- いつから?方法は?赤ちゃんのおむつ外しの進め方 | MARCH(マーチ)

いつから?方法は?赤ちゃんのおむつ外しの進め方

2014/05/14

いつから始めるのがいいの?

大体膀胱が完成して、おしっこをためられるようになるのが2歳くらいです。ですので、2歳を過ぎて迎える夏に始めるとよいと思います。なぜ夏に始めるのがよいのかは、後で詳しくお伝えします。

1歳代で始める方もいますが、最終的に外れる時期が結局2歳を過ぎた夏となり、トレーニング期間が長くかかってしまっただけということも多いので、どうしても早く始めたい!子供がトイレに行きたがって仕方ない!などの事情がなければ、2歳を過ぎてからのスタートをおすすめします。

なぜ夏に始めるのがよいの?

脱いでも寒くない、薄着だから脱ぎ着がしやすい、失敗して汚れものが増えても洗濯物がすぐ乾くから、というのが主な理由です。また、汗で体の水分が出るため、おしっこの間隔も空き、量も少なくなり、トイレに誘うタイミングをつかみやすいので夏が向いています。大体私の周りをみても、2歳になってから迎える夏に始める人が多いように感じました。

何を準備したらいいの?

大人用の便座ですと、どうしても子供には大きすぎるので、おまるもしくは補助便座を購入すると良いと思います。これはお子様の性別や体格などにより変わってくる部分も大きいので、購入レビューなどを参考に、お子様にぴったりのものを選んでくださいね。

購入しなくても、お子様によっては、洋式の便座に後ろ向きに座ればOKという場合もあります。個人的には、自力で昇れるステップ付きのものが便利でした。3歳くらいになれば自分で立てかけることもできて、1人でトイレに行ってくれたので、とても楽でした。布製のトレーニングパンツは、おしっこが出た感覚が分かりにくく、結局あまり使わないことが多いようです。

まずどんな風に誘ったらいいの?

幼児向けのテレビ番組や絵本などで、トイレは何をするところなのか、おしっこって?うんちって?という基本的な知識やイメージを、まずはつけてあげるとスムーズです。私のおすすめは、NHKの「いないいないばあっ」や、ベネッセの「こどもちゃれんじ」です。

それ以外にも、トイレ関係の絵本はいろいろありますので、お子様が興味を持ちそうなものを選んであげてくださいね。朝起きてすぐが、膀胱におしっこがたまっているので、トイレに連れて行って座らせてあげるとよいでしょう。最初はなかなかできないことも多いかもしれませんが、1度できると感覚がつかめるということが多いようです。

それでもできない時は…

今までお話ししたような方法でなかなかうまくいかない場合は、究極の方法、いきなり布パンツをおすすめします。実は私の上の子は結局この方法でした。布パンツを多めに用意して、おもらししたらはきかえ!です。早い子で1日、遅い子でも1週間もしたら、トイレでできるようになります。

全然トイレでできなかった私の上の子も、1日でほとんどできるようになりました。夏でしたら、下はパンツいっちょにできるので、おしっこが出だしたらすぐ分かります。ちょっと掃除が大変ですが…。そして、トイレでおしっこやうんちができたら、シールを貼れるようにすると、モチベーションがあがるのでおすすめです。

インターネットで検索すると、シールをはれる台紙などが出てきますので、100円ショップなどでシールを買って、トイレのドアに貼っておくと、自然とお子様のやる気を引き出すことができますよ!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ