妊婦検診で聞いておきたい内容と月齢ごとの診察内容について

赤ちゃんを妊娠すると、妊婦健診を受けます。初めての経験だと、不安なこともたくさんありますよね。

妊婦健診は、健康な赤ちゃんを無事出産するために、必ず決められた回数受けましょう。現在は多くの自治体が母子手帳に補助券をつけています。

妊婦健診では

  • 妊娠検査
  • 体重・血圧
  • 内診・超音波検査

などが、基本の検査です。

また時期によって、血糖値や感染症の有無を確認する検査も行います。出産が近づくとNSTと呼ばれる赤ちゃんの元気さを測る検査もプラスされます。

10ヶ月の妊娠期間にはさまざまなリスクやトラブルが起きることがあります。

  • 双子や三つ子妊娠
  • 切迫流産・早産・前置胎盤などの異常
  • 逆子

など、珍しいケースではありませんが、無事に出産するには適切なケアが必要です。でも、妊婦健診を受けていなければ、異常に気付くことができないのです。

ここでは妊婦健診で受ける検査や、スムーズに受けるための服装・持ち物のコツなど、新米妊婦さん必見の役立つ豆知識記事を特集しています

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e6%a4%9c%e6%9f%bb

妊娠が発覚した時、病院で検査を受けて妊娠の確定診断を受けることはとても大切なことです。 その際に最も重要視される要素が、心拍が確認出来る事です。 自分で妊娠したかも?と思い当たる多くのきっかけは、生理予定日あたりに生理が来ないことでや基礎体温の高温期が続...

続きを読む
妊婦のママと子供

産婦人科は、子連れで受診している方も少なくありません。 子連れ受診に寛容な場所ではあるのですが、産婦人科の検診は長時間待たされ、更に診察時間自体も長いので、子連れでの受診は本当に大変です。 産婦人科に子連れで受診する際の対策を考えてみましょう。 ...

続きを読む
shutterstock_182484359

妊婦検診に行くと、必ずといってよいほど超音波(エコー)検査が行われますよね。お腹の中の状態が画面に映し出されるので、妊婦さんにとっては赤ちゃんに会える嬉しいひと時となります。 超音波検査は赤ちゃんにトラブルがないかなどをチェックするとても大事な検査の一つ です。で...

続きを読む
shutterstock_199602737 (2)

2013年から一部医療機関で血液検査による新型出生前診断が始まりました。 この検査は妊娠17週くらいまでに受けなければなりません。 マタニティー生活も4か月近くなって受けるこの検査、結果が分かる2~3週間は妊婦さんにとっても、とてもとてもストレスです。 ...

続きを読む
shutterstock_260584982

エコー写真は、赤ちゃんの存在を目にすることができる貴重な資料です。小さな命が自分のお腹の中にあるということを、多くのお母さんはエコー写真によって改めて実感するのではないでしょうか。 このエコー写真、わかるのは赤ちゃんの姿だけではありません。そこには、様々な...

続きを読む
af9920051851l

始めての妊娠は分からない事も多く不安でいっぱいです。特に、妊娠検査は受けなければならない検査、受けた方が良い検査を合わせると数えきれない程あります。例えば、妊娠初期に受けなければならない検査と受けた方が良い検査、場合によっては必要になる検査を合わせると、全部で24種...

続きを読む
af9920051848l

妊婦検診の服装 妊婦検診は初期と中期・後期で行う検査が異なり、中期以降は、ほとんどの妊婦さんがマタニティウェアを着ることになるので、検診をスムーズに行うためには、着て行く服もちょっと気をつけたほうがよいでしょう。 妊娠初期の頃は、膣から機器を入れて赤...

続きを読む
おなか

妊娠初期は、赤ちゃんがまだ小さく流産の危険性も高いため、赤ちゃんの発育と母体の健康管理のためにも妊婦検診は欠かせません。検診を受けていれば、万一妊娠中に母体や赤ちゃんに異常が見つかっても一早く対処することができます。 また妊娠中は無事に出産できるのか不安な気持ちが...

続きを読む
病院

妊娠の可能性がある場合、まず市販の妊娠検査薬で陽性が出てから産婦人科に初めて診察に行くという人が多いですよね。初診で妊娠が判明してからは、赤ちゃんの様子と母体の体調の変化をチェックするためにも、定期的に妊婦検診を受けることになります。 どの位の頻度で通えばいいかよ...

続きを読む