- 実は五感冴え渡るゴロゴロ0歳、どんなおもちゃがおすすめ? | MARCH(マーチ)

実は五感冴え渡るゴロゴロ0歳、どんなおもちゃがおすすめ?

2014/04/07

歩いたり、走ったり、喋ったりする子供。自我がはっきりしていて、好きなおもちゃは手放さなかったり、嫌いなおもちゃには見向きもしなかったり。性別で好きなおもちゃが変わってくるのは、1歳過ぎでしょうか。

欲しいおもちゃが売っていると、売り場に寝転がって泣き叫び、駄々をこねる。そんな光景が見られるのも、ある程度大きくなってから。それまでは、パパやママなどの大人がおもちゃを選び、買い与えますよね。

0歳児、どんなおもちゃに興味を示す?

0歳児、特に前半は、いつもごろごろ寝転がり、おもちゃなんて興味がなさそう。なんて思ったら大間違い!実は赤ちゃんは、生まれた時から周囲の環境変化や音などに興味津々なんですよ。

視覚的な興味としては、原色のようにはっきりとした色合いのものに興味を示しやすいそうです。音が出るおもちゃは好きですね。また、自分で簡単に動かすことが出来るおもちゃは、ずっと動かしていることもあります。

音が出るおもちゃにも色々

音が出るおもちゃ、と考えると、真っ先に思いつくのがガラガラ。昔からあるおもちゃですよね。昔ながらの形をしていなくても、今は軽量のガラガラもあり、小さな赤ちゃんでもつかみやすくなっています。

息子が好きだったのは、ドーナツのように丸い形で中に小さな粒が入ったプラスチックのおもちゃでした。振れば音が鳴りますし、つぶつぶは原色を使っていてとってもカラフル。

ボタンを押すと音楽がなる、というおもちゃもありますよね。小さい月齢のうちは難しいですが、ハイハイをしだす頃になれば、偶然の接触から「音がなる」という事を学習して、自発的に遊び始めます。

低月齢の時にだって音は大活躍。ベビーベッドにメリーをつけたり、布団の上にベビージムを渡しているおうちはありませんか?音楽を鳴らすと、音を探すように上を向いて、脚をばたつかせたりして遊びます。

触った感じが大好き!

赤ちゃんの感触に訴えるおもちゃ、というものもあるんですよね。赤ちゃんが好きなものの1つとして、新聞や広告があります。あれをグシャっとするあの感覚を再現したおもちゃが、売られています。

また、ゴム素材で柔らかいおもちゃは、口に入れてカミカミして、感触を楽しんでいます。我が家にあったのは、「イカ」の形をしたおもちゃ!1歳過ぎるまでは、よくカミカミしていました。

オーボールってご存じですか?網状になったカラフルなボールです。まだ物をつかむことが出来ない赤ちゃんの指にからめてあげると、腕を上下する度にボールが動いて、これは興味津々です。

オーボールは、網の隙間に紐を通してあげれば、ベビーカーやベビーシートに括りつけることが出来ます。お気に入りおもちゃに仲間入りすれば、お出かけのお供にすることができちゃうんです。

いろんな形があるね

タオルハンカチの四隅に、リポンや紐がついていたり、そこだけ素材が変わっていたりするおもちゃがありました。息子はこれを吸ったり触ったり、じっと見つめて遊んでいました。

ベビージムは、物の形を沢山知ることが出来ます。ジムから降りるおもちゃは、鏡がついていたり、紐をひっぱると音がしたり、くるくる回る羽がついていたり。楽しいことが一箇所に凝縮されています。

出産祝いのおもちゃって、どう?

出産祝いでおもちゃをもらうと、多くの場合、少し高級で、なんとなく大人びている素材のものが多いように思います。例えば、木製のおもちゃがそれに該当するかなと思います。

木製のおもちゃは、大抵「口に入れても安心」という物が多く、もちろん嬉しいプレゼントなのですが、実は低月齢の赤ちゃんにとっては、「木」の色ってそんなに印象に残らない色なんですよね。

やっぱり、赤や黄色などの原色を使ったおもちゃのほうが、赤ちゃんが気に入って遊びやすいようです。我が家は数百円の安いおもちゃばかりでしたが、びっくりするほど色とりどりでした!

赤ちゃんの気持になって考える

お出かけする時に、ベビーカーについているおもちゃが、ちょっと高級でおしゃれなものだと、ママやパパの気分は上がるかもしれません。でも、赤ちゃんはどうでしょう?いつも使ってるおもちゃの方がいいですよね?

おもちゃで遊ぶのは赤ちゃん自身。どんなに見た目が良くても、好きじゃないおもちゃは絶対に遊ばないのが赤ちゃん。せっかくなら、お気に入りのおもちゃで、ご機嫌よく遊ばせておきたいと思いませんか?

そこでオススメなのは、ご両親の手作りおもちゃ。例えばペットボトルにおもちゃのビーズを入れたもの。音は鳴りますし、カラフルで、持ち運びも軽くて簡単。350mlのボトルなら邪魔になりませんよね。

ペットボトル用のストラップを利用すれば、お出かけの時にベビーカーにつけてあげることも出来ます。見た目は安っぽいですけど、赤ちゃんの「おもちゃ需要」には十分答えられるおもちゃですよね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ