには、善玉菌のエサとなってくれるオリゴ糖で腸内環境を整えるのがおすすめです。 おな...

続きを読む
shutterstock_278346500

便秘に苦しむ妊婦さんに、ぜひ試してもらいたいのが「たんぽぽ茶」。 たんぽぽの根には、便秘を解消してくれる食物繊維が含まれており、漢方としても使われています。 さらに、妊娠中に不足しがちなカルシウムや鉄分を含み、むくみを解消する効果もあります。 ...

続きを読む
shutterstock_125648303

南アフリカ原産のお茶「ルイボスティー」。ノンカフェインなので妊婦さんでも安心して飲用でき、マグネシウムを多く含むため便秘の解消に効果があるといいます。 さらに高い抗酸化作用もあるため、アレルギー症状の緩和にもなるといいます。妊娠中は薬を飲めないので、アレルギー...

続きを読む
shutterstock_411239098

妊娠中にはどんな薬を使うのにも気を遣いますが、虫刺され・虫除けといった簡単なものでもやっぱり気になりますよね。 お腹のなかの赤ちゃんに本当に影響が無いのかだけでなく、妊婦さん自身も体調が変化しやすくなっています。 しかし、虫刺されはちょっとしたトラブ...

続きを読む
%e4%be%bf%e7%a7%98%e3%81%ab%e6%82%a9%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8c%e9%85%b5%e7%b4%a0%e3%82%92%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%a6%e8%a7%a3

妊娠すると身体に沢山の変化が起こりますよね。妊婦さんを悩ます妊娠中の不調の一つに「便秘」が挙げられます。 産婦人科で便秘の薬を処方してもらうことも可能ですが、薬に頼りすぎると自分で排便する力が弱くなってしまい、産後にも影響を残してしまいます。 薬に頼らな...

続きを読む
加工後shutterstock_205793089

妊娠すると貧血になる妊婦さんがかなり多く、鉄分を摂りましょうと必ずパパママ教室などで言われます。私も三度の妊娠中、いずれの場合も妊娠中期から血液検査でひっかかり、鉄剤を処方されましたが決してレアではないと言われました。 鉄剤を飲むと便秘になりやすい事もあるので、普...

続きを読む