妊娠初期の辛いつわりを乗り切るための対処法

つわり

「つわり」は妊娠した多くの女性が悩まされる症状の1つです。時期も程度も人それぞれで個人差が大きいです。

あまり感じなかったという人もいれば、入院が必要になるくらいに重症でかなり辛かった…という人もいます。

症状も多岐に渡り、色々なつわりの種類があります。

妊婦さんの殆どが経験する「つわり」。原因や症状、対策についてや、どういったつわりの種類があるのかなどを紹介していきます。

つわりの症状

妊娠したのはうれしい反面、つわりがあってげっそり。

赤ちゃんのためとはいえ、体調が悪いとつらいですよね。つわりには様々な症状があります。主な種類と症状を見てみましょう。

知っておきたいつわりの種類

症状
吐きつわり 常に吐き気がある、何を食べても吐いてしまうなど。
食べつわり 空腹時に吐き気が強くなるなど。
よだれつわり 唾液の分泌量が増える、つばが気持ち悪くてのみこめないなど。
眠りつわり 常に眠い、気付いたら寝てしまうなど強烈な眠気があるなど。
においつわり においに敏感になるなど。
げっぷつわり げっぷが増える、げっぷをしたいけど出せないなど。

つわりの原因は?

つわりの原因はまだはっきりと解明されてはいません。

現在での一番有力な説は、ホルモンの変化とされています。

妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが大量に分泌されます。この大きな変化により、自律神経が乱れ、吐き気などのつわりの症状がでると考えられています。

他にも、受精卵を異物として認識してしまいアレルギー反応が出てしまうという説や流産を防ぐためにあまり体を動かさないようにさせるためという説などがあります。

また,妊娠によりエストロゲンが増加し、血糖値を抑えるホルモン「インスリン」を刺激してしまうため低血糖になるためとも考えられています。

低血糖になると、吐き気や頭痛などの症状がでることがあるので、食べつわりの人は低血糖が原因と考えられています。

赤ちゃんの性別って関係あるの?

統計では赤ちゃんが男の子よりも、女の子の方はつわりが重かった答える妊婦さんが多いようです。

実際にヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌量が女の子を妊娠した時のほうが多いという報告もあります。

しかし、必ずしも女の子の方がつわりが重いということではなく、感じ方は人それぞれなので、つわりで性別の判断まではつきません。

  • 妊婦さんの顔つきがきつくなると男の子、優しい顔つきになると女の子
  • お腹が突き出るように出ると男の子、丸いと女の子
  • ジャンクフードが食べたくなると男の子
  • 吐きつわりは女の子、食べつわりは男の子

などの性別については言い伝えがありますが、あくまで迷信ですので外れる場合もあります。

つらい症状はいつまで続く?

つわりは早い人だと妊娠4週から始まり、胎盤が完成する16週目あたりにはおさまる人が多いようです。

ピークは7~10週目頃、12週目あたりから徐々に楽になっていきます。

ただ、つわりは個人差がかなりありますので、この通りでない場合も心配はいりません。

食べづわりの時におすすめの食べ物

食べつわりで難しいのはズバリ体重管理!

標準体型の人で7キロ~10キロ程度プラスで抑えるのが良しとされていますが、空腹時に気持ちが悪くなる食べつわりだと、このコントロールがとても難しくなります。

そこでおすすめの食べ物はこちら。

食材 効果
豆乳 腹持ちがよく、便秘にも良しです。
寒天 甘いものがやめられない方は、デザートを寒天にしてみて下さい。
食物繊維も豊富で低カロリー、おすすめ食材です。
野菜サラダ においも少なく、低カロリーで栄養満点。
普段から取り入れるといいでしょう。
ガム 仕事中にもおすすめのガム。
口の中もすっきりとし、かむことで満腹中枢を刺激してくれます。
春雨スープ 麺類が食べたくなったら春雨スープを。
低カロリーなのに満足感があります。

夜中にどうしてもたべたくなってしまったら!

夜中にどうしても何か食べたくなってしまった!そんなときのために枕元にクッキーやラムネなど、すぐに食べられるものと水などの飲み物を用意して寝ましょう。

キッチンまで食べ物を取りに行くと、食べすぎたり、眠れなくなったりすることがあります。

少し食べて空腹を紛らわせたら、すぐに寝てしまうのがおすすめです。

食べつわりの時の食事のとり方のポイント

空腹時に気持ちが悪くなる食べつわりは、空腹時を減らすことがポイントです。

そのため1日3食にとらわれず、食事回数を2~3回ほど増やしてみましょう。

ただし、普段通りの量で1食増やすと、すぐにカロリーオーバーしてしまい、体によくありません。

なので、食事回数を増やすなら、1回の食事量はいつもよりも少なめに。1回の食事で食べる量を半分にして、回数を2回に。

また、温かい汁物や飲み物は胃を落ち着かせて、満腹感を得られやすくなります。

妊娠すると、マクドナルドのポテトや炭酸飲料などが食べたくなる方が多いようです。

食べたいものを食べるのも気持ちの面ではおすすめですが、カロリーオーバーに気を付け少量にしておきましょう。
よく噛んで食べると、満腹中枢を刺激するので、少量でも満足できるようになります。

食べつわりだけど吐き気?

空腹時に何か食べないと気持ちが悪い、なのに食べると吐いてしまう。食べつわりと吐きつわりの両方の症状が出る方もいます。

そういった場合は、食べすぎると吐いてしまうので、少量をこまめに取りましょう。

吐き気があると、脱水状態になりやすいので、水分はこまめに取ることが重要です。

ただし、吐いてしまったすぐあとは胃が荒れているので、少し時間をおいて水分を取るようにしましょう。
 

吐きつわりの時におすすめの食べ物

吐きつわりで食べられないときは、無理に食べる必要はありません。食べたいと思ったものを食べたいタイミングで食べればOKです。

プリンやアイスクリームなども食欲がない時に食べやすく、またカロリーもとれるのでおすすめです。

もし食べられるようであれば、ショウガには吐き気を抑える成分が含まれているので、取り入れてみてください。

炭酸水にレモンなどを絞ったものなども口の中がすっきりとします。

吐きつわりは治療できる?病院での対応は?

吐きつわりでつらい時は、無理せず病院へ。漢方薬や点滴、注射など、吐き気が楽になる方法があります。

あまりにも体重の減少があったり、脱水症状などが出てしまう場合などは入院して一日中点滴治療になる場合もあります。

よだれつわりとは?

よだれつわりは「唾液過多症」とも呼ばれています。唾液が多くなり少し気になる程度の方から、唾液がのみこめないほど増えてしまう場合もあります。

自分の唾液のせいで気持ちが悪くなってしまい、吐き気を催す場合も。唾液もネバネバしたものに変化する場合もあります。

よだれつわりの対策は?

よだれつわりの原因は、消化機能の低下により水分代謝が悪化してしまうこととされています。

水分代謝が悪化してしまうと体内にドロドロの水がたまり、体から溢れてしまうのです。

唾液が飲み込めない場合、無理に飲みこむ必要はありません。

外出時には空のペットボトルにカバーをして持ち歩き、そこには吐き出す、寝ているそばに洗面器やビニール袋を置くなど常に吐き出せるものを置いておきましょう。

よだれつわりには

  • 益智(やくち)
  • 小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりゅうとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

といった漢方も効果的とされているので、産院で相談してみるのもいいと思います。

においつわりとは?

においつわりはにおいに敏感になり、妊娠する前は平気だったにおいも悪臭に感じたり、においをかいだだけで吐き気を催したりといった症状がでます。

  • たばこのにおい
  • シャンプーのにおい
  • 香水の匂い
  • 冷蔵庫のにおい
  • 食べもののにおい
  • ご飯の炊けるにおい
  • スーパーの生鮮食料品売り場のにおい
  • 人のにおい
  • 湯気

これらのにおいがダメになってしまう方が多いようです。

妊娠中、においに敏感になるのは、腐った食べ物や煙などの有害なものから母体と胎児を守るためといわれています。

においつわりの対策は?

まず自分がどのにおいがダメなのかを知ることが大切です。そしてそのにおいは徹底的に避ける!

温かい食べ物はにおいが強いので、食事は冷めたものにしましょう。

また鼻栓やマスクで対策する、シャンプーは無香料に変えるなども重要です。

また、自分の好きな香りのアロマを焚く、アロマオイルをハンカチなどにしみこませたものを持ち歩き、不快なにおいを感じたらハンカチをかぐなども効果的です。

ただし、妊娠中は使えないアロマオイルもあるので、調べてから使用するようにしてください。

眠りつわりとは?

眠りつわりはきちんと睡眠をとっているにもかかわらず、常に眠いといった症状が続きます。

眠気以外にも倦怠感、記憶力や判断力の低下など感じる方も多いです。

眠りつわりの対策は?

寝られる環境であれば、無理せず横になりましょう。軽い眠気であれば散歩したり、ストレッチしたり、無理のない範囲で体を動かすことも効果的です。

妊娠すると体温が高くなり、眠気を感じやすくなります。冷たい飲み物を飲んだり、アイスノンを目にあてたりすると一時的にスッキリします。

ただ、妊娠中に体を冷やすとよくないので、冷たいものの飲みすぎや食べすぎには注意が必要です。

shutterstock_306461963

妊娠初期のつわりが終わって安定期はごはんもたくさん食べられたのに、32週以降の好機に入ったらまた気持ち悪さが襲ってきた…。 実は、つわりは妊娠初期だけではなく妊娠後期にも起こることがあるのをご存知でしょうか。 私自身も後期のつわりがひどく、分娩中まで...

続きを読む
%e8%87%ad%e3%81%84%e3%81%a4%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%ab%e6%82%a9%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%95%e3%82%93

一口に「つわり」と言っても色々な種類がありますが、においつわりはとても不思議なつわりです。 何故なら、今まで全く気にならなかったような匂いが鼻についてしまい、気分が悪くなってしまう悪阻だからです。 炊き立てのご飯の匂いはもちろんですが、「良い香り」と感じ...

続きを読む
%e3%81%a4%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%81%b2%e3%81%a9%e3%81%84%e3%81%91%e3%82%8c%e3%81%a9%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e4%bc%91%e3%82%81%e3%81%aa%e3%81%84%e5%a5%b3%e6%80%a7

つわりは、初期の妊婦さんのつらい症状です。でも仕事を持っていると、会社を休めないことも多いですよね。 妊婦さんの仕事と言ってもさまざまな業種があります。市役所などの事務員さんをはじめ、接客業やホールスタッフなどのサービス業・お医者さんというママもいますね。 ...

続きを読む
shutterstock_52133623

食べていないと気持ち悪くなり、ついつい何か口に入れてしまうのが「食べづわり」です。 妊娠初期なのに、医師から体重増加を指摘され落ち込んでいる方いませんか? 太ると分かっていても食べたくなり、自分の意志でコントロールできず悩みま...

続きを読む
shutterstock_59210599

つわりはみんなが経験するものだから、我慢するものだと思っていませんか? 辛いつわりは、病気かもしれません。 放置すると悪化してしまう可能性もあるんですよ。つわりで病院に行っていいものかと、悩んでいる妊婦さん、そのつわりが悪化する前に是非チェックしてみてく...

続きを読む
加工後 shutterstock_159741344

妊娠が判明してすぐ、もしくはしばらくしてつわりが出てくるというのが一般的です。しかもつわりの種類や度合いは妊娠してみないとわからないという、難しい問題でもあります。 世の中には辛いつわりに対して先輩ママや産婦人科医師、助産師さんから様々なアドバイスが聞かれると思い...

続きを読む
つわり

妊娠すると不思議なことがたくさん出てきます。特に初めての妊娠の場合、わからないことだらけかと思います。妊娠に気が付いてつわりという症状が出てくるケースが多いのですが、よだれがたくさん出てくるつわりがあることを知らない方が多々います。 よだれつわりはその名前のように...

続きを読む
加工後 shutterstock_96409961

妊娠するとみんながみんな「つわりがあって気持ちが悪くなる」と誤解されやすいのですが、一概にそうとは言えません。つわりの中には気持ちが悪くならないつわりもありますし、食べないと気持ちが悪くなるつわり(食べづわり)もあります。 一番厄介なのは、この食べづわりや、つわり...

続きを読む
shutterstock_123346453

妊娠初期で最も辛いのが「つわり」。多くの人が経験するとされるつわりですが、そもそもつわりってどんなものなのでしょう?そのメカニズムや対策に迫ってみましょう。 つわりのメカニズム つわりとは つわりは妊娠中に現れる吐き気に代表される体調不良の総称です。一般的には...

続きを読む
shutterstock_180950963

妻が妊娠して「やったぁー!」と喜んだのも束の間、妻が”つわり”でずっと家で横になっていて料理も家事もしないと不満に思う旦那さんをたまに見かけます。 また、妊娠しない男性はもちろんつわりを経験することもないので、妻がいくら辛そうにしていても”つわり”がどのようなもの...

続きを読む