- 何を基準に、どう選ぶ?新米ママ向け・赤ちゃんのおむつの選び方 | MARCH(マーチ)

何を基準に、どう選ぶ?新米ママ向け・赤ちゃんのおむつの選び方

2015/04/06

29shutterstock_165419738

たびたび目にするおむつのCM。プレママになると、急に気になり始める方も多いのではないでしょうか?でも、たくさんあるおむつメーカーのなかで、一体どれを選べば良いのか迷う方も多いかもしれません。

赤ちゃんにとって、おむつはとても大切な存在。赤ちゃんの体型や肌に合ったものを選んであげたいですよね。ここでは、おむつはどんな基準で選べば良いのかご紹介しましょう。

おむつの基礎知識

出産準備のためおむつを買いに行ったら、「種類がありすぎて困った」という方、実は少なくありません。ずらりと並んだ赤ちゃん用おむつはお店の中でもかさ高く、なんとなく圧倒されてしまう方もいらっしゃいます。

ただ、選び方はいたってシンプル。サイズ、型を中心に考え、その中でどのメーカーにするかを選べば基本的にOKです。

サイズ

大きなサイズ分けのくくりとしては、新生児用、S、M、L、BIG、BIGより大きめ、といった具合で、目安の体重も書いてあります。生まれたての赤ちゃんなら新生児用を選び、それ以降は体重を目安に選びます。

「テープ」「パンツ」の型

S~Mサイズくらいからは、「テープ」「パンツ」の型が分かれます。テープは開くと平面になるタイプ、パンツはもともとパンツ型になったおむつで、そのままはかせるタイプです。

一般的には、赤ちゃんの動きが活発になってきたくらいから、パンツタイプをはかせるご家庭が多いようです。

「男の子用」「女の子用」の違い

基本的に男女兼用のものが多いですが、一度のおしっこが多くなるLサイズくらいからは、「男の子用」「女の子用」を分けているメーカーもあります。

男の子と女の子の体の構造に合わせて吸収体の位置を変えているそう(男の子用は前に吸収体が多め)ですので、適宜使い分けましょう。

先輩ママはどんな基準で選ぶ?

では、こうしたおむつの種類を踏まえたうえで、どれを選ぶかを考えてみましょう。先輩ママ達は一体、どうやって選んでいるのでしょうか?この選び方は千差万別。というのも、赤ちゃんは個人差があり、おしっこやうんちの一度にする量も、肌の強さも違うからです。

選ぶポイントとしては、「赤ちゃんのおしりが荒れていないか」「ムレてかゆそうになっていないか」「こすれて赤くなっている部分はないか」「うんち、おしっこが漏れないか」など。さらに、毎日使うものですから、価格も大切な基準ですよね。

具体的な選び方としては

まず新生児のうちは、サイズ「新生児用」、型「テープタイプ」しかありませんので、メーカーと価格比較だけになります。

メーカーを選ぶ

前述の「赤ちゃんのおしりが荒れていないか」などの使い心地は、実際に使ってみないとなかなか分かりません。産院によっては試供品をくれるところもありますので、積極的に活用しましょう。

おむつによっては赤ちゃんのおしりが荒れたり、横モレなどのトラブルが起きたりすることもあります。こうしたときはメーカーを変えてみると解決する場合も。特に新生児期は、おむつのまとめ買いは避けて、赤ちゃんの肌や体型に合ったものを探すのがオススメです。

価格を比較する

価格は簡単に比較できます。おむつメーカーによって1パックに入っているおむつの数は異なりますので、一枚あたりの価格を最初に電卓で計算しておくと、どこのメーカーが安いのかつかみやすいと思います。

おむつの特売日やまとめ買いのとき、どれくらい安くなったかわかれば、(小さなことですが)ちょっとした達成感を感じられますよ!

たびたびマイナーチェンジ

ある程度、メインで使うものが決まってきたら、あとは臨機応変に。成長に合わせてテープタイプをパンツタイプにチェンジしたり、トラブルが起こったら別のものに変えたり、男の子用を使ってみたり、と柔軟に対処しましょう。

習うより慣れよ

日本のおむつは全体的に優秀ですので、ある程度名の知れたメーカーなら「これはひどい!」という品質のものにぶつかることは少ないです。

ですので、サイズだけきちんと選べば、あとは価格やデザイン、買いやすさなど自分なりの基準で選び、トラブルが起こらなければそのまま使えば良いでしょう。

ある程度使っていれば、使用感など、好みは自然と出てきますので、自然体で選んでいけばそれでOKです!

習うより慣れよ、のつもりで、気軽に選んでいってくださいね!また、おむつの選び方はそれぞれですので、ママ友達に「おむつ、どこのものを使ってる?」と聞いてみるのも良いかもしれません。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ