女の子の「七五三」数え年か実年齢かどちらでするのがいい?

コメント0
2015/07/02

加工後 shutterstock_183919532
子供の成長をお祝いするイベントはいくつもあります。中でも子供がある程度大きくなっていて、自分の「これを着たい」というリクエストが出てくるイベントとして七五三が考えられます。

七五三は、女の子が二回(三歳と七歳)、男の子が一回(五歳)行うのが一般的とされていますが、中には男の子も三歳と五歳の二回行う地域があるそうです。三歳、五歳、七歳と3回全てお祝いする方もいらっしゃると思います。

ところで七五三の問題は「数え年で行うのか、それとも実年齢で行うのか」ではないでしょうか。女の子の三歳という年齢は特に判断が難しいところだと思います。

なぜお祝いするの?七五三祝には意味があります!

七五三を行うということは、七五三には意味があるからです。大昔から行われている行事だというのは皆さんご存知だと思うのですが、起源は室町時代からと言われているそうです。そして大事なのは七五三を行う意味についてです。

昔は今のように医学が発達していませんでしたから、産まれてすぐに亡くなる赤ちゃんたちがたくさんいました。

栄養の状態が悪いですとか、今ならば簡単に治ってしまう病気でも昔ならば感染しただけで命を落とすこともあったので、残念ながら子供たちが亡くなることが少なくなかったのです。

七五三を行う理由には、このようにたくさんの子供たちが亡くなっていた事実がある中で、ある程度体がしっかりとしてきた三歳・五歳・七歳という区切りまで生きられた!というお祝いの意味が込められているのです。

何気なく行っている七五三ではありますが、昔は七五三まで迎えずに亡くなってしまう子がたくさんいたのだと思うと、祝う必要性をより感じるのではないでしょうか。

実年齢か数え年か…いつ祝うのがいいの?

問題はいつお祝いをしたら良いのか、という点です。実年齢と数え年、メリットなどを分類してご紹介します。

実年齢でのお祝いの方が楽な面があります

実年齢で七五三を行うメリットについて考えてみましょう。実年齢で行う子供の場合には、数えで行う子よりも年齢が1つ年上になるので、特に三歳で祝う際に大きな違いが出てきます。

三歳の子は比較的おむつがはずれている子も多いので、おむつ交換の心配も少なくなります(但しその分お漏らししてしまう可能性があるので、トイレに頻繁に誘ってあげる必要が出てくると思います)。

私の娘も数えではなく実年齢で行ったのですが、美容院でセットひとつするにしても三歳になっているので頑張っておとなしく座れたため1年遅らせて良かったと思っています。

今は実年齢で行ったほうが、やはり楽だという考えの方が増えているので、どちらかというと実年齢で行うケースが多いです。特に三歳の女の子の場合には実年齢が主流です。

男の子の五歳と四歳についても、1年違うとずいぶんとお兄ちゃんになっているので、実年齢が多数です。

七歳は数え年でのお祝いもあり

逆に数え年で行うメリットはどこにあるのでしょうか。おむつをしている子はお漏らしをするリスクがぐっと減りますので、それだけで安心出来る点があります。

また小さい子の場合は写真で残した時に実年齢で行う子より幼いのでかわいらしさがあります。

子供の1年というのはとても早いもの。特に未就学児の1年は、二歳と三歳では出来ることがずいぶんと違います。我が家は写真だけ二歳で撮影しましたが、三歳で行った本当の七五三と比べて乳児っぽさがあり、それはそれで良かったと思います。

七歳の女の子は数えで行うと入学前ということになるので、比較的都合がつけやすいということもあり、七歳に関しては数えで行う子も比較的いると思います。

元々昔は数え年でお祝いをしていたことがあり、特に地方や拘りのある祖父母などがいるご家庭だと数え年で行うようです。

知りたい!実際どちらで行う家庭が多いの?

世間では実際に、実年齢と数え年のどちらのほうがポピュラーなのでしょうか。

昔は圧倒的に数え年で女の子の七五三を行うケースが多かったのですが、今はその家庭によって異なってきます。ただしどちらかというと、実年齢で行う子のほうが多いようです。

実年齢である三歳で行ったほうが、確かに何かと楽かと思います。下に兄弟がいる場合には、ママが妊婦のうちに行ったほうが楽だからと、数え年で行うケースもありますし、逆にママが絶対安静などの制限があって実年齢で行う場合もあります。

決まりはないから!最終的に我が子の成長を見て判断しよう

私の娘の場合には、実年齢で行った理由のひとつに、早産まれというのがありました。11月に行うとすると二歳ですので何かと大変なのと、下の子が産まれてまだ半年程度ということを考えて、三歳になってからの七五三を行うことにしたのです。

七五三のすぐ後にお誕生日がくる子は数え年でもあまり違和感がないとは思います。もちろん年齢でひとくくりにすることは難しいのもありますので、目の前の我が子の成長がやや幼いと感じるのでしたら実年齢で行えば良いでしょう。

その子の成長によって、三歳より前に出来る子もいれば出来ない子もいると思います。美容院でのセットは大人では耐えられる短時間でも、二歳の子には退屈に感じることが多々あります。

何歳で行ったら良いのかは、我が子の成長を一番に考えて、あとはご家庭の事情も踏まえてトータルで判断されると良いと思います。

ここでは主に三歳の女の子のことについて紹介していますが、七歳の時にも兄弟がまだ産まれたばかりですとか、ご家族に病人がいるとかの事情で難しいかもと思えば、数え年でやらずに実年齢で行う、というやり方もありです。

そのときそのとき、臨機応変で対応しましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ