おしるしは陣痛が近い証拠!?慌てず出産を迎えるための対応法

コメント2
2015/06/24

shutterstock_128737901
37週を過ぎて陣痛が来るのをドキドキしながら待っている妊婦さんにとって、体のちょっとした変化も「もしかして出産が近い兆候!?」と気になってしまうもの。

そういった出産の兆候と言われるものの一つが『おしるし』です。今回は出産間近の妊婦さんのために、この『おしるし』にスポットを当てて慌てないための対応法を伝授します!

おしるしって何?

妊娠するまでは『おしるし』なんて聞いたこともなかったという方がほとんどなのではないでしょうか?実際にお子さんをお持ちのご家庭でもパパは「おしるし?何それ?」という方が多いかもしれませんね。

【おしるしとは】

出産予定日が近づいてくる頃に見られることのある出血。赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁の間にズレが生じることで少量の出血があります。

ドロッとしたおりものに少し血が混ざったような状態であることが多いようですが、人によって色は違うのでこれがおしるし!というものではないんですね。

卵膜と子宮壁のズレは、子宮口が開いてくることで起こりやすくなっています。おしるしがあると出産が近いと言われるのはこういう理由なんですね。

おしるし → すぐ陣痛?

おしるしがあると24時間以内に陣痛が来る!なんていう話も聞きますが、本当なのでしょうか?

陣痛が近い…かも!?

実際にはおしるしがあってから1~2日のうちに陣痛が来たという方は確かに多いですね。ただ陣痛が先だったという方、私のようにおしるしの後1週間以上経ってから陣痛がきたという方も多く、結局人それぞれのようです。

私の場合は37週に入る前から子宮口が柔らかくなっていると言われていたので、卵膜と子宮壁のズレが少し早く起こったのかもしれません。結局陣痛は出産予定日を過ぎてから来ました。出産って本当に予測できないものなんですよね。

すぐに陣痛が来るとは限らないとはいえ、出産が近づいていることは確かなようです。もしおしるしがあったら、いきなりの陣痛に「あ、どうしよう!」と焦らないために、下記の項目を確認しておきましょう。

  • 入院の準備はちゃんとできている?書類・費用は大丈夫?
  • もし陣痛が来たらどのタイミングで家族や病院に連絡する?
  • 移動手段は?
  • 破水したらどうする?
  • 陣痛の持続時間や間隔を落ち着いて計ってメモできる?

チェックリストを作っておくと安心です。落ち着いている時に用意をしておきましょう。陣痛が来てから「あれもしなきゃ!これも忘れてる!」と焦らずに対処できるようにしておきたいですね。

実はおしるしがない人も多い

おしるしが全くないまま、いきなり陣痛という方も結構多いんです。出産の兆候と呼ばれるものはいろいろありますが、おしるしが無いから陣痛はまだだろうとのんきに構えているのもよくありませんね。

37週を過ぎたらいつ陣痛が起きても不思議ではありません。しっかり準備をしておくことが大切です。

内診による出血とは違う?

臨月に入ってからの内診の後には出血することが多くあります。でも「これっておしるし?」と思ってしまいますよね。自分で見分けがつくものなのでしょうか?

なぜ内診後に出血するかというと、臨月では子宮口の状態を確かめるために柔らかさ、開き具合をチェックするんですが、この刺激によって出血しやすくなるというわけ。

内診で子宮口を刺激されて、お腹の張りが強くなり数日中に出産したという話も珍しくありません。内診後の出血はおしるしと同じように卵膜と子宮壁のズレによるものが多いので、人工的なおしるしと言ってもいいかもしれませんね。

また内診後は膣からも出血しやすいものです。どこからの出血かは自分ではなかなか判断できるものではありませんが、ダラダラと出てくるのでなければ問題ありません。どのような出血がどれくらい続くか、お腹の張りと併せてメモしておきましょう。

内診の時に「後で出血があるかも!」と言われることも多いです。どのような出血なら様子を見ていいのかを聞いておくと安心ですね。

おしるしかも!と思ったら

shutterstock_266377598
では実際に「おしるしかも!」と思われる出血があった場合にどう対処すればいいでしょうか?

どんな出血?

まずは「出血!?」と焦らずにどのような出血があったのかをしっかり確認しましょう。おしるしの状態は人それぞれです。

  • ドロッとしたおりものに血が混じっている
  • 生理の始まりのような少量の出血
  • 逆に生理の終わり頃のような茶色に近い出血
  • サラッとした少し赤みのある水のようなもの

もっと多い量の出血であったり、サラッとした水のようなものが生臭いようなニオイがした場合には、おしるしではない可能性があります。必ず病院に電話して指示通りにしてください。

破水だった!という人も

私の場合は少量の出血の後にジワーッとさらさらの赤みのある水がにじみ出てくるようなおしるしでした。ニオイを嗅いでみても特に生臭くなかったのですが、少量だけでも破水の場合があると知り病院に電話。

一度来てくださいと言われ内診してもらったところ、破水ではありませんでした。子宮口が検診の時より開いていたので、おしるしだったんですね。

「破水じゃないと思う」と言っていた母には「やっぱりね」という反応をされ、少しグサッときましたが、父に「初めてなんだから分からないよね」と言われ救われた気がしました。

4度も出産の経験のある母の意見は確かに重みがありましたが、病院でないと分からないことは多いもの。結局破水ではなかったものの、ちゃんと調べてもらえて安心できました。

ただおしるしだろうと思っていたら破水だったという逆のパターンもあり得ます。破水の場合は自宅で様子を見て…とのんびりしているわけにはいかないですよね。もしかして!と思ったら自己判断せずに電話してみるようにしましょう。

破水=ドバーッと出るというわけではないということも頭に入れておきましょうね。

心配なら電話して

特に初めての出産の場合は、予定日が近づくにつれて「大丈夫、落ち着いて」と自分に言い聞かせていてもやはり不安に襲われるもの。

無事に赤ちゃんを産erみたい!という気持ちがあるので当然ですよね。出血はそんな妊婦さんの心を大きく揺り動かしてもっと不安にさせてしまいます。

もし自分の出血が問題ないかどうか判断がつかない場合は、まず病院に電話してみましょう。それくらいなら様子を見て大丈夫と言ってもらえれば安心ですし、一度病院に来てと言われる可能性もあります。

「それくらいで電話してこないで」と思われるかも…と思ってしまうかもしれませんが、そんなの気にしない!出産を控えて不安なんですから堂々と電話したらいいんです。無事に赤ちゃんを産む方が大切ですよね。

出産日は赤ちゃんが決める?

shutterstock_134350955
検診で「しばらくなさそう」と言われたのにその日に陣痛が来る、もしくは「もうすぐくるかも!」と言われたのに全然…など本当に出産っていつ訪れるか予想できないものです。

でも、きっとそれってお腹の赤ちゃんが決めてるんですよ。ママの都合に合わせて「もうちょっと待って」「もう出ておいで」と声をかけているとその通りに陣痛が来たという話も珍しくありません。

いつくるか、いつくるかと不安になるよりも、穏やかな気持ちで赤ちゃんに話しかけていつ生まれるか相談してみては?きっと「その時」を心静かに待つことができ、出血にも慌てず対処できますよ!よいお産を迎えられるよう願っています!

みんなのコメント
  • 無記名さんさん

    24時間前に透明のおりものと多少の血が。
    その12時間後透明のおりものに茶色の血?が 更にその12時間後、こげ茶?の血が‥なんなのでしょう。おしるし?それに段々色が黒く変化してるのも気になります‥。

  • りゅーたんさん

    34週の検診で子宮口が2センチ開いていて、早産の可能性があるとの事で張り止めの薬を出され自宅安静に。
    37週で、おしるしのような出血があったものの痛みはなかったので
    そのまま様子をみることに。
    38週の検診で子宮口の開きは3センチに。内診後で出血があり陣痛のような鈍い痛みがあったものの、おさまったので自宅で様子を見る事に。
    3人目ですが、1人目1時間半。2人目30分とゆう早さで破水からの出産をしてるため、3人目の陣痛に敏感になってしまいます。

あなたの一言もどうぞ