保険や補助金…?気になる出産にかかるお金と入院費のお話

これから赤ちゃんを迎えるにあたり、気になるのがお金の問題です。特に出産に関することは健康保険適応外なので、お金がかなりかかります。

中でも気になるのは、入院費ではないでしょうか。出産のために入院すると、日本では自然分娩で通常5日間、帝王切開で7日間の入院が必要になります。

入院にかかる費用は病院によって大きく異なります。ホテル並みのサービスがセールスポイントになっているような個人病院なら、より高価になりますよね。

総合病院や大学病院で出産した場合も、個室を利用したか大部屋利用かで金額は違ってきます。

でも不安になる必要はありません。赤ちゃんを出産すると、もらえるお金もあるからです。まずは出産育児一時金という補助金が、行政から支給されます。

他にも、ママが個人的に生命保険・医療保険などに加入していると、保険の支払対象になるお金もあります。

帝王切開で出産した場合や、切迫早産などで早期入院した場合などは対象になる可能性が高いんですよ。

ここでは、こうした気になる入院・出産にかかるお金の話を特集しています。具体例もピックアップされていますよ。

記事が見つかりませんでした。
お手数ですが一度トップまで戻って、目的の記事をお探し下さい。