紙おむつのメリットデメリットを知り、紙おむつ育児を最適に進めよう!

コメント0
2017/03/14

数あるベビー用品の中でも、おむつは産まれた直後から毎日赤ちゃんが数枚は使う消耗品なので、早めに準備しておきたいですよね。

紙おむつで育児しよう!と決めたはいいけれど、メーカーによって色んな種類のものが販売されているので、選ぶのに悩んでしまいがちです。

そこで、紙おむつの特徴や選び方のコツを紹介しますので育児に役立ててみてくださいね。


紙おむつのメリット!忙しいママに嬉しい手軽さと高機能

紙おむつは、おむつ交換や汚れたおむつの処理が簡単にできるなど、忙しいママさんには嬉しいメリットがたくさんあります。

何よりも楽!使い捨てなので手間がかからない

汚れたらそのまま丸めて袋に入れ、ゴミとして捨てればよいので汚れたおむつの処理も簡単に済みます。洗濯の必要がありません。

産後の疲労が出やすい時期や、兄弟育児をされている方、働いているママにとっては、この楽という部分はかなり大きいのではないでしょうか。

機能性が高い!漏れにくいので長時間安心できる

紙おむつは吸水性に優れており、テープタイプやパンツタイプなど月齢や好みによって選べます。

最近のおむつは研究開発されていて、吸収力も優れているものが多い ので、ある程度の量の排泄物なら外に漏らしません。

CMなのでもお決まりの長時間吸収という機能は、ママにとってとても助かります。

お出かけ先で替える場所がしばらく見つからなかったり、夜ついつい替えそびれても、それほど漏れに悩まされることはありません。

ただし、気を付けて欲しい点があります。それは長時間吸収は「親」にとってのメリットであって、決して「赤ちゃん」のメリットではないということです。

最近は通気性も上がり、不快感も軽減はされているようですが、少し価格が高いおむつであっても蒸れてしまうので、あまり長時間同じものを履かせているとただれてしまいます。交換はこまめにしてあげましょう。

また、色んなメーカーのものが選べるのも利点。紙おむつは選ぶのに迷ってしまうくらい、様々なメーカーのものが出ているので選択肢が広がります。

外出にも便利でかさばらない

外出時もおむつ交換がスムーズ。荷物としても必要な枚数持っていけばよいのでかさばりにくいです。

ただでさえ赤ちゃん育児中は、外出時の手荷物が多いと思うので、荷物がコンパクトであるという点はとても助かります。

普段布おむつで育児をされているママも、外出時や就寝時には紙おむつを使用しているという人が多いようです。

紙おむつのデメリット!コスト面とゴミ問題が大きい…

使い捨てなのですごく便利な反面、コストがかかったりゴミの量が増えるなどのデメリットもあります。

また、ストックが必要になる点も布おむつとは大きく違う点です。

コストがかかる

新生児のうちは枚数も結構必要になるし、おむつ外れするまで継続して購入し続けないといけないの で、コストがかなりかかります。

また、紙おむつは月齢や体格、赤ちゃんの成長に合わせてサイズを選ばなくてはなりません。サイズアウトしてしまうと使えないという点も欠点です。

ゴミがかさばり、量が増える…臭いの問題も!

おしっこの水分を含んだおむつは膨れるので、生ゴミとして出せますが量も増えるので、ゴミの日までの保管に場所をとります。

更に、ウンチの場合は特に夏はにおいが漏れることもあります。また、かなり重たくなるのでゴミの日に集積場まで持っていくのに一苦労です。

新生児の頃はそれほど臭いもきつくなく、使用済のおむつも軽いのですが、オシッコの量が増えるとゴミの日に溜まった袋を持って、あまりの重さにびっくり!

離乳食が始まるころには、蓋の無いゴミ箱ではとても室内に置いておけないほどの臭いがします。

蓋がついていても臭いが漏れる場合があるので、おむつ用ゴミ箱は専用のものをオススメします。

使い捨てで毎回生ゴミとして出すので、環境に良くないのでは?と考えるママさんもいます。

家の中で場所を取る

数パック購入しておいても、保管に場所をとります。収納が少ない家だと、保管する数も限られるのでやっぱり頻繁に購入することになり手間がかかります。

定期的に購入するのが面倒だし、まとめ買いするにしてもそんなに何ヶ月分も購入できないので、ストックがなくなる前に買いにいかなければならないのが面倒です。

かぶれることも…おむつの素材やサイズに合う合わないがある

各メーカーで使われているる素材なども様々なので、メーカーによっては赤ちゃんの肌に合わないものも中にはあります。

また、サイズが合わないと漏れやかぶれの原因になるというのも気を付けておきたいところです。

よくやりがちなことは、紙おむつの場合は漏れにくく濡れを感じにくい為、少し汚れたくらいでは交換せず、「もう少し汚れてから取り換えよう」などと、おむつを節約する意味も込めて、つい交換を遅れさせしまいがちです。

その為、布おむつの子と比べると紙おむつを使っている子の方が、おしりがかぶれやすい傾向があるのです。

▼おむつ交換のタイミングについてはコチラも参考にしてみて!

赤ちゃんとママに負担なく紙おむつ育児が進みますように!


赤ちゃんにとっての快適さ、そしてママにとっての手軽さ・漏れにくいさ・持ち運びの利便性は紙おむつ育児ならではのメリットです。

デメリットもある紙おむつ育児ですが、少しの工夫でそのデメリットは軽減されます。

大変な赤ちゃん育児なので、メリットを最大限に生かすことがママの負担を減らしてくれるのできっと助かりますよ。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ