- おむつ交換が苦手なママの為の替え方のコツと使いやすいおむつの選び方 | MARCH(マーチ)

おむつ交換が苦手なママの為の替え方のコツと使いやすいおむつの選び方

2015/03/10

shutterstock_226975105

初めて子育てする人にとって、おむつ交換は不安の多い育児の一つです。

ここでは、おむつを交換するタイミングの見極め方やスムーズに交換するコツ、紙おむつと布おむつの違いなど、おむつ交換に関する基本知識を紹介していきますので、是非参考にしてみましょう。

これがサイン!おむつ交換のタイミングの見極め方

紙おむつを使っているのであれば、交換のタイミングを示す印がありますので、それを確認すればいいと思っている人は多いものです。

しかし、おむつ交換の印が出ていない時でも、おしっこが出ていて赤ちゃんに不快感を与えている場合もあります。

出かけ先などでは、着ている服の都合でおむつの印が確認しづらい場合もあるでしょう。

布おむつと同様に、紙おむつも印以外の交換タイミングを知っておくことはとても大切です。

おむつ交換のサインを正しく知ろう!

まず、定期的におむつの状態を確認してあげることが基本です。「1時間に1回は確認する」など、おむつを確認してあげる習慣をつけておきましょう。

しかし、ママやパパが交換する必要はないと判断しても、赤ちゃんが不満を抱いている場合もあります。

お腹が満たされていて、元気で、何も心当たりがないのに泣いている、足をばたつかせて何かを嫌がっているなど、おむつを交換してほしいサインを赤ちゃんが出している場合もあります。

紙おむつを使用している人は特に、紙おむつの印に頼って判断してしまいがちですので、赤ちゃんが出すサインにも目を向けるようしてあげましょう。

パパ必見!失敗しないおむつ交換のタイミングの見極め方

赤ちゃんの肌はとてもデリケートですので、おむつ交換のタイミングを見過ごしてしまうと、おしりがかぶれてしまうなど、肌を傷めてしまう恐れがあります。

赤ちゃんは1日に10回以上もおしっこしますので、おむつ交換はとても大切な育児の一つです。

しかし、初めて子育てする人は、おむつ交換のタイミングを正確に掴むことは難しいものです。そこで、ポイントになるのが、節目節目のおむつチェックです。

子育てに慣れるまでは、交換のサインに気づこうとするよりも、授乳の後、離乳食を食べさせた後、赤ちゃんの興味の矛先が変わった時など、生活の区切りのたびにおむつを確認するようにしましょう。

初めての人でも簡単!素早くできるおむつ交換のコツ

おむつ交換は慣れてしまえば、時間もかからず手際よく綺麗にしてあげることができます。しかし、初めは時間もかかり、失敗して手や服を汚してしまうこともたくさんあります。

そこで、スムーズにおむつ交換ができるようになるためにも、コツを掴んでおむつ替えに慣れていきましょう。

育児の負担を減らす第一歩!おむつ交換は手際良く!

おむつ交換を手際よくすることは、おむつ替えの時間を節約するだけでなく、余計な手間を減らすためにも大切なことです。

おむつ交換に時間をかけてしまうと、赤ちゃんがじっとしていられず、おむつがずれてうんちで周りを汚してしまったり、おむつ交換の最中に赤ちゃんがおしっこしてしまったりと、面倒なトラブルを引き起こしてしまいます。

おむつ交換は出来る限り手際良く行うことがポイントを心得ておきましょう。

おむつ交換をスムーズにするポイント

手際よくおむつを替えていくには、いかに前準備をしておけるかどうかがポイントになります。

新しいおむつやお尻ふき、赤ちゃんの気を引くものを準備してから交換を始めるようにしましょう。特に、赤ちゃんの気を引くものを準備しておくことはとても大切です。

テレビをつけておく、集中していられるおもちゃを渡すなど、赤ちゃんがじっとしていられる工夫をしておきましょう。

布おむつと紙おむつどちらを選ぶ?

布おむつにも紙おむつにも、それぞれにメリット、デメリットがあります。それぞれの良さを知った上で、便利におむつを使い分けていきましょう。

布おむつを便利に活用する秘訣

布おむつは洗濯する必要がありますが、おむつが外れるまで繰り返し使うことができますので、紙おむつに比べて経済的です。

また、布おむつの方が紙おむつよりも赤ちゃんのデリケートな肌に負担をかけませんので、肌荒れやかぶれを引き起こす心配もありません。

しかし、布おむつ一筋にしてしまうと、毎日のおむつ交換頻度や選択回数が多くなり、出かける時も荷物が多くなるなど、デメリットが強くなってしまうということは考慮した上で、選択するようにしましょう。

紙おむつのメリットを生かそう!

紙おむつは吸水性が高く保水性もありますので、布おむつに比べて交換する頻度は少なく、使い捨てですので後始末はとても楽です。

また、外出する時でも使い捨てでコンパクトな紙おむつの方が荷物は少なく、おむつ交換も場所を選ばず替えやすいというメリットがあります。

しかし、一方でごみの量が多くなり、費用も布おむつに比べて高くなってしまうというデメリットがある ということは理解しておきましょう。

布おむつと紙おむつのメリットを上手に活用しよう!

初めて子育てする人にとって、布おむつを選ぶか紙おむつを選ぶか、とても迷うことでしょう。

そこで、お勧めなのがシーンに応じて両方のメリットを取り入れるという選択です。

家で過ごす時は布おむつを使用し、疲れている時や外出する時には紙おむつを選ぶというように、経済的、育児の負担を考え、両方の良いメリットを生かしておむつを使い分けてみましょう。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ