- 新米ママは幼稚園の親子遠足で何に気をつけて参加したらいい? | MARCH(マーチ)

新米ママは幼稚園の親子遠足で何に気をつけて参加したらいい?

2014/09/19

新米のママというのは、幼稚園に入れば分からないことだらけ。それは当たり前だと思います。そんな時に頼りになるのは、以前お子さんがその幼稚園に通っていたママや、情報通のママ友達と言った所でしょうか。ママたちのネットワークは素晴らしいものです。

分からないことはまずママ友達に聞くのが1番。親子遠足でどんな格好がいいのかも分からなければ、ママ友に質問してみましょう。とはいえ、ママ友達が最初からいるとは限りませんので、どう対応したら良いのかを考えてみましょう。

親子遠足の荷物は最小限に

親子遠足で必要なのは、どういった手段で行くか、何処に行くのかということです。お子さんが比較的小さいこともあるので、ママの荷物はできる限り少なくしたほうがいいとは思います。

ですから荷物を入れるバッグはトートタイプなど手がふさがるものではなく、ショルダータイプやリュック、もしくはウエストポーチのようなものにするといいでしょう。動くことを前提にしなくてはいけないと、頭の片隅にでも入れておいて下さい。そうすれば安心です。

洋服のチェック点

続いては洋服に関してです。ミニのスカートにヒールの高い靴なんてのは止めましょう。スカートでもレギンスを合わせたりすればまだいいのですが、それでも遠足の基本はパンツスタイルです。動きやすい洋服で出かけるのは当然でしょう。

となれば靴も同じ。ヒールの高い靴でたくさん歩くのはナンセンス。できる限りスニーカーなどの運動に向いている靴のほうが、ママの足が楽だと思いますよ。冬場はブーツを履く方もいると思いますが、ブーツにヒールがある場合はやはり低いタイプのをチョイスして下さいね。

日焼け対策は念入りに

親子遠足では半日以上外に出ている可能性がありますので、日焼け対策は必要です。しかし度を越すような日焼け対策では、周りから浮いてしまうのも否定できません。日焼け止めを持参してこまめに塗ったり、長袖などでガードするなどしましょう。

熱中症対策として、できるだけ帽子はかぶって参加します。ママが倒れて迷惑をかけないようにしましょう。もちろん水分もちゃんと事前に用意します。持ち物に関しては事前に確認するようにし、ママも忘れ物は厳禁ですよ。

ママはあくまで子供のサポートだと認識する

親子遠足の主役は誰か、お分かりですよね?一応親子という名前はついていますが、普段から幼稚園のお世話になっているのは子供たちです。つまり親であるママたちは要するにおまけのような存在です。

我が子たちがいつもご迷惑をおかけしないように、注意して行動するのが当たり前なのですから、親であるママたちが先生の手を煩わせるようなことをしないように。幼稚園によっては、下の子を同伴して参加する場合もあるかもしれませんが、下の子からも目を離してはなりません。

できるだけママも友達を作ろう

せっかくの親子遠足ですから、子供も楽しんで欲しいですし、ママも友達を作るいいチャンスでもあります。子供の友達を通じて、お知り合いになったママには気軽に話しかけてみましょう。1人俯いている方がいれば、皆さん話しかけにくくなってしまうかもしれません。

誰とでもお話ししなくてはならない場ではありません。できる範囲でお子さんのお友達やクラスメイトのママに声をかけておくと、子供も喜んでくれるものです。ママが仲良くなると、クラスの雰囲気もぐっと盛り上がりますよ。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ